5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【全裸】もし後藤や石川と混浴できたら【風呂】

1 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:37 ID:E/jTqyUG
露天風呂で…
泊まる部屋は三人一緒

2 :サレンダー:02/03/05 02:37 ID:zzFZTi1D
ゆっくりお湯につかる。


3 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:38 ID:H0mWIN9H
ああ、ドリフね・・・・

4 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:38 ID:66y3w7Gx
隠さない

5 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:38 ID:vLCtkMxa
ゴマヲタと石川ヲタってあれだな

6 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:38 ID:qp4EUZOm


    勃    起




7 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:38 ID:c+4j2lfS
お湯をペットボトルに詰めて売る

8 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:38 ID:PNUMshRG
紳士と言われて来ましたが、野獣と化します。

9 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:39 ID:9C4ULkna
石川に睡眠薬を飲ませて、とっとと寝てもらう

10 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:39 ID:a+FttyVS
>>5
どれ?

11 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:39 ID:CuYpB7iO
チンコ飛んでっちゃうね

12 :名無し‘‘‘:02/03/05 02:39 ID:SLJIkB19
大名コースで。

13 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:39 ID:EjVEgxc+
石川が白くなるまで磨きます・・・

14 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:39 ID:a+FttyVS
肉布団で洗いっこだな

15 :サレンダー:02/03/05 02:40 ID:zzFZTi1D
おまえらに正しい温泉の入り方を語る資格はねー。
どいつもこいつも下品の極目か!


16 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:40 ID:a+FttyVS
>>13
ある意味鬼畜・・・

17 :名無し募集中。。。 :02/03/05 02:40 ID:L82YcHkc
亀梨と山Pも一緒だろうね・・・・

18 :名無し募集中。。。 :02/03/05 02:41 ID:2LLVixYg
常時勃起

19 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:41 ID:PNUMshRG
温泉卵作ります

20 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:41 ID:9C4ULkna
>>9
もしくは、金を握らせて用事を思い出してもらう

21 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:41 ID:c+4j2lfS
>>17
ダレのコトだ????

22 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:41 ID:H0mWIN9H
風呂でマターリお酒飲みたいな

23 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:41 ID:X2v8qsBq
混浴はそんないいもんじゃない

3P3P3P

24 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:42 ID:EjVEgxc+
むしろのぼせてピンク色になった吉澤が見たいわけだが・・・

25 :サレソダ〜:02/03/05 02:42 ID:SLJIkB19
おまえらに正しい大名コースを語る資格はねー。
どいつもこいつも下品の極目か!


26 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:42 ID:ooO8UJKG
いしごまばっかりだな
全部同じヤツがスレ立ててるのか?

27 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:42 ID:UK8+mwAG
途中まで書いたらチンコ」スレおもろい

28 :C言語:02/03/05 02:42 ID:b/izBUDL
亀山呼んで観戦します。

29 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:42 ID:9C4ULkna
とりあえずは、神様にありがとうと・・・

30 :サレンダー:02/03/05 02:42 ID:zzFZTi1D
辻加護と入るとお湯がなくなるのは定説か?


31 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:43 ID:CuYpB7iO
>>28
元阪神?

32 :サレンダー:02/03/05 02:43 ID:zzFZTi1D
>>31
房代のほうだろ


33 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:43 ID:ooO8UJKG
吉澤と加護は乳の青筋見えそうだな

34 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:43 ID:E/jTqyUG
3人で体を洗い合う


35 :サレソダ〜:02/03/05 02:44 ID:SLJIkB19
>>31 ロウソク屋のほうだろ

36 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:46 ID:E/jTqyUG
恥ずかしがって見ない振りをしながら
横目でチラチラと俺のティンポを見る後藤と石川


37 :サレンダー:02/03/05 02:46 ID:zzFZTi1D
俺のレスがいっぱいあるように見えた。
そろそろ目がショボイようだ。

知とか裕子とかと入ると衝撃的事実を知らされそうでこはい。


38 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:47 ID:368dbSKw
>>36
そして顔をみあわせてクスクスと笑う後藤と石川

39 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:48 ID:a+FttyVS
>>36
なかなか淫靡ですな・・・(;゚Д゚)ハァハァ...

40 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:48 ID:ckq7/nxp
>>38
(;´Д`)

41 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:49 ID:a+FttyVS
>>37
いきなり別人が現れてビクーリするだろうね

42 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:50 ID:EjVEgxc+
どうせ裕子と貴子だろ?

43 :サレンダー:02/03/05 02:50 ID:zzFZTi1D
ちんこ見せ損。

44 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:50 ID:9C4ULkna
腕相撲をして勝った方だけ抱いてやるぜ、と震える手でタバコを吸いながら言ったりしてみる

45 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:53 ID:E/jTqyUG
ケツを見られるのは諦めて
必死にタオルでオパーイとマンコを隠す後藤と石川

46 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:54 ID:Mchq0372
>>1
いっそシリーズにしたら?

47 :カニトップ:02/03/05 02:55 ID:4U/DTSkO
とりあえず
最近モー娘。どうよ?と聞いてみる

んで先人切ってゴマキが小6時間愚痴を言う
それに必死にうなずくりかちゃん
オレは睡魔に襲われ湯冷めかこないように布団で寝ている

目を覚ますとまだゴマキが喋ってる・・
こんな具合

48 :りかっち ◆RIKA94sE :02/03/05 02:55 ID:jyp2VP8M
素晴らしい着想ですな

49 :名無し募集中。。。 :02/03/05 02:56 ID:HbKoHUHR
写真撮ってうpして神と呼ばれたい

50 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:56 ID:a+FttyVS
>>45
(;゚Д゚)ハァハァ...も・・・もっと・・・妄想キボンヌ

51 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:56 ID:Mchq0372
ヨーグルトは癖になる

52 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:56 ID:9C4ULkna
>>44
そして、勝った後藤に、(しょうがねえなー約束だからな、ふっ)とにやけている顔を
見られないように、背中で語ったりしてみたりしてみる

53 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:58 ID:E/jTqyUG
プルンプルン揺れる後藤と石川のオパーイ


54 :名無し募集中。。。:02/03/05 02:59 ID:E/jTqyUG
隠しても濡れたタオルでマン毛が透けて見えてしまう後藤と石川

55 :知識人:02/03/05 02:59 ID:4zZSEqXn
「君たちだめだよ。」といって3700円わたしてかえらせる。

56 :名無し募集中。。。 :02/03/05 02:59 ID:g98lLApE
イシゴマ(;´Д`)ハァハァ…しまくり

57 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:00 ID:9C4ULkna
>>52
さらに、負けて泣いている石川に、(負けた奴には用は無い、消えな)とか心にも無い
事を言いつつ、残念そうに、見てたりしる

58 :りかっち ◆RIKA94sE :02/03/05 03:01 ID:jyp2VP8M
>>54
先生と呼ばせてください

59 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:01 ID:ooO8UJKG
無理矢理に山奥引きずっていって3P

60 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:02 ID:E/jTqyUG
タオルで隠しながら入浴していたが
タオルは湯船に入れないでくれと注意され
仕方なくタオルを湯船から出し
うつむき加減でお互いの性器をチラチラ見る3人


61 :カニトップ:02/03/05 03:02 ID:4U/DTSkO
ゴマキ
正露丸のビンから正露丸一粒取り出し
それに向かって説教する
正座して
そのヨコでりかちゃんすやすやと寝ている・・

62 :名無し募集中。。。 :02/03/05 03:03 ID:2LLVixYg
とりあえずコンドーム装着

63 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:03 ID:PNUMshRG
>>62
無用

64 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:03 ID:H0mWIN9H
>>60
誰か知らんが注意したヤツサイコー

65 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:05 ID:JoS/oyOR
石川をその気にさせる
そして後藤も巻き込んで3Pウマ-
(;´Д`)ハァハァ

66 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:05 ID:UK8+mwAG
案外?男らしくて堂々と前も隠さず風呂場を
歩き回る後藤
その姿に思わず勃起して目を思わずそらす
すると石川と目が合ってしまい
石川は俺のブツを思わず見て真っ赤に


67 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:07 ID:E/jTqyUG
落とした1個の石けんを同時に屈んで拾おうとして
ケツ越しにマンコの割れ目が見えてしまう後藤と石川

68 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:07 ID:JoS/oyOR
しかし最近いしごまネタ多いなぁ。いいことだけど。

69 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:07 ID:HmEpBj7o
ID無しに比べて明らかに投稿数が少ないみたいなので宣伝してみる
ID有りになった時は管理人の横暴に屈さず(w)、15chに引っ越しませんか、と
http://www.ichigobbs.net/

70 :りかっち ◆RIKA94sE :02/03/05 03:08 ID:jyp2VP8M
寝れなくなってきた

71 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:09 ID:E/jTqyUG
体を洗ってる途中に
使ってるタオルを3人で何回も交換し合う


72 :カニトップ:02/03/05 03:10 ID:4U/DTSkO
とりあえず
風呂に入って体がほてった所で
全裸でピンクレディーの振り付けをやってもらう
オレはそれも見ながら酒を飲む



73 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:13 ID:cKbkbA+t
>>1
バカ野郎!!こんなスレたてたら俺の下半身が寝れなくなるだろ!!

74 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:14 ID:E/jTqyUG
最後に3人でお互いの体をこすり合わせて体を洗う
上半身は後藤と石川のオパーイで
下半身は太ももとマン毛で洗い上げられる俺の体
我慢できずにイってしまう

75 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:17 ID:UK8+mwAG
>>74
それをしている最中のふたりの淡々とした表情に興奮する

76 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:19 ID:W5nze+pW
取りあえず潜望鏡をして反応を見る

77 :C言語:02/03/05 03:19 ID:xJxnsPw+
とりあえず女体盛り

石川の魔の三角州に海鮮汁。
後藤には刺身の盛り合わせ。

とりあえず、石川の海鮮汁を惜しげもなく頂く
僕は行儀が悪いから器ごと舐め回してしまう。
口の中に石川の陰毛が数本まとわりつくが小さい事は気にせずに・・・

次は後藤を堪能する事にする、
とりあえず胸に挟まれたイセエビの御造り数枚食す
少し右にある乳首をもみじおろしと勘違いしてつまんでしまう失態をする
次に股間の当りにあるアワビを食べようとするが
器にくっついてなかなか離れませんよ。ハハハ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・嗚呼、虚しすぎる。


78 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:19 ID:Z6TnP69G
高橋愛たんたん

79 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:19 ID:H0mWIN9H
>>76
やんちゃし過ぎ

80 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:20 ID:UK8+mwAG
すけべイスを用意してお互いに洗い合う

81 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:22 ID:UK8+mwAG
両方から乳に挟まれてその間で顔をグルグル回転させる
俺の耳といしごまの乳首が擦れあって感じる2人

82 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:23 ID:UK8+mwAG
う、レスが続くと恥ずかしいな・・・

83 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:23 ID:ooO8UJKG
風俗スレか?

84 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:23 ID:pCWgvdOD
できないよー

85 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:23 ID:E/jTqyUG
理性を失い後藤と石川に襲いかかってしまう俺
驚いて反射的に抵抗する後藤と石川
しかしその後、後藤と石川から出た言葉は
「襲ってくれるの待ってたの…」

86 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:24 ID:pCWgvdOD

設定はテレビの撮影で後藤と石川が自分の温泉にやってきたと言う設定でよろしいか?

87 :名無し@19歳:02/03/05 03:24 ID:/iGIldOs
ここは、あえて堂々と入りたい

88 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:25 ID:UK8+mwAG
ふたりを貝を合わせる形で座らせてその間でフレミングの法則の指を
して2点同時にクリ刺激

89 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:26 ID:EjVEgxc+
理性を失い後藤と石川に襲いかかってしまう俺
驚いて反射的に抵抗する後藤と石川
後藤のロックボトム!石川のアングルスラム!
そして後藤のクロスフェイスと石川のウォールズオブジェリコを同時に食らい死亡

90 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:26 ID:a+FttyVS
>>87
恥じらいの美学を学べ

91 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:26 ID:pCWgvdOD
ワカンナーイ

92 :りかっち ◆RIKA94sE :02/03/05 03:27 ID:jyp2VP8M
>>77
>次に股間の当りにあるアワビを食べようとするが
>器にくっついてなかなか離れませんよ。ハハハ

このくだりがオヤジっぽくてワラタ

93 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:27 ID:F/TZvF88
童貞スレおめ

94 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:28 ID:H0mWIN9H
これは金があれば実現するんですか?ハウマチ

95 :名無し@19歳:02/03/05 03:28 ID:/iGIldOs
>>90
いや、あ・え・て堂々と入るのよ
エロス抜きで

96 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:31 ID:UK8+mwAG
>>94
山崎あたりはすでに実現させてるわけだが

97 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:31 ID:pCWgvdOD
ゲイツクラスでも無理!?

98 :C言語:02/03/05 03:32 ID:xJxnsPw+
>>92
喜んでもらえて光栄です。当方24歳・あっ・・・もうすぐ25か・・・


99 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:32 ID:42DtdI7V
勃起したペニ棒で二人の顔面ペシペシする

100 :名無し@19歳:02/03/05 03:32 ID:/iGIldOs
ゲイなら入れてくれるんじゃないか?
心配なさそうだし

101 :名無し募集中。。。 :02/03/05 03:35 ID:GkTwv5X7
やべぇ>>1と俺がよくする妄想が同じだ!

石川と後藤か・・・・・ベットで両脇に抱えてピロートークだな

102 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:36 ID:W5nze+pW
川の字で寝る

103 :C言語:02/03/05 03:37 ID:xJxnsPw+
>>102
いいなぁ。青春プレイ

104 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:37 ID:UK8+mwAG
>>102
「いいんだよ」といいながら自分の秘部に俺の手を
誘いこむ後藤

105 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:38 ID:UK8+mwAG
布団の中でね

106 :  :02/03/05 03:38 ID:Dy//pIlK
どっちがペロペロ上手いか比べる。

107 :りかっち ◆RIKA94sE :02/03/05 03:39 ID:jyp2VP8M
朝まで付き合うか

108 :名無し募集中。。。 :02/03/05 03:39 ID:GkTwv5X7
ベッドで俺が仰向けになって、石川と後藤に両乳首を舐めさせる

109 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:43 ID:E/jTqyUG
3人で一つの布団に寝る


110 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:45 ID:E/jTqyUG
いつも後藤と石川で抜いてる事をカミングアウトして反応を見る


111 :名無し募集中。。。:02/03/05 03:49 ID:W5nze+pW
2人に抱き枕にされて朝まで熟睡できない

112 :タンポポの為に氏ねますか? ◆TaNPo85o :02/03/05 03:52 ID:zHx6+TiU
肉布団ですか

113 :名無し募集中。。。 :02/03/05 03:56 ID:1EzQuhWa
後藤と石川で69させて、先に相手を感じさせた方にご褒美。

114 :名無し募集中。。。 :02/03/05 03:56 ID:GkTwv5X7
石川ばかりとキスすると後藤がスネる
後藤ばかり可愛がると石川が嫉妬する・・・
ムツカシイ

115 :りかっち ◆RIKA94sE :02/03/05 04:06 ID:jyp2VP8M
>>114
平等に愛せ

116 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:09 ID:UK8+mwAG
某ハンマープライスでこの企画を買うとしたらいくらで買う?

117 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:10 ID:1EzQuhWa
>>116
全財産

118 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:11 ID:UK8+mwAG
それって十円?

119 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:14 ID:vqI1Jtzy
寝る前にUNOで盛りあがりたい。
勝った人が王様で好きな命令をする、
でも、あえて罰ゲームはキスや浴衣の上から
胸を揉むとかライトなものだけ
だってあんまりHな罰ゲームやると梨華ちゃんが泣いちゃうもん

120 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:15 ID:1EzQuhWa
>>118
できる限り金を集める、借金でもなんでも。
で、落札できたらその企画を終えたあと自害する。

121 :御飯を食べさせてください:02/03/05 04:16 ID:GYEa0q9D
>>66
(´д`;)ハァハァ

122 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:16 ID:UK8+mwAG
もん ってきしょい

123 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:17 ID:UK8+mwAG
>>120
壮絶な人生だな

124 :名無し募集中。。。 :02/03/05 04:17 ID:GkTwv5X7
2人でトランプで勝った方が俺とキスできる権利が得られる
俺とキスしたいから必死に勝負する2人
それをソファーでタバコ吸いながら見ている俺
・・・・サイコウ

125 :名無し募集中。。。sage:02/03/05 04:18 ID:1EzQuhWa
罰ゲームでキスはポッキー使ってお互い両端から食べていってしたい。

126 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:21 ID:vIVmwd7o
問答無用で梨華ちゃんにハケ水車ならぬ、舌水車。1マン5000回転
その間せっせとオレに奉仕するかわいいゴマキ
あとでたっぷり愛してやるから

127 :名無し募集中。。。 :02/03/05 04:21 ID:GkTwv5X7
罰ゲームはプリッツをケツに指してムースポッキーにするのだ

128 :名無し募集中。。。sage:02/03/05 04:23 ID:1EzQuhWa
>>127
石川はならないよ

129 :名無し@19歳:02/03/05 04:23 ID:/iGIldOs
天才しかいなのか、このスレには・・・

130 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:25 ID:UK8+mwAG
>>127
そういうプレーをランパブで楽しんでる上司が会社にいる鬱

131 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:28 ID:vqI1Jtzy
石川の膝で耳掻きしてもらっているとき
ふと前を見ると、さっきまでこちらに興味なさそうに
旅館のパンフレットを読んでいた後藤が、
目で意味深な合図を送りながら浴衣の裾を捲くったり、
体を屈めて谷間を見せたりして誘惑してくる。
困ったもんだ。

132 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:28 ID:1EzQuhWa
ごまももに挟まれる、とりあえず。

133 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:31 ID:UK8+mwAG
風呂上りに背中に乗ってマッサージしてくれる後藤
浴衣でノーパンなのでほんのちょっとではあるが
陰毛のじゃりじゃりした感触が俺のケツあたりに伝わってくる
思わず勃起 うつぶせなのでチンコがいたい
体をちょっとねじってポジションどりする
すると後藤が「ん?どうしたの?」と聞いてくる
俺は必死にごまかす

134 :名無し募集中。。。 :02/03/05 04:34 ID:GkTwv5X7
風呂あがりのシャンプーの香りが漂う、石川を後ろから抱きしめる
そして狂ったようにディープキッス・・・
それを見ていた後藤が、嫉妬の表情で石川をはねのけ、俺の顔をつかんで
負けないくらいの激しいディープキッス・・・

俺はもうどうしていいかわからない

135 :りかっち ◆RIKA94sE :02/03/05 04:35 ID:jyp2VP8M
こんな名スレは久しぶりだなぁ

136 :C言語:02/03/05 04:36 ID:xJxnsPw+
このスレに書きこんでるヤツがどんなキモい顔してかいてるか非常に興味あるね。(オレも含め)

137 :名無し募集中。。。 :02/03/05 04:41 ID:GkTwv5X7
男風呂から部屋に戻ると、女風呂から一足先に戻った石川と後藤が
浴衣で激しく口論している
どうやら、どちらが俺の隣で寝るかという事らしい・・・
あまりの2人の健気さに、俺は浴衣を全開であれを勃起させたまま部屋に乗り込み
2人を1つの布団に押し倒した・・・
俺の事で喧嘩するな・・・

138 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:42 ID:UK8+mwAG
風呂を出る、とりとめない雑談をしながら部屋に戻る3人
部屋の戸を開けて入った瞬間、誰かが後ろからくっついてチンポを
握ってくる。それはなんと石川の方だった。
石川は普段絶対想像もできないようなものすごくスケベな表情をしながら
こっちをじっと見てくる。
俺はたまらなくなって石川をその場で座らせて浴衣をめくりあげ
そのまま入口で立ちバック
その後ろから入ってきた後藤がびっくりして慌てて戸を閉めるも
目の前の行為に参加できない悔しさで自分の秘部をその場で立ったまま
いじくり続ける。
前と後ろからいやらしい喘ぎ声に挟まれる俺

139 ::02/03/05 04:42 ID:NLaW2WdY
恋の予感

140 :C言語:02/03/05 04:43 ID:xJxnsPw+
かんがれ。おまいら

141 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:43 ID:1EzQuhWa
後藤とこなれた感じでセクースを楽しんでいると、
石川はちょっと離れた所で顔を赤らめながら、ちらちらこっちを見ている。
一度すませた直後、後藤は息を乱れさせている中そんな石川を誘う、
すると石川は黙って頷き、布団へと寄ってくる。
布団の側へ来ると石川は処女であることを告白、
そこから後藤と一緒に石川を調教し始めることに。

142 :りかっち ◆RIKA94sE :02/03/05 04:44 ID:jyp2VP8M
頼むから寝かせてくれ!

143 :名無し@19歳:02/03/05 04:47 ID:/iGIldOs
勃起しました

144 :   :02/03/05 04:47 ID:XDQiCsgG
三人で湯船に向かって誰が一番飛ぶか、おしっこする。

145 :名無し募集中。。。 :02/03/05 04:49 ID:1hImau2p
俺が浴衣を全開にして黒ビキニだけで、鍛え抜かれた筋肉質の肉体を披露する
驚きながら、うらめしそうに、そしてとろけるような目つきで見つめる石川・・・
対称的に、興味なさそうなふりをして、目をそらし顔を真っ赤にしている後藤・・・
同じ女性でもこれほど違うものか、と俺の局部はいきり立つのだった

146 :C言語:02/03/05 04:51 ID:xJxnsPw+
>>144
競争する暇があったら股下で口広げてるよ。

147 :名無し募集中。。。:02/03/05 04:54 ID:UK8+mwAG
やっぱり案外スケベなのが石川で
案外奥手なのが後藤という方が萌える

148 :りかっち ◆RIKA94sE :02/03/05 04:54 ID:jyp2VP8M
深夜だから作者の筆も進むね

149 :名無し募集中。。。 :02/03/05 04:56 ID:1hImau2p
石川の小さくて細くて、それでいて豊満な胸とお尻、そして細い脚・・・
後藤の色白でダイナミックで完璧なスタイル、乳、ケツ、フトモモ・・・
自然と涙が止まらない、最高だ

150 :りかっち ◆RIKA94sE :02/03/05 04:57 ID:jyp2VP8M
なぜか〜涙止まらな〜い

151 :名無し募集中。。。:02/03/05 05:01 ID:UK8+mwAG
俺別段どっちのヲタでもないんだけどな

152 :名無し募集中。。。:02/03/05 05:03 ID:1EzQuhWa
浴衣を脱がせると既に石川の秘部はピンク色に濡れていた、
俺はいきなり挿入するが、一往復だけで外へと出してしまう。
何が起きたかよく理解できてない表情の石川。
そして後藤の指が石川のなかで激しい音をたてだすと、
石川は「いや、いや」を連呼。
しかし後藤の指は止まらない、石川の汁が溢れ出す。
後藤「欲しいなら欲しいって言ってみな」
石川はなんとか「欲しい」と口に出す、そこで今度は
後藤「何が欲しいの?」
石川は顔を紅潮させあえぎ続けるが、なかなか言い出せない。



153 :名無し募集中。。。:02/03/05 05:06 ID:NLw53iP0
まだやってんのか。

154 :名無し募集中。。。:02/03/05 05:07 ID:1EzQuhWa
>>147
逆な流れですいません。
いしよし(;´Д`)ハァハァなんだが、自分が絡むならごまりか。

155 :りかっち ◆RIKA94sE :02/03/05 05:07 ID:jyp2VP8M
温泉とか浴衣ってのがイマジネーションをビッグバンさせるね

156 :名無し募集中。。。:02/03/05 05:18 ID:1EzQuhWa
>>155
それは言えるね、設定してくれた>>1さんに感謝します。
もう寝ます、みなさんまたどこかで一緒に妄想しましょう。

157 :名無し募集中。。。:02/03/05 08:52 ID:HLFQnEG8
age

158 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 09:01 ID:PmLCadI4
まず風呂場で襲って寝るとき襲って帰る時の車の中で襲って家帰って襲って風呂入って襲って寝る前に襲って寝る。

159 :名無し募集中。。。:02/03/05 10:50 ID:+IKHTvSW
>>158
逮捕はしない、射殺しる。

160 :名無し募集中。。。:02/03/05 10:53 ID:jUA6+wKE
俺、とりあえず盗撮してから生涯肉奴隷として奉仕させる。

161 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 10:56 ID:PmLCadI4
>>160
(´,_ゝ`)お前の肉奴隷になるんならその盗撮モノばら撒かれて生き恥晒した方がマシだよ。

162 :名無し募集中。。。:02/03/05 10:59 ID:jUA6+wKE
>>161
それはお前の父親が短小包茎だからか?

163 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:00 ID:PmLCadI4
オレ親父いねーし

164 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:02 ID:jUA6+wKE
>>163
もう少しひねれ

165 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:03 ID:PmLCadI4
ホントだって。別に信じなくてもいいけどな。

166 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:04 ID:jUA6+wKE
>>165
じゃあ、俺も父親いない。これでいいだろ?

167 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:06 ID:PmLCadI4
別にいいけど・・・どういうこっちゃ?

168 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:07 ID:Rw1SIUm4
>>167
折れも親父いない

169 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:08 ID:PmLCadI4
うむ。

170 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:08 ID:FvRupk5y
今日からボクが君たちのおとうさんだ


171 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:10 ID:jUA6+wKE
>>170
貴殿が父親になってくれるのはうれしいが、
とりあえず新写真集買いたいから小遣いくれ。
話はそれからだ。

172 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:11 ID:Rw1SIUm4
>>170
妹が欲しいよパパ 

173 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:12 ID:PmLCadI4
っていうか親父なんていらんだろ。多分いてもウザイだけだと思うが。

174 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:13 ID:Rw1SIUm4
>>173
若いな(w

175 :名無し募集中。。。 :02/03/05 11:13 ID:uK0QYN+C
>>173
いんや、いいものさよ

176 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:14 ID:/UOKegOr
>>173
最悪だな

177 :名無し募集中。。。 :02/03/05 11:14 ID:9ZVIgTtM
親父漫談より娘妄想

178 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:15 ID:PmLCadI4
絶対よくない!いらねーよ親父なんて!

179 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:15 ID:uK0QYN+C
しかしこの板って片親率たかいよね

180 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:16 ID:/UOKegOr
むしろ娘たちのパパになりたい
近親相姦ハァハァ

181 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:16 ID:/UOKegOr
>>179
うむ。俺も母子家庭だし

182 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:16 ID:Rw1SIUm4
>>177
ワラタ 確かにこのままだと親父論が10レスくらいつく
>>178
親父のカッコイイ姿を見たときの感動といったら・・

183 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:17 ID:PmLCadI4
>>181
っていうか母子家庭最高!?薬代&診察料無料マンセー!!!

184 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:17 ID:jUA6+wKE
>>178
俺の父親は以前女こさえて蒸発してた。
俺が思春期にのこのこ帰ってきた。
いまじゃ飲み友達だ。いいもんだぞ。

185 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:18 ID:/UOKegOr
>>183
俺もう18越えたからその権利がない

186 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:19 ID:PmLCadI4
>>182
親父のカッコイイ所なんて知るかよ( ´_ゝ`)

187 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:19 ID:jUA6+wKE
>>183
それもこの国は駄目になりそうだぞ

188 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:19 ID:c0ScpjOV
つーかキミタチ激しくスレ違い

189 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:19 ID:jUA6+wKE
ところで、なんで親父論になったんだ?

190 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:20 ID:Rw1SIUm4
>>189
師匠あなたのレスからですよ(小声・・)

191 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:22 ID:PmLCadI4
>>184
( ´,_ゝ`)オレ親父の顔なんて知らねーよ
物覚えつく前にどっか消えやがったからな。
気がついたら「あれ?なんで僕パパいないの」みたいなもんだな(藁
>>185
18歳ならまだセーフだよ・・・。

192 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:22 ID:/UOKegOr
>>191
19ですが何か?

193 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:23 ID:jUA6+wKE
>>190
そしてみんな・・・ごめんなんさい。

194 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:23 ID:Rw1SIUm4
>>191
(T▽T) < かなしいね

195 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:24 ID:PmLCadI4
>>192
いや、何も?

196 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:25 ID:Rw1SIUm4
>>193
ワラタ 

197 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:25 ID:eeD7Oxrs
http://love.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1015294832/

198 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:25 ID:PmLCadI4
>>194
悲しくないって。
オレは親父がいなかった事を激しく嬉しいと思うよ。

199 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:29 ID:/UOKegOr
>>198
お前はお父さんとキャッチボールもできなかったんだね・・・
仕事場に遊びに行ったり、夫婦喧嘩してお母さんが夜飯作ってくれなくて
二人でロイホ行ってステーキ食べたり、運転の上手いお父さんを助手席
で見てるのが好きだったり、髪が薄くなり始めてるのに市民プールで遊ん
だり、自転車の補助輪を外す練習をコケながら何度もしたり・・・

200 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:29 ID:uK0QYN+C
>>198
悲スィ・・・知巳だかもそんな事言ってたな・・・

201 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:30 ID:/UOKegOr
>>200
言ってたな、吉スレで聞いた気がする

202 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:31 ID:FvRupk5y
おかあさん!

203 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:33 ID:Rw1SIUm4
>>198
漏れの親父は消防士で普段家には帰ってきてないけど
救助とかいっぱいしてるらしくて部屋に感謝状とかいっぱいあるよ
そのことを自慢したりしないけど・・漏れの自慢の親父だったよ
最後には燃えちゃったけど

204 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:34 ID:PmLCadI4
>>199
( ´_ゝ`)野球は唯一苦手なスポーツだからしねーよ。
親の仕事場になんて邪魔しに行くみたいでいけねーよ。
クサイ親父の助手席になんて吐気を催すから願い下げだね。
自転車は友達と兄やんと近所の知り合いが集まって練習したよ。

205 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:34 ID:EJ+DEdTd
【ニュー速】【厨は】【氏んで】【暮れないかな?】 

206 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:35 ID:so4dUtCx
>>203
ネタはやめれ

真実なら悲しすぎるし

207 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:36 ID:Rw1SIUm4
っていうか本気でスレ違いなのな(w

208 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:36 ID:jUA6+wKE
>>203悲しいね。
俺の親父は物心つく前にいなかったし。。
で、帰ってきた時既に禿げていた(当時三十代前半)。
まだ生きてるけど。

209 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:37 ID:PmLCadI4
>>200
なんで悲しいと思うんだ?
>>204とかさ、読んで思わない?
「別に親父がいなくても不自由しないだろ。」ってさ?

>>203
そんな親父ならいいNE☆
しかしガキ二人作っといて離婚するような親父をどう尊敬するんだよ。

210 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:40 ID:Rw1SIUm4
>>209
まぁ・・すべての親父が(・∀・)イイ!とは言えないね
ちなみにネタじゃないからキツイのね(w

あぁ・・そんな疲れを癒すためにも後藤と石川と混浴したい

211 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:40 ID:jUA6+wKE
>>209
おかんが悪かったのかもしれねえじゃん。
俺の弟は嫁の浪費に耐えかねて離婚したぞ。

212 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:42 ID:jUA6+wKE
>>210
混浴で癒す?体力消費が激しいと思う俺はおっさんか?

213 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:42 ID:PmLCadI4
>>211
母さんが悪いとはとてもじゃないけど思えないよ。
ホントかどうか知らんけど兄やんが雷が鳴ってる夜に外に放り出されたとか逝ってたからな。
よく考えてみたらオレの生まれは鹿児島で育ちが大阪だから大阪に逃げてきたのかもな( ´,_ゝ`)

214 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:43 ID:FvRupk5y
露天だとポコチン縮む可能性があるから危険

215 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:43 ID:PmLCadI4
>>212
疲れてもいいから混浴がいいよ

216 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:44 ID:wqbFF206
>>213
稲本

217 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:45 ID:PmLCadI4
>>216
誰?

218 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:45 ID:Rw1SIUm4
>>212
師匠そんなんガンガンっしょ
もうね?後藤の裸体を見たらね。起っちゃいけない方向に起つっしょ
石川のケツなんて見たらね。もう揉むっしょ?もみもみっしょ(w

219 :真夏戦士☆R ◆68LlvHps :02/03/05 11:46 ID:gUX8MRm6
いないだけならいいだろ。俺はおふくろが死んだんだぜ


220 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:46 ID:jUA6+wKE
>>213
俺もキカン坊だったからよく放り出されたよ。
まあ、いい人ばかりや悪い人ばかりじゃないよ。
人間誰しも良心と悪の両方を持ちあわせてるんだからさ。
その時、親父さんは心を病んでたんだよ。

221 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:48 ID:PmLCadI4
>>219
母さんと婆ちゃんが死ぬのは辛い。
親父は死んでください、お爺ちゃんはオレが小さい時に死んだから知らん。

222 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:49 ID:wqbFF206
>>217
播戸ですが

223 :真夏戦士☆R ◆68LlvHps :02/03/05 11:50 ID:gUX8MRm6
俺も親父は好きじゃなかったけど、それでも自分の遺伝子の片割れだからな


224 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:50 ID:jUA6+wKE
>>218
そうだね!現物みたらもうガンガンだろうね!
>>219
そいつはお気の毒に。。生きろ!母さんのぶんまで!
ところで2chで師匠と呼ばれる俺は何者なんだろう?(死)

225 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:50 ID:PmLCadI4
>>220
( ´_ゝ`)だから親父なんていらねーよ

226 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:53 ID:PmLCadI4
>>222
ワカラン・・・
>>223
オレは別に産まれたくて産まれてきたんじゃないから・・・
オレの遺伝子はオレだけのモノだと思ってる。

227 :真夏戦士☆R ◆68LlvHps :02/03/05 11:53 ID:gUX8MRm6
もし混浴出来たら・・・





                     湯上りホクホクの二人を抱きしめたい

228 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:55 ID:jUA6+wKE
>>226
俺なんて最近まじで抜け毛が激しくて
毎朝枕をブラッシングしているとやっぱり
俺は奴の精子からできたんだと鬱になりつつ
自覚しているよ!・・・なんか、やだな。
よく考えたら親父って(号泣)。

229 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:55 ID:Rw1SIUm4
>>227
(・∀・)イイ! 

230 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:56 ID:Rw1SIUm4
>>226
でもお前って彼女いるよな?

231 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:56 ID:jUA6+wKE
とりあえず、俺これから会社の近所のイタ飯屋行くんで
またねー。

232 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:56 ID:PmLCadI4
>>228
うむ

233 :名無し募集中。。。:02/03/05 11:57 ID:Rw1SIUm4
>>231
漏れは今からペペロンチーノを作って その後連れとドライブしてこよう

234 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 11:59 ID:PmLCadI4
>>230
いるよ
なんで?

235 :真夏戦士☆R ◆68LlvHps :02/03/05 11:59 ID:gUX8MRm6
俺はこれからMXが終わるまで昨日のテレ東のライブワイヤーでも見るか

236 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 12:24 ID:PmLCadI4
下がってるとこ悪いけど一回だけ上げる。
>>230は何が言いたかったんだ?気になるんで教えれ。

237 :名無し募集中。。。:02/03/05 12:25 ID:tSAoa5dp
お前こういうスレ荒らすのやめろよ

238 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 12:26 ID:PmLCadI4
>>237
違う、そんなつもりじゃんかったんだけどな・・・

239 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 12:27 ID:PmLCadI4
下げ忘れてたよ。

240 :名無し募集中。。。:02/03/05 12:31 ID:tSAoa5dp
荒らしてからそういうつもりは無いとか言うなよ

241 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 12:33 ID:PmLCadI4
元凶はこのID:jUA6+wKEを持つ男やで。

242 :名無し募集中。。。:02/03/05 12:42 ID:Tev+KQy7
http://homepage1.nifty.com/iwasi/nozomi/nozomi006.jpg石川


243 :名無し募集中。。。:02/03/05 12:42 ID:gUX8MRm6
じゃ、話を戻そうか

244 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 12:44 ID:PmLCadI4
オレ的には矢口、安倍、後藤と風呂に入りたいんだが・・・
4Pハァハァ

245 :マジレスですまん:02/03/05 12:46 ID:PXgjED0S
風呂入るぐらいなら3億ぐらいで山崎と話つくだろ。
1晩過ごすなら10億くらいか?

246 :名無し募集中。。。:02/03/05 12:46 ID:GqZ0coDx
真夏ってヒッキーなんだな・・・
だからいつも他愛のないことばっか言ってるのか・・・

247 :名無し募集中。。。:02/03/05 12:47 ID:uK0QYN+C
>>245
そんなするの!?
まいったな

248 :名無し募集中。。。:02/03/05 12:47 ID:3hSFjSWi
なちまりと3P希望

249 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 12:48 ID:PmLCadI4
>>245
10億もか!?オレのポケットマネーじゃん。

250 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 12:49 ID:PmLCadI4
>>248
それでもオレは大いにいいよ

251 :名無し募集中。。。:02/03/05 12:49 ID:jdDbcPZd
石川と後藤を酒で酔わせる

252 :名無し:02/03/05 12:49 ID:TAMrRzGa
石川は風呂盗撮写真が出てたよな。

253 :名無し募集中。。。:02/03/05 12:51 ID:n42Ujpzp
>>245
その程度の金で、何処の馬の骨か分からんヤシと一緒に入れるわけもないし
いしごまも確実に断るだろとマジレス

254 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 12:53 ID:PmLCadI4
>>253
正直目の前に10億積まれたらどうなるかわからんよ
















                                とか言ってみる練習。

255 :名無し募集中。。。:02/03/05 12:57 ID:Wlxthg43
>>242
可愛いじゃねえか!

256 :230:02/03/05 13:04 ID:jnFT3XHP
おーい名無し夜具 まだいるか?

257 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:08 ID:PiEBHg2l
何億だろうが所属タレント売ったことが外に漏れたら事務所は終わり


                   とか言ってみたり言ってみなかったり

258 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:09 ID:Wlxthg43
>>257
億程度の金じゃ娘。は売らんだろうな・・・

259 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 13:10 ID:PmLCadI4
>>256
まだいるぞ、なんなんだ?

260 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:10 ID:HB1ihgDI
でもやってる事務所も結構多い


                   とか思ってみたり思わなかったり

261 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:11 ID:0TGeuvC3
三人祭と混浴したい

262 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:12 ID:jnFT3XHP
>>259
やっぱ気になってたのかスマソ
いや・・彼女いるなら結婚とかして親父になったときに
子供にそう思われるのはどうなのよ?とね・・

263 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:14 ID:jUA6+wKE
馬鹿かね、君たちは。
問題は混浴するとして、どうするかであって、
混浴までの行程なんぞ議論する意味が無いよ。

264 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:14 ID:alzVsZj5
混浴祭

265 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:14 ID:Wlxthg43
>>263
正解!

266 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:15 ID:IkR9nNlD
なあ、なんでおまえら真昼間からここにいるんだ?


267 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:15 ID:n42Ujpzp
>>263
いやいや、リアリティーを出すために必要なんだよ

268 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 13:17 ID:PmLCadI4
>>262
オレはもし自分に子供が出来たらそう思われないようにするよ。
子供の頃の気持ちと子供の頃の感じを忘れない親父になれたらいいなって感じかな?

269 :名無し募集中。。。  :02/03/05 13:20 ID:8VsOpEtE
せっかくの温泉だ
温泉入ったらさっさと休むに限る
後藤、石川どうでもいい

270 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:21 ID:e6XWvDrD
>>269
そこを後藤、石川が寝かさない、というスレ

271 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:22 ID:jUA6+wKE
>>367
鬱になるぞ。それを検証していたら。

272 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:27 ID:jnFT3XHP
>>268
そう言ってたカリスマの尾崎豊は・・
描いてた自分と現実の自分のギャップに耐え切れず
ドラッグロックンロールな訳で

あの頃の未来に 僕らは立っているのかな?
すべてが思うほどウマクはいかないみたいだ ということらしい

273 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 13:31 ID:PmLCadI4
尾崎豊って誰?
まぁ目標はあるんだよ。
それを実現できるか出来ないかはその人次第だよ。
何かを理由に自分が違う方向に流れていったって言うんならそれはいい訳だよ。
自分を変えるのは世間じゃなくて自分なんだから。

274 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:42 ID:0TGeuvC3
プニプニする

275 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 13:43 ID:PmLCadI4
矢口のオパーイ吸ってみたい・・・

276 :名無し募集中。。。 :02/03/05 13:45 ID:A00Efhve
石川をまんぐり返ししたい・・・
 



               湯船の中で溺れない程度に・・

277 :最近の若いモノは…:02/03/05 13:45 ID:86MWvjBM
尾崎豊はバイクを盗んだり、覚醒剤をやったりして死んだドキュン

278 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:45 ID:n42Ujpzp
スレ違いUZEEEEEEEEE

279 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:46 ID:ze53J6ad
>>276
そりゃ、技だな(w

280 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 13:46 ID:PmLCadI4
>>277
( ´_ゝ`)アフォだな・・・

281 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:48 ID:0TGeuvC3
髪の毛アップにしてタオル姿を拝めるだけでもいい・・・

282 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 13:48 ID:PmLCadI4
同意!!!

283 :最近の若いモノは…:02/03/05 13:49 ID:86MWvjBM
>>280
あ、忘れとった
尾崎は学校の窓ガラスを叩き割るのが趣味


284 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:50 ID:PFGGyvZn

とかけまして
マンコに野菜ジュースととく
その心は





285 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:50 ID:TnR3ezce
名スレが一人のDQNやぐヲタの所為で雑談駄スレになっちまったな
スレ潰しのやぐヲタ消えろ


286 :名無し募集中。。。:02/03/05 13:50 ID:mDUpWsTM
歌詞だけだろ?実際はおとなしい優等生だよ

287 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 13:52 ID:PmLCadI4
>>283
( ´_ゝ`)真性だな・・・
>>285
( ´_ゝ`)オレのせいじゃないんだけどナー

288 :名無し募集中。。。  :02/03/05 14:06 ID:8VsOpEtE
書き忘れた
石川のウンコには気をつけろ

289 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 14:11 ID:PmLCadI4
>>288
うんこなんて気にしてる場合じゃないよ。
漏れててもいいから押し倒すんだよ

290 :名無し募集中。。。:02/03/05 14:21 ID:jUA6+wKE
そんな事より、まずどっちから押し倒すかが問題だ!
俺はケーキのいちごは最後に食べるタイプなのでまず石川から。

291 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 14:26 ID:PmLCadI4
オレはイチゴを最初に食べるので石川から・・・

292 :名無し募集中。。。:02/03/05 14:29 ID:0TGeuvC3
石川→顔面騎乗
後藤→騎乗位

同時に(゚Д゚)ウマー

293 :名無し募集中。。。:02/03/05 14:33 ID:oFxgghdW
矢口と小川じゃなくて本当に良かった・・・・

294 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 14:34 ID:PmLCadI4
オレは矢口と安倍
もしくはそれに後藤を追加だ一番いいんだけどナー

295 : 名無し募集中。。。:02/03/05 14:35 ID:oRoLKW7/
オレは矢口と加護


296 :名無し夜具 ◆N4S3YAGU :02/03/05 14:36 ID:PmLCadI4
>>295
IDがロリだぞ、やったな!

297 :梨華おた ☆:02/03/05 14:38 ID:zkW5RgZD


298 : 名無し募集中。。。:02/03/05 14:38 ID:oRoLKW7/
>>296
やった!のかな?

299 :梨華おた ☆:02/03/05 14:38 ID:zkW5RgZD


300 :梨華おた ☆:02/03/05 14:39 ID:zkW5RgZD


301 :名無し募集中。。。:02/03/05 14:39 ID:oFxgghdW
正しいスペルは Lolita だ。残念。

302 :梨華おた ☆:02/03/05 14:39 ID:zkW5RgZD


303 :名無し募集中。。。:02/03/05 14:39 ID:jUA6+wKE
いいね、みんな割とこだわりがあって。
俺的にはまず、後藤にお酌してもらいながら
石川にマッサージしてもらいたいですなあ。
オプションをつけるとしたら松浦でお願いします。
もちろんタオルつけてもらっている方がそそる。
床でぜひ試したいのがレズプレイを鑑賞後、
たっぷり楽しませてもらいたい。

304 :梨華おた ☆:02/03/05 14:39 ID:zkW5RgZD


305 :名無し募集中。。。:02/03/05 14:40 ID:jUA6+wKE
梨華おた君、どうしたのかい?

306 : 名無し募集中。。。:02/03/05 14:42 ID:oRoLKW7/
>>301
チッ

307 :名無し募集中。。。:02/03/05 14:42 ID:oFxgghdW
三人祭+後藤でいいんじゃないかな?
で松浦と加護は早めに寝かす。
後藤はやっぱりご馳走だね。

308 :名無し募集中。。。:02/03/05 14:44 ID:jUA6+wKE
>>307
あなた最高だね。それは贅沢でいい!

309 :名無し募集中。。。:02/03/05 15:56 ID:wWTsPzXH
石ごまに矢口もいたらおれは死んでもいい

310 :名無し募集中。。。:02/03/05 15:57 ID:vLOwNwHh
前半の妄想ネタカモンナ

311 :名無し募集中。。。:02/03/05 16:14 ID:jUA6+wKE
いいねえ。

312 :名無し募集中。。。 :02/03/05 16:18 ID:cGNGSIFN
石ごまもいいけど、なちまりでしょ。

313 :名無し募集中。。。:02/03/05 16:19 ID:2RijLids
石やぐ最強で

314 :名無し募集中。。。:02/03/05 16:20 ID:jUA6+wKE
>>312
豚と子豚に用は無い。
嫌ならお前がスレたてれ。

315 :名無し募集中。。。:02/03/05 16:20 ID:jUA6+wKE
>>313
は?

316 :名無し募集中。。。:02/03/05 16:24 ID:2RijLids
>>312
むしろ、なちまりかで

317 :名無し募集中。。。:02/03/05 16:32 ID:K7KTxhy7
辻と加護をならべてどちらのまんこが剛毛か見比べる

318 :名無し募集中。。。:02/03/05 16:48 ID:jUA6+wKE
>>317
どっちも毛深そうだな。

319 :名無し募集中。。。:02/03/05 21:34 ID:6aMSQLM5
妄想温泉にようこそ

320 :名無し募集中。。。:02/03/06 00:49 ID:mEk9Qriu
http://isweb35.infoseek.co.jp/business/workon/haropu11.htm

321 :名無し募集中。。。:02/03/06 00:51 ID:wsTkSOnD
今日も妄想はあるのか?期待しているぞ!

322 :名無し募集中。。。:02/03/06 01:07 ID:cKig6naB
潜望鏡はやるだろうな

323 :名無し募集中。。。:02/03/06 01:13 ID:q7VLiv2X
つーかまさにこの状況を現実に味わっているのが吉澤なわけだが

324 :名無し募集中。。。:02/03/06 01:14 ID:O9Im8Jxo
>>317
シャイニング娘。読者ハケーソ

325 :名無し募集中。。。:02/03/06 01:14 ID:ZTMQCJak
吉澤はメンバの胸を触りそうだな

326 :設定はこんな感じでどう?:02/03/06 01:23 ID:RP1r+qq+
あなたは某局の下っ端AD。数ヶ月前から娘。の番組を担当することになりました。
カメラが止まっているときの彼女たちは普通の女の子で、空き時間にはのんきに雑談する
ほどの仲になりました。特に後藤さん石川さんとはよく冗談を言い合って、いいお兄さん
程度にはなれたかも。
ある日の収録後、後藤さんと石川さんがスタジオの隅で手招きしています。行ってみますと
今度二人で温泉に行こうと計画しているのだけど、良かったら一緒に行きませんか、とのこと。
なんのことはない、運転手兼保護者か。予定の日は一日中休みだったこともあり、あなたは
軽い気持ちでオーケーしました。

まさかそれがあのようなことになるとは・・・・

327 :名無し募集中。。。:02/03/06 01:23 ID:deTl/1pg
>>325
で、感じて乳首をたたせてしまう石川。

328 :名無し募集中。。。:02/03/06 01:24 ID:ZTMQCJak
>>326
(・∀・)イイ!

329 : :02/03/06 01:27 ID:7zcQ8XeW
>>25
じゃあ君がその王道とやらを語ってみてよ

330 :名無し募集中。。。:02/03/06 01:31 ID:4erfes1D
>>326
ドライブだけでも楽しそうだが・・・

331 :んで、エピローグはこんなんで:02/03/06 01:51 ID:RP1r+qq+
いつもは楽しい収録もその日は気が重くなりました。あの現実とは思えない
温泉旅行以来初めて彼女たちに会うのです。
それでも仕事だから仕方ありません。朝早くにスタジオ入りして火の出るほど
忙しいセッティング作業に気を紛らわせていると、「おはようございまーす!」
娘。さんたちが入ってきました。13人の最後尾に二人はいました。あなたは
作業にわざと没頭して、彼女たちを見ないようにしました。
その日は一番に歌収録でした。新曲そうだ!We're Aliveです。
キュー出しとともに歌が始まりました。蛍光色の衣装に包まれて彼女たちは
歌い、踊り始めました。
後藤さんは、あなたの胸の下で泣きじゃくっていた後藤さんは、天性の歌唱力を
いかんなく発揮し、堂々とした歌を披露しました。
石川さんは、浴衣を脱ぎ捨ててあなたにひざまずき懇願した石川さんは、
張りのある踊りを誰よりも美しく、元気いっぱいに踊りきりました。
歌が終わってもしばらくあなたは呆然としていました。チーフディレクターの
叱責にもしばらく気付かなかったほどです。
いったん楽屋に捌ける娘。さんたちをあなたは見送りました。後藤さんも
石川さんも、一度もこちらを振り向くことはありませんでした。

そしてあなたも、プロの顔に戻りました。

332 :ねえ、名乗って:02/03/06 01:53 ID:AWGIQff8
>>331
途中経過を書け

333 :名無し募集中。。。:02/03/06 01:59 ID:O9Im8Jxo
>>331
おい! 一体温泉で何があったんだよ!!!

334 :名無し募集中。。。:02/03/06 02:01 ID:aG30Xe9c
だからそれを書くのが俺タチってことなんだろ

335 :名無し募集中。。。:02/03/06 02:06 ID:ZTMQCJak
>>334が良いこと言った(w

336 :名無し募集中。。。:02/03/06 02:24 ID:ZTMQCJak
混浴だと知らずに露天風呂でくつろいでいたら、
後藤と石川もそのことに気が付かずに
入ってきちゃって、慌ててタオルで前を隠す。
ということにして欲しい。

337 :タンポポの為に氏ねますか? ◆TaNPo85o :02/03/06 02:26 ID:wdH7pnR2
>>336
とりあえず水に潜るけど、バレてしまう

338 :かばゑんちょ ◆KABA2axQ :02/03/06 02:27 ID:2O4uYNVb
今夜もこのスレの出来不出来で俺の睡眠時間が決まるわけだが

339 :名無し募集中。。。:02/03/06 02:30 ID:DEL711wD
じゅうぶん筆力があるのに
途中を書かない>>331が恨めしい

340 :名無し募集中。。。:02/03/06 02:31 ID:YS9Z6Qzz
慌てて岩の陰に隠れてじっとしていると、
二人は俺のことについて話し始める。
最初はたわいのない内容だったが、次第にエロい方向へ。
後藤「いきなり襲いかかってきたらどうするー?」
石川「そんなの嫌、おうちに帰る。」

341 :名無し募集中。。。:02/03/06 02:35 ID:YS9Z6Qzz
>>338
昨夜は何時に就寝?

342 :かばゑんちょ ◆KABA2axQ :02/03/06 02:45 ID:2O4uYNVb
>>341
4:00ぐらいなわけで猛烈に今眠い
朝は8:30起床

343 :113=117=120:02/03/06 02:50 ID:YS9Z6Qzz
>>342
お疲れ様です。

4:00って漏れが書き始めた頃か、、、漏れ微妙な出来だったっぽいな(w
最後の方は一人で勝手に話進めてるし。
自分自身の出来が気になってたので質問してみました。

344 :石川信者:02/03/06 02:59 ID:NADDio6H
>>331は続きを書くはず

345 :名無し募集中。。。:02/03/06 03:05 ID:zbDg6fAn
>>331
すごく切ない気分になってきたよ。
責任とってくれ。

346 :タンポポの為に氏ねますか? ◆TaNPo85o :02/03/06 04:46 ID:kG8Swa/Y
続きキボンage

347 ::02/03/06 04:50 ID:hmU4yzXH
どうせなら辻ちゃんと混浴がいい。。

348 :タンポポの為に氏ねますか? ◆TaNPo85o :02/03/06 04:52 ID:kG8Swa/Y
>>347


349 :タンポポの為に氏ねますか? ◆TaNPo85o :02/03/06 04:52 ID:kG8Swa/Y
>>347
>>348ミスッタ。スマソ

350 :113=117=120=152=340:02/03/06 05:06 ID:YS9Z6Qzz
>>346
続きってのは331の方に?それとも俺が書いた152or340?

351 :タンポポの為に氏ねますか? ◆TaNPo85o :02/03/06 05:11 ID:kG8Swa/Y
>>350
>>152で(w

352 :名無し募集中。。。:02/03/06 05:12 ID:qCZ9uGbt
(○^〜^)<YS9Z6Qzzカモンナ!

353 :113=117=120=152=340:02/03/06 05:24 ID:YS9Z6Qzz
>>351,352
かなりうれしいっす、本当に本人ですので。

ついにその言葉を発することなく果ててしまった石川はまだヒクついている。
後藤は一息ついたが、おもむろに後藤と石川が巻いていた帯を手に取った、
何も言わず後藤はその帯で石川の腕を後ろ手に縛り、目を隠す。
さらに後藤は彼女の鞄から、ぱっと見15センチはある真っ黒なバイブを出すと、
そのバイブの電源を入れた。
静かな旅館の部屋に響く音、
石川はそれが何の音であるか想像するのは容易であった。




354 :113=117=120=152=340:02/03/06 05:28 ID:YS9Z6Qzz
補足、二人は浴衣を既に脱いでいるので帯はそのへんに落ちてました。
>>351>>352
自分、名前を固定した方が良いでしょうか?
作品の出来で決めてほしいです。
っつーかトリップのつけ方も知らないんですけど。

355 :タンポポの為に氏ねますか? ◆TaNPo85o :02/03/06 05:41 ID:kG8Swa/Y
>>354
作品かなり(・∀・)イイ!!!
名前は固定したほういいと思うYO
トリップは名前欄のところに#入れて、その後ろに適当に8文字。
「名無し募集中#????????」 って感じ。
見知らぬ国のトリッパーっての使えば時間はかかるけど任意の文字入れられるよ
ttp://isweb34.infoseek.co.jp/computer/tripsage/

356 :名無し募集中。。。:02/03/06 05:48 ID:BMopkQaj
もう寝る。明日の夜を楽しみにしてるよ>354
c言語とトリカブト(カブトガニ?)のも読みてえ。

357 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/06 05:50 ID:YS9Z6Qzz
>>355
好評価とトリップの説明ありがとうございます。
じゃ、チャミオラで固定してみます。
今日はまだ作業中なんで、続編はまた数日中にでも書かせていただきたいです。
とりあえずネットはまだ繋ぎっぱなしで作業します、、、

358 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/06 05:53 ID:YS9Z6Qzz
>>356
ありがとうございます、明日は書けるかわかりません、すいません。
カブトガニ?ってのは何でしょう?

359 :タンポポの為に氏ねますか? ◆TaNPo85o :02/03/06 05:56 ID:kG8Swa/Y
>>357
ォヶ-。期待してますYO。がんがー

360 :名無し募集中。。。:02/03/06 05:57 ID:r/kwEe2/
先に入ってる石川と後藤。
二人はどっか長い間潜っていられるか競争を始めた。
知らずに後から中に入る俺。
腰を下ろそうと着たその時、
後藤が限界になって顔を出すもんだから、
後藤の顔に俺のものがぺチャッとぶち当たってしまった。
顔を真っ赤にして飛び退く後藤。
そこに、どうしたのごっちん…と思った石川が顔を出したら
その石川の顔にも俺のものがぺチャッ。
さすがに我慢できなくなった俺のものは、
状況が把握できずに固まっている石川の鼻の先で勃起を始めてしまった。
響き渡る石川のキャアッという叫び声。
後ろで見ていた後藤はなぜか無表情。
しかし、先に目をそむけてしまったのは後藤であった。

361 :名無し募集中。。。:02/03/06 06:21 ID:GuJe8++d
>>360
ハァハァ

362 :名無し募集中。。。:02/03/06 06:26 ID:xNshcXMZ
寝ている後藤のはだけた胸元を見てあそこがギンギンになる俺。
それに気付いて何かを訴えるような目で俺を見てくる石川。


363 :名無し募集中。。。:02/03/06 07:58 ID:jmjVjSd0
このスレ読んでるだけで勃起してきたぞ

364 :名無し募集中。。。。:02/03/06 08:58 ID:FhG5Umdf
331じゃないけと、ちょっとつくってみた。
ひまつぶしにどうぞ。

365 :名無し募集中。。。。:02/03/06 08:59 ID:FhG5Umdf
俺はあるテレビ局傘下の製作事務所のAD。まだまだ、下っ端だ。
数ヶ月前からモーニング娘。の番組を担当している。
マネージャーの目もあって、あまり、スタッフと娘。は親密にはならないが、
収録の合間には雑談ぐらいはしたりする。でもまあ、世間話ぐらいだが。
最近は後藤と石川とよく話をする。
俺のことをいいお兄さんと思っているのだろう、そんな風に思っていた。

 ある日、番組の収録が終って、後片付けをしていたとき、
石川と後藤がスタジオの隅で手招きしているのに気づいた。
あたりを見回しても俺しかいない。
不思議に思って、彼女たちのほうへ歩いていった。

「あのー、今週末空いてますか?」
石川は上目遣いですこし媚びるように俺に向かっていった。
「え?」俺は突然の質問におどろいた。
「いや、温泉に行こうと思うんですよ。」後藤が続ける。

俺は何を彼女たちが言っているのかよく分からなかったが、
よく話を聞いてみると、どうやら、マネージャーに内緒でいくらしい。
何か向こうで問題が起ったら困るし、また16歳ぐらいの女の子2人で
とめてくれる宿もない。もちろん車の運転できない彼女たちは、足もないわけだ。
だから、保護者兼、運転手でついてきて欲しいと。


366 :名無し募集中。。。。:02/03/06 09:00 ID:FhG5Umdf
まあ、そういうことなら、と軽い気持ちで了解したが、
一応、テーフディレクターに相談することにした。
俺だって社会人。有名人になんかあっては、
自分のくびもあぶない。世の中不景気だし、
くびになったら再就職だってむずかしいだろう。


俺は、チーフディレクターに経過を説明した。
彼は困った顔をしていた。しばらく考え込んだ後、俺にこういった。

「まあ、俺は何も聞かなかった。それだけだ。」
「え、それじゃあ、やっぱやめといたほうが・・・。」
「いや、それだと彼女たちが納得しないだろう。事務所にも内緒なんだしな。
おまえはきちんと彼女たちの言うとおりにしろ。あの二人がゴネたら、
うちの製作事務所なんて吹っ飛んじまう。ただ、何かあっても、
俺は何も聞いていないということだ。」
「そ、そんな・・・。」
「分かったな。じゃあ、忙しいからいくぞ。」

そういうと彼はスタジオのほうへ行ってしまった。
所詮、チーフも自分のくびが一番大事なんだということがよく分かった。
まあ、社会人なんてこんなもんだ。彼女たちのほうが俺やチーフなんかより、
よっぽど権力者なんだ。



367 :名無し募集中。。。。:02/03/06 09:01 ID:FhG5Umdf
週末になった。俺は友人からスモークフィルムの貼られている、
ワゴン車をかりて、石川のマンションに向かう。一応有名人が乗るわけだから、
外から中が見えないほうがいいだろうと思ってのことだ。
それに、長距離を走るのだから、後部座席の広い車のほうが、
仕事で疲れている彼女たちにもいいだろう。

後藤はすでに石川のマンションに来ているらしい。
俺は携帯を取り出し、石川に連絡をする。しばらくすると、
帽子にサングラス姿の二人がワゴン車の後部座席に乗り込んできた。

「うわ、なにこの車?私ベンツとかリムジンとか乗りたかったのに−。」
石川が口を尖らせる。
「私たちも安く見られたものね。」
後藤も不機嫌そうにいう。

一生懸命言い訳をする。
彼女たちの機嫌を損ねたら製作事務所の存亡の危機になる。
俺には結婚を控えた彼女がいるのだ。路頭に迷うわけにはいかない。
だが、俺の言い訳を二人は聞いていないようだった。俺はあせった。

「あ、ごっちん。これフルフラットになるよー。」
「あ、どれどれ。本当だ。毛布も積んである。」
そういうと彼女たちは嬉しそうに後部座席をベッドのように
フルフラットにして二人で毛布に包まって横になった。


368 :名無し募集中。。。。:02/03/06 09:46 ID:ckclSNDz
機嫌が直ったようだ。全く16歳の女の子はよく分からない。
自分も歳をとったのだろうか。
とりあえず、路頭に迷う危機は去ったことにホッとしながら、
俺は車を走らせた。

行く場所は北関東にある、ひなびた温泉。露天風呂のある古い和風旅館だ。
おそらくあまり人気のない場所だとおもう。
なにせ、急なことなのに、予約がすぐ取れたのだから。
でも、彼女たちが予約したのでどんな雰囲気なのかはよく分からない。

俺は事故だけは気をつけないと思いながら車を走らせていた。
そのとき、俺の携帯がなった。彼女からの電話だった。
俺は電話を取った。

「ねえ、今日休みじゃなかったの?」
仕事が忙しいので最近彼女ともご無沙汰だ。
彼女もストレスが溜まっているかもしれない。まあ、俺は違うものが溜まっているんだが。
くだらない冗談はさておいて、彼女は至極不機嫌そうな口調だった。



369 :名無し募集中。。。。:02/03/06 09:47 ID:ckclSNDz
「い、いや。ちょっと仕事が入ってね。」
俺はうそをついた。いや、半分仕事みたいなものだ。
なんでおれは16歳の小娘たちに言われるがまま車を走らせているんだろう。
そんなことを思っていた。



「えー?仕事?仕事なの?」携帯のそばで甲高いアニメ声がした。
石川が嬉しそうに運転席の後ろにやってきた。
こういう電話に、すぐ反応する。16歳だから人の恋愛に興味津々なんだろう。
まあ、かわいいもんだな、そういう風に思っていた。

「え?なに?女の子と一緒なの?ホントに仕事?」
それが聞こえたのだろう。彼女の怒りの声が電話越しに聞こえた。

「今からダーリンと温泉に行ってきまーす。チュッ。」
石川は携帯電話のそばで三人祭のポーズをした。
そしていたずらっぽく俺のほうをみた。

「温泉?もーいい、分かった。あんたなんか知らない。」
そういって彼女からの電話は切れてしまった。

なにが起こったかよく分からないで呆然としている俺をみて、
石川はクスッとわらい、後部座席に戻って後藤が包まっている毛布に潜り込んだ。
後藤とふたりでクスクスわらっている。

なんてことをしてくれるんだ、こいつは。
俺は怒りが込み上げてきたが、彼女たちに何もいえるわけはない。
ここで怒ったら、路頭に迷ってしまう。
そうしたら彼女にもホントに振られてしまうだろう。俺は車の運転に集中しようとした。





370 :名無し募集中。。。。:02/03/06 09:47 ID:ckclSNDz
「ねー、ふられたの?私のせいでふられた?」
後部座席で毛布に包まっていたはずの石川がいきなり俺の座席の後ろから耳元でささやく。運転に集中しようとしているのに、なんて奴だ。俺はそう思った。

「梨華ちゃん、聞くほうが野暮だよ。」
そういいながら後藤はまだ笑っていた。

「あー、振られちゃったかモナー。まあ、いいよ。」
おれは、できるだけ平静を装うことにした。

「へへ、石川って悪女でしょ。試してみたかったんだあ。」
石川は嬉しそうに黒目がちな瞳を輝かせていた。

なんてやつだ。ただ試したいだけで、俺たちの幸せを壊そうとしてやがる。
16歳の小娘に馬鹿にされているんだ。おれはかなり不機嫌だった。

「あ、なんか怖い顔してる。石川のせい?」
すこし顔にでてしまったのだろうか。ふとミラー越しに石川の顔をみる。
石川は悲しげな表情で俺をみる。黒目がちな瞳はうるうると光っている。
女の子らしい仕草がまたドキッとさせる。

なんてやつだ・・・。芸能人ってみんなこんなのなんだろうか・・・。
この表情で見つめられたら許すしかないだろう。

「いや、違うよ。気にしないで。今日は楽しく行こうね。」
俺はいい兄貴分を演じようと、そういった。

石川はまた嬉しそうな表情をすると、後ろに戻ってまた後藤と一緒に毛布に包まった。



371 :名無し募集中。。。。:02/03/06 09:48 ID:ckclSNDz
どれぐらい走ったのだろうか。後部座席は静かであった。
ミラー越しに見ると二人ともくっついて毛布に包まっている。
多忙な彼女たちである。きっと疲れているのだろう。
寝てしまったのか、そう思い、カーステの音量を少し下げた。

「う、うん・・・・。」
「ダメ、ごっちん・・・。声でちゃうよぅ・・・。あん・・・。」

音量を下げると、後ろから声が聞こえる。俺は耳を疑った。
そしてミラーをよく見た。横になって毛布に包まっている二人の下半身の
部分がもぞもぞと動いている。

「くっ・・・、ふっ・・・・。梨華ちゃん・・・。そこ気持ちいい・・・。」
「あん・・・。くっ・・・。ダメ、声でちゃう・・・。」

俺は胸の鼓動が速くなるのが分かった。
モーニング娘。の人気のある二人が車内でそんなことをしている。
毛布の中を想像するだけで、俺の下半身は硬くなってしまった。
思わず、もう一度ミラー越しに二人の顔を見る。
石川が切なそうな顔をしている。後藤も目をつぶりながら快感に身をゆだねて
いるようである。

「梨華ちゃん、あっ・・・。イキそう・・・。ああっ・・・。くっ・・・。」
後藤の体が少しのけぞる
「あん・・・、あん・・・。ダメェ、イッちゃう・・・。」
そして石川は後藤にしがみついた。

二人の荒い息の音がきこえた。どうやら、終ったようである。
俺の下半身はこれまでにないぐらい硬くなっていた。

しかし、何をするわけにもいかない。これは仕事なんだ。
無事この温泉旅行を遂行しなければならない。
俺はなにも見てないし、聞いていないんだ。
そう言い聞かせて、車を走らせ続けた。

どうやら二人は本当に眠ってしまったようである。
寝ている姿は普通の16歳の少女である。
やっぱり女性だけの世界にいると、こういうことをしてしまうのかと思っていた。
そう考えているうちに車は温泉旅館に到着した。


372 :名無し募集中。。。。:02/03/06 09:56 ID:npXr8N4j
彼女たちを起こして、旅館に入る。かなり古い造りである。
眠そうだった彼女たちははしゃいでいた。
「とうとう来たねー、ごっちん。」
「温泉どんなんだろ。楽しみ−。」
無邪気に笑う二人は普通の16歳の少女だった。俺もつれてきた甲斐があったというものだ。

しかし、俺は旅館の受付けで驚いた。彼女たちは俺の分の予約をしていなかった。
まあ、そこまで気がまわらなかったのだろう。しょうがない。
しかし、彼女たちはすでに俺のことなど気にせず、自分の部屋へ行ってしまった。
 そんなもんだ、芸能人なんて。
でも、とりあえず車で寝るなんて、せっかく温泉にきたのにもったいない。
そう思って、空いている部屋はないか旅館の中居さんに聞いた。
しかし、結構な値段がする。俺はとりあえず一番安い部屋をお願いした。

古い旅館である。俺の通された部屋は薄暗く、少しばかり汚かった。
しかしADは貧乏なもの。結婚も控えてるし、無駄遣いはできない。
そう思っていると、仲居さんがお茶を持ってきてくれた。



373 :名無し募集中。。。。:02/03/06 09:57 ID:npXr8N4j
そこには小柄で色白な女の子いた。年のころで言えば13、4歳。
モーニング娘。の加護にそっくりな女の子であった。
とりあえず夕食までには時間がある。少し彼女に話相手になってもらうことにした。

「おっちゃんは、テレビの仕事してるんか。ほんなら芸能人とかと会うの?」
彼女は関西弁を話していた。両親の離婚で母親が住み込みでココに働いているらしい。
彼女も家計に負担を掛けないように学校のないときは働いているとのことだ。

「ああ、それが仕事だからね。君はどんな芸能人が好きなの?」
おれは軽い気持ちでたずねた。

「そうやねー。モーニング娘。とかすきやなー。ほら、うちと同じ年ぐらいやん。
うちもあんなふうになれたらええなって思うねん。」
加護にそっくりな彼女は小さ目のつぶらな瞳を細めながら言った。

「そうかあ、じゃあいいこと教えてあげるよ。」
そういって、ここにモーニング娘。の後藤と石川が来ていることを教えた。
俺は苦労している彼女を少し不憫に思ったのかもしれない。
それに彼女たちは隠密で来ているのだが、こんな中学生ぐらいの女の子だったら
大丈夫だろうと思った。


374 :名無し募集中。。。。:02/03/06 09:59 ID:npXr8N4j

「ほんまに?ちょっとあとでいってみるわ。」
彼女は嬉しそうな顔をした。
しばらく話しているうちに彼女は大分俺に打ち解けていた。そして、彼女は自分の悩みを
俺に打ち明けた。

「なあ、おっちゃん。今度修学旅行があんねんけど、うちいかれへんねん。」
「え、どうしてだい?」
「いや、うち貧乏やから・・・。まあ、おっちゃんにいうてもしゃあないねんけどな。」
彼女は寂しげに笑った。

俺は彼女に同情したのだろう。思わずたずねた。
「いくらあったらいけるんだい?」
彼女はおどろいた。
「いや、ええねん。そんなん。今日会ったばかりのお客さんにそんなん・・・。」
「いいから言ってみなって。」
「3万円・・・。」彼女はうつむきながら行った。

俺は財布をみた。5万円ほどある。2万円残れば別に帰りも困らないだろう。
まあ、彼女には怒られるかもしれないが、加護似の彼女にいい思い出が出来るならいいか。
そんな風に思っていた。

俺は彼女にお金を渡そうとした。しかし彼女は頑なに受け取ろうとしなかった。
「遠慮しないでいいって。どうせおっちゃん無駄遣いするだけだし。」
そういって無理に渡そうとしていた。すると彼女は突然俺の股間をさわりだした。


375 :名無し募集中。。。。:02/03/06 10:00 ID:npXr8N4j
「ど、どうしたの。」
「ただで、お金もらうのわるいやろ。男の人ってココ触ったらきもちいいんやろ。
うち、しってんねん。よく番頭さんにしてあげておこずかいもらうねん。」
彼女はニコッと笑いながら言った。俺はそんな彼女の境遇を不憫に思いながらも、
中学生とは思えないなれた手つきに下半身が次第に硬くなるのがわかった。

「うち、おっちゃんのことなんか好きになったみたいやし、あんま気にせんといて。」
そういって彼女は微笑むと、俺の熱く硬くなった棒をとりだして、おもむろにくわえ込んだ。

「うう・・・。」俺は思わずうなった。
小柄な口を大きく開けて俺の棒をくわえ込む。
口が小さいのか強い刺激を亀頭に感じる。
熱く、ヌメッとした感触が伝わる。
そして、舌を硬くしながら、亀頭の周りに絡めるように舐める。
下半身に快感が徐々に押し寄せるのが分かる。
じゅぷっ、じゅぷっ、といやらしい音が寂れた和室に響く。


376 :名無し募集中。。。。:02/03/06 10:06 ID:3+cocWt1
「あ、ダメだよ。」俺は声にならない声をあげた。
加護似のその子は黒目がちなつぶらな瞳を上目づかいにして、俺を見ながら、
動きを早くした。片手は竿をつよくしごいている。

どんどん自分のものが硬くなっていくのが分かる。
大きくなればなるほど、舌の動きを敏感に感じる。
亀頭の周りがしびれてくる。少し彼女は苦しそうな表情で俺をみた。

俺の下半身に快感の塊がおしよせる。
「あ、イキそう。離して。」俺は叫んだ。
「大丈夫・・・。そのままだしてええよ。」
しかし加護似のその子は眉間にしわをよせ、苦しそうな表情で言う。
そしてさらに激しく口を上下させる。

快感の塊は俺の下半身から竿へとつたわり、彼女の口の中へと爆発した。
ずぴゅっ、ずぴゅっと何度も快感が波打つ。
「ぐっ・・・、けふっ・・・、ごふっ・・・。」
彼女はむせながらも亀頭をくわえ込んだまま舌を動かす。
小さな目には少しだけ涙が溜まる。

快感の余韻が亀頭につたわる。
快感の波はしばらくつづいた。かなりの量がでただろう。
それがおさまるころ、彼女はやっと亀頭から口をはなした。

「うっ・・・。ごくっ・・・。」
彼女は少しだけ白濁した液を唇から溢れさせながら、
苦しげな表情をして、口に溜まったものをのみこんだ。

俺は放心状態だった。彼女はティッシュで口の周りをふくと、
小さくお辞儀をして、部屋を出て行った。



377 :名無し募集中。。。。:02/03/06 10:07 ID:3+cocWt1
「ねえ、ごっちん、ちゃんと撮れた?」
「うん、ばっちし。ほら、みて。」
石川と後藤は俺の部屋のまえにきていた。
二人の手には数枚のポラロイドがあった。
そこには俺が加護の仲居いお金をわたしているところ、
そして彼女が俺の棒を咥えているのがはっきりうつっていた。
「これって淫行だよねえ。」後藤はニヤニヤと笑っていた。
「そうだよねー。わるいやつだよねー。それに私たちがここに泊まってるって
ことも言ってたし。」石川も甲高い声を押さえながら笑っている。

「ちょっとこらしめたやろうか、この二人とも。」後藤はニヤリと笑い、石川を見た。
「ごっちんもわるよのうー。」少しふざけたフリをして石川も笑い、後藤に腕をからませた。



378 :名無し募集中。。。:02/03/06 10:09 ID:RwDzRIsU
がんがれ・・・読者はおるぞ

379 :名無し募集中。。。:02/03/06 10:16 ID:s3OTFP4l
がんがれ、ここにもいるぞ、ただ石川は17歳だろ?

380 :名無し募集中。。。。:02/03/06 11:05 ID:Rt172KT1
俺はしばらく部屋で呆然としていた。
そしてあの子の境遇、手馴れた手つきを思い出していた。
同じ13、4歳の子なのに、かたやアイドルとして脚光をあび、
充実した生活を送っている。もう一方は、薄暗い旅館で身を粉にして働き、
そして、番頭やお客の性の玩具となっている。でも彼女はモーニング娘。に
自分を投影して頑張っているのかもしれない。
俺は柄にもなく、そんなことをかんがえていた。

気が付くと食事の時間になっていた。俺のところには質素な和風料理が
並んでいた。きっと彼女たちは豪華な船盛りでも食べてるんだろうなんてことを
考えながら食べていた。

食事はあっというまに済んでしまった。やることのない俺は、温泉でもつかりに
行こうと思い、浴衣に着替えて部屋を出た。


俺の部屋からずっと歩いていくと、豪華な客室が並んだ一角があった。
ここに彼女たちは泊まっているはずだ。やはりちがうなあ、と思っていた。
廊下の中ほどまで進むと、女性の悲鳴らしい声が聞こえてきた。


381 :名無し募集中。。。。:02/03/06 11:07 ID:Rt172KT1
「いややー!」
また悲鳴が聞こえた。
周りをみわたすが、だれもお客がいないようである。
仲居さんも用がない限りすこしはなれたこの一角には来ないみたいである。

悲鳴が再度きこえる。
俺は意を決して声のする部屋のふすまをあけた。
するとそこには信じられない光景があった。


382 :名無し募集中。。。。:02/03/06 11:08 ID:Rt172KT1
ふすまをあけると、そこには先ほどの女の子が
着物をはだけて横たわっていた。そして石川が脚をおさえている。
後藤はポラロイドでその姿を撮っている。
そう、ココはモーニング娘。の石川と後藤が泊まっている部屋だった。

俺は分からなかった。なんで石川と後藤がこんなことをしているのか。
見てはいけないものを見てしまった気がした。

「あ、おっちゃん、た、たすけて・・・。」
加護似の少女が俺をみつけて、懇願する目をする。
下半身は剥き出しにされ、石川の手がそれをまさぐっている。

「あ・・・、あうっ・・・。いやや・・・、いやー!」
はだけた胸元から、真っ白な、体の割に大きめの乳房がみえている。
体をそらすたびにそれがゆれる。
石川は執拗に下半身を触りつづけている。その表情は恍惚としており、
その黒目がちな瞳の奥には異様な光を感じた。

「おい、扉閉めて、入りなよ。」後藤が俺にきづいた。
俺はいわれるがまま部屋に入った。
中には豪華な食事が半分ぐらい手をつけられていない状態で置かれていた。

「な、なにしてるんですか?」おれは思わず尋ねた。
「えー?ちょっとおしおき。」後藤は顔色を変えずに答えた。
そんな会話をしている間にも、石川は加護似の少女の下半身を責めつづける。

「あっ・・・、くふっ・・・。いやや、おねえちゃん、やめてえな。」
「うふふ・・・。ダメよぅ。あなたわるいことしたんだからねぇ。」
石川は恍惚とした表情を変えないまま答える。

少女の下半身の奥は光っていた。そして、石川の指も天井の照明が反射して
ヌラヌラと光っている。
部屋には、加護似の少女から発せられる、女性独特の臭気が充満している。
俺はそれを嗅いで脳天がクラクラとした。
そしてその異様な雰囲気に驚きながらも下半身が熱くなってくるのがわかった。


383 :名無し募集中。。。。:02/03/06 11:10 ID:Rt172KT1
「あっ・・・、ううっ・・・。おっちゃん・・・。」
小さな瞳には涙が溜まっている。快感なのか苦痛なのかは分からないが、
苦しげな表情で俺をみる。それをみて、俺は理性が少し戻った。

「石川さん、後藤さん、嫌がってるしやめたほうがいいんじゃないですか?」
「はあ?なにいってんの?あんたのせいだよ。」後藤がおもむろにポラロイドを取り出す。
そこには俺と、いま石川に弄ばれている、加護似の少女との姿が映っていた。

俺はあせった。こいつら、なんてことするんだ。怒りが込み上げていた。
「これって、淫行だよねぇ。会社に言ったらどうなるのかなぁ?」
後藤がへラヘラと笑いながら俺に尋ねる。
「ご、後藤さん・・・。」俺は答えに困っていた。
おれはそんなつもりはなかったんだ、と言い訳しても世間は信用してくれないだろう。
それにモーニング娘。の人気メンバーが言うのである。どちらを信用してくれるかは
自明の理だ。

「痛いっ・・・。おねえちゃん、指いれんといて!」
沈黙を破って、加護似の少女は急に叫んだ。
「うふふ、もしかして、シタことないの?」
石川の表情が嬉しそうになる。
まるで新しいおもちゃを与えられた子供のように。


384 :名無し募集中。。。。:02/03/06 11:12 ID:Rt172KT1

俺はその表情をみて背筋が寒くなった。いったいどうして彼女にココまでするのだろう。
「別にその子は悪くないです。俺が悪いんです。すみません。」
俺はとりあえず謝った。
「えー、そんなことないよぉ。だって私たち、隠密で来てるのに、
わざわざサイン下さいって来たんだよ。普通だったらそっとしておいてくれるのが
仲居さんてもんじゃないのぉ?」
石川は少女の下半身から指を抜いて、俺に向かって言った。

俺がその子に言ったからだ・・・。俺は後悔した。

「援助交際させるような子だもんね。そんな悪い子にはおしおきしなきゃね。」
後藤がつづける。

「いや、でも・・・。」
俺はなんとか彼女を解放してあげたいと思った。
しかしその思いも後藤の一言で崩れ去った。

「まあ、あんたも同罪だよね。いや、もっとひどいかも。この写真どうしようかなあ。」
俺は何もいえなかった。石川はまだ執拗に攻めつづけている。
「ううっ・・・。おっちゃん・・・。たすけて・・・。」
加護似の少女は眉間にしわを寄せて俺のほうをみる。
俺にはどうしようもなかった。


385 :名無し募集中。。。。:02/03/06 11:14 ID:Rt172KT1
「ごっちん、じゃあ、こうしようよぅ。」
石川が微笑みながら後藤に向かっていった。
「この子どうやら処女らしいしぃ。こいつに処女うばってもらおうよぅ。」
石川の眼の奥の怪しい光はさらに輝きを増している。
「え?」後藤は少しおどろいた。
「なにごっちん、びびってんのよぅ。おもしろいじゃん。」
石川はもう誰にもとめられないような表情で後藤に言った。
「あ・・・、うん。」後藤は石川のその異様な雰囲気に飲まれるように頷いた。

俺は加護似の少女の顔をみた。恐怖におびえたように小さく首をふっている。
体が震えている。しかし、なぜかおれの下半身は硬く熱くなっていた。

「はやくしてよぅ。温泉は入れないじゃない。」石川は俺を手招きする。
俺はもう彼女たちの言いなりなるしかなかった。
あの写真を公開されたら、おれの人生は終わりだ。犯罪者として一生過ごさなければならない。
16歳の少女たちの手のひらに俺の人生はあるんだ・・・。


386 :名無し募集中。。。:02/03/06 11:40 ID:mSWD8Yq0
(;´Д`)ハァハァ

387 :名無し募集中。。。。:02/03/06 11:58 ID:TQWBhGvU
俺はふらふらとその少女の両足の間に体を入れた。
脳はすでに機能していなかった。もう何も考えられない。
石川と後藤、この二人の言いなりになるしかないんだ。そう思った。
しかし、下半身はそのおびえる少女をみてますます硬くなっていった。
心の中のサディストな一面が、石川の異様な雰囲気によって引きずり出されたのだろうか。

すでに加護似の少女の下半身はベトベトになっていた。俺は大きく怒張した棒を浴衣から出すと、少女の熱く、濡れぼそった割れ目へとあてがった。


388 :名無し募集中。。。。:02/03/06 11:58 ID:TQWBhGvU
「お、おっちゃん・・・。いやや・・・、いややよぅ・・・。」
加護似の少女は震えた声で懇願する。しかしやめるわけには行かなかった。
おれは、これ以上なく怒張した棒に手を添え、腰に力をいれ、前へと突き出だした。
入り口で熱い感触がつたわる。そしてすぐ固い抵抗を亀頭に感じた。

「いやーっ!痛いっ!痛いよう!あーっ・・・・。」
少女は苦痛に顔をゆがめながら必死に首を振る。

「ほらぁ、いたがってるよぉ。はやく貫通させてあげないとぉ。」
石川がいつもの声でいたずらっぽくいう。
目は面白い動物を見つけたようなひかり方をしている。
俺は少女の痛みに耐えてる姿をみた。下半身が早くおくまで突けと命令している。
もう、考える余裕などなかった。

俺は少女の下半身へ腰を沈めた。亀頭に強い衝撃が加わる。
その後、プチッとした感触を感じた後、
ヌルッと、一気に俺の熱く硬くなった棒は少女の割れ目の中心部へ入っていった。

「ああーっ!痛いっ!ううっ・・・。」
加護似の少女は叫んだ後ぐったりとした。
亀頭に伝わる刺激はものすごく強い。
処女であることのほかに、小柄な体格が影響しているのだろう。
俺はがむしゃらに腰を振った。

「ううっ・・・。くっ・・・。くふっ・・・。くふっ・・・。」
腰の動きに合わせて、苦痛のためか嗚咽が漏れる。
少女の目は閉じられていた。俺を見ようともしない。目からは涙が流れている。
大き目の白い胸が、少女のあどけない顔とは対照的に大きくゆれる。

亀頭に伝わる熱い感触と締め付けられる感触が下半身から脳につたわって、
俺の腰にもっとはやく、もっとはやくとせかしている。
浅めの加護似の少女の秘部は熱く、そして血か愛液か分からないぐらいグショグショに
なっていた。


389 :名無し募集中。。。。:02/03/06 11:59 ID:TQWBhGvU
「すごぉい。ごっちん、みて。血が出てるよぉ。処女だったんだ、やっぱり。」
石川はうっとりとした表情で、俺の棒が出入りしているところを眺める。
後藤はちらりとそれを見たが、すぐに目をそむけた。

先ほどよりも強い快感が下半身の奥から湧き上がってくる。
「あ、イクよ。」俺はそういって外に出す準備をした。

「だめぇ。中に出すの!」石川が強い口調で言う。
「ええ?」
「この子にはね、お仕置きが必要なの。中で出してあげてっ!」
石川の表情は何かに取り付かれたようになっていた。
「いや、それは。」
おれは押し寄せる快感をこらえながら言った。
石川はいたずらっぽく笑いながら、先ほどのポラロイドを目の前にヒラヒラと見せる。
俺はなにも反論できなかった。

「じゃあ、中で出したらそれ、返してもらえますか?」
おれは真剣な表情で石川に向かって言う。

石川は後藤のほうをみる。後藤はまあ、いいんじゃないって表情をした。
「いいよ。」石川はそういってまた少女の秘部をながめた。

「おっちゃん・・・。いやや・・・。かんにんして・・・。」
少女はそれを聞いて涙を流した目で俺に訴えてきた。
しかし俺は腰を動かすスピードをあげる。


390 :名無し募集中。。。。:02/03/06 12:01 ID:TQWBhGvU
加護似の少女の表情が恐怖に変わる。
「ううっ・・・。いやあ・・・。おっちゃん・・・。子供できたらいやや・・・。おねがい・・・。」
小さなつぶらな瞳で俺をみる。しかしもう俺には何もできない。
この子の人生もまた、16歳の少女たちによって弄ばれているんだ。

俺は少女から目をそらし、小さくゴメンっとつぶやいた。

それを聞いた少女は悲しげに俺を見て体の力を抜いた。
快感の波がまた下半身に押し寄せる。少女の内部の襞が俺の亀頭を吸い込むように動いている。
そして、その波が俺の下半身全体から怒張した血まみれの棒に集中した。

「うっ・・・。」

ずぴゅっ、ずぴゅっ、ずぴゅっ。そんな音が部屋に響いた気がした。
俺は先ほど出したのとは思えないぐらいの白濁液を加護似の少女の中に放出した。
何回快感が波打ったのか、俺にもよく分からなかった。
少女は中に熱いものを感じた瞬間、悲しげな表情をした。

「すごーい。アソコがビクン、ビクンってしたんだ。あ、白いの出てきた。」
石川が嬉しそうに言う。
後藤はまたそれをちらりとみて目をそむける。

俺は加護似の少女から少し小さくなった棒をぬく。
コプッとした音を立てて、少女のなかに放出された白濁液が、割れ目から滴り落ちる。

「血とまじってなんかピンク色だね。わたしピンクすきなんだあ。」
その目は幼い子供がアリをみつけて、夢中で脚をもぎ取っているときのような雰囲気だった。

「ねえ、梨華ちゃん、もういいんじゃない。温泉はいろうよ。」
後藤が石川にむかっていう。
「えー?そう?じゃあ、ごっちんがいうなら。」石川はもう少し見ていたかった様子であったが、しかたなく、立ち上がった。
「はい、ポラロイド。もう、わるいことしたらだめだよ。」
後藤がまだ呆然としている俺と少女に向かって、ポラロイドを投げつけた。

「行こう、梨華ちゃん。」
二人は部屋を出て行った。


391 :名無し募集中。。。 :02/03/06 12:16 ID:WOXe2x1T
(;´Д`)ハァハァ

392 :名無し募集中。。。:02/03/06 12:35 ID:COaVZIIP
後藤はともかく、ここでの石川はまるで悪魔の様だ・・・

393 :名無し募集中。。。。:02/03/06 12:49 ID:I4tv3aE5
>>392
いや、多分今日の夜書く人たちは、若い人だろうし、
甘い系なやつ書く雰囲気だったから。

黒石川、黒ゴマにして、ちょっとドロドロしたのにしてみた。
そんで、主人公の年齢を20代後半にしてみた。
ちょっと痛くて萌えられんかもしれないなー。
まあ、後で完結させるから、宜しくね。

394 :名無し募集中。。。。:02/03/06 14:03 ID:fY3iAOZy
俺は頭が真っ白になっていた。性行為が終った後の独特のけだるい疲労感と、
いままでこの場所で行われていた、現実とは思えない出来事が
俺の思考回路を止めていた。

どれぐらい時間が経っただろう。加護似の少女ははだけた着物を自分で直し、
散らかった部屋を片付け始めた。そして料理のお膳をさげていた。

「す、すまない・・・。」俺は彼女に謝った。とりあえず、何を言っていいか分からなかった。
「いえ、いいんです。」少女は俺とは目をあわせようとせずに、黙々と部屋を片付けていた。

俺はどうしたらいいか分からなかった。
とりあえず、こんなことをしてしまった責任は、社会人としてとらねばならない。
そう思っていた。

「これ、俺の名刺。別に君がどこで、何を言っても構わない。もう覚悟はできてるから。」
俺は精一杯の強がりだったかもしれない。しかしこういわずにはいられなかった。
加護似の少女は名刺をうけとった。


395 :名無し募集中。。。。:02/03/06 14:04 ID:fY3iAOZy
「うちは今日のことだれにもいわへん。おっちゃんも、モーニング娘。
のおねえちゃんもお客さんやし。うちがいったところでどうにもならへんねん。」
彼女はそういってうつむいた。ポタッポタッと涙が床に落ちる。

俺が引き止めて話し相手になってもらわなければ・・・。いまさらながらに後悔していた。
「とりあえず、なにかあったら連絡してほしい。遠慮せずに。」

「わかった。おっちゃん。気にせんといて。こんなもんやねんから、うちの人生。
モーニング娘。みたいな子らとは違うねん。住む世界が。」
少女は涙を拭いた。

「はよ、いってえなあ。いまから布団引くねん。じゃまやねん。
あとでおっちゃんのとこも引いといたるから。」
そういって少女は少しだけ微笑んだ。

俺は胸が締め付けられる思いで部屋をでた。



396 :名無し募集中。。。。:02/03/06 14:05 ID:fY3iAOZy
俺は自分の部屋に戻った。
全身に疲労感が漂う。手元には石川と後藤が撮ったポラロイドがあった。
俺はそれを灰皿に入れ燃やした。
あたりにはプラスティックが燃える独特の臭いがした。

それをかぎながら俺は思った。
ひどい、ひどすぎる。16歳の少女のあまりにもひどい仕打ち。
しかし、彼女たちには悪気はないのだろう。
それにモーニング娘。の人気メンバーだ。
怒ったところで俺には何も出来ないのだ。

やるせない疲労感が俺を包む。

「温泉に入るか・・・。」
おれは温泉旅館に来て温泉に入っていないことに気づいた。
石川と後藤の部屋の前を通ったのも温泉に入るためだった。

俺はもう一度温泉へと向かった。


397 :名無し募集中。。。。:02/03/06 14:06 ID:fY3iAOZy
この旅館の自慢の露天風呂らしい。露天風呂自体はかなり広く、
湯煙で奥までは見えない。おれは風呂の一番奥で湯船に使っていた。

体が筋肉痛を起こしているのだろうか。あちこちが痛い。
温泉が俺の体を癒してくれる。このまま心まで癒してくれないだろうか。
そんなことを考えていた。

ガラッという音がして、二人の女性の姿が湯煙の向こうで動いている。
そうか、ココは混浴だったのか。俺はまずいなと思った。しかし、
今から出ても女性二人に見られてしまう。相手に気を使わせるのも悪いだろう。
そう思って俺は彼女たちが出るまで湯船の隅でじっとしておこうと決めた。
「ふふふ、ごっちんの太ももすごい綺麗。ウエストもくびれてて。胸なんかおおきいよねぇ。」
「あ、梨華ちゃん。だめだよ、そんなところ触っちゃ。また濡れちゃうよ。」
「いやぁん。そんなこといわないでぇ。」
「梨華ちゃんもスタイルいいじゃん。胸なんか私より大きいよ。」

どこかで聞いた声だ。ふと我に返る。二人は石川と後藤であることに俺は気づいた。

石川と後藤は湯船い腰を掛けているようだ。脚は湯船につけている。
後藤の裸体は白く、胸はツンと上を向いていて、ピンク色の小ぶりな乳輪が華奢な体に
合っている。
石川もやや色は浅黒いが、後藤より一回りは大きい乳房を、
まるで見せ付けるかのように背筋をピンと伸ばしていた。


398 :名無し募集中。。。。:02/03/06 14:07 ID:fY3iAOZy
そう思うといきなり石川が湯船につかり、座っている後藤の股間に顔を近づけた。

「う・・・、うん・・・。あ・・・、梨華ちゃん・・・。そこ・・・・。」
後藤は切なく鼻を鳴らしながらあえいでいる。
石川の腰が湯船に浮かんだり沈んだりしている。股間には彼女の手がもぞもぞと動いている。
「ねえ、ごっちん・・・、きもちいい?あん・・・。あたしのもさわってよぉ。」
石川がアニメ声で甘えた声をだす。

「じゃあ、部屋に戻ろうよ。」後藤はそういって立ち上がる。
「あん・・・。お部屋でするのぉ?」石川は湯船から出た。

「やっぱ女の子同士が一番だもんね。」後藤が石川に言う。
「えー?男の人も結構いいもんだよ。」石川が不思議そうに言う。
「今日だってさ、AD。私たちの言いなりだったじゃん。男なんて大体権力に弱いんだよね。
おどおどした表情とか面白かったよね。」
「面白かった−。でも結構いい物持ってたよね、あいつ。」
「えー、キショッ。そういえば梨華ちゃん、一生懸命見てたよねえ。気持ち悪くないの?」
「全然。というか、すごい興奮したー。でもあの子ホントに処女だったよね。」
「まあ、ああいう、男に媚びうったり、体売ったりする子はやられちゃったほうがいいのよ。」
「そうだよねー。なんか貧乏くさかったよね。やだやだ。」
「あんな子はあの貧乏ADがお似合いなのよ。うちらのファンだなんてねー。
まあ矢口さんも言ってたキモヲタよりましだけど。」

二人はそんなことを話しながら脱衣場で浴衣に着替えていた。二人の声は結構大きく、
それは俺にも充分聞こえていた。俺は怒りを押さえることがどうしても出来なかった。
俺は気づいた。後藤が俺たちのほうを見なかったのはただ、男のモノが嫌いだったからだ。
決して俺たちに気を使っていたわけじゃない。だいたい写真をとっていたのは後藤だ。
おれは頭に血が上って湯船から出て、脱衣場のドアをあけた。


399 :名無し募集中。。。。:02/03/06 14:08 ID:fY3iAOZy
「な、なに?」後藤はおれを見て驚いた。
俺は後藤を脱衣場の床に押し倒した。

「あんた、こんなことしたらどうなるかわかってるでしょ?」
後藤は冷めた目で俺をみた。
「うるさい。おまえに、あの子の気持ちがわかるか!」
俺は感情の赴くままに浴衣をはぎとる。もうどうなっても良かった。
後藤の白く形のいい胸が目の前に現れる。それが俺の肉棒を熱く、硬くした。

「なにそれ?本気?」後藤の表情にあせりが見え始める。
俺は後藤の下半身に手を伸ばした。
そこはすでに先ほどの石川との情事ですでにグッショリとぬれていた。
「ちょっと、さわらないで!梨華ちゃん。たすけて!」後藤の声が大きくなる。
俺は石川のほうをみる。どうやら腰を抜かしているようだ。震えながら俺を見ている。

俺はすでに濡れている後藤の割れ目に大きくなった肉棒の先端をあてがった。
後藤の表情が青ざめる。なにか先ほどの光景を見ている気がした。
「い、いやっ・・・。やめてっ・・・。」後藤は必死に抵抗した。
しかし男の力にかなうわけはない。
俺は少しだけ大きめな突起を肉棒で刺激した後、
下半身に力を入れ肉棒を後藤の中心へとつきたてた。


400 :名無し募集中。。。。:02/03/06 14:09 ID:fY3iAOZy
強い抵抗が俺の亀頭に伝わった。それに負けまいと俺はさらに強く腰を押し付けた。
前と同じようにプチッと言う音がして、俺の肉棒は後藤の中心の中へズズッと入っていった。

「うぐっ・・・。くっ・・・。」後藤は苦しげな表情をした。
俺はがむしゃらに腰を動かした。後藤の中はかなりきつい。襞の上がざらざらして亀頭に強い刺激を感じる。快感が俺の亀頭のなかをぐるぐるまわり、それが脳まで届いていく。

おれは頭の中が真っ白のままだった。

「うう・・・・。ひっく・・・・。うくっ・・・。ひっく・・・。」
ふときづくと、後藤が俺の胸の下で泣いていた。泣いていたというより、
泣きじゃくるといったほうが良かったかもしれない。俺はふと自分の分身が入っている後藤の秘部を見た。

そこにあったものは・・・、鮮血だった。

先ほどの加護似の少女との情事の時に決して結合部を見なかったこと。
テレビなどでみせる、体毛などの男性をイメージするものに対する嫌悪感。
そして、挿入時の抵抗感。そして鮮血。

「処女か・・・。」俺はおどろいき、そして思わずつぶやいた。

後藤ははっと我に返った。そして涙を拭いて俺の目を見据えた。
「処女じゃない、処女じゃないもん。私は後藤真希だよ。そんなわけない。」
後藤のこの状況でも自分のイメージを壊したくなかったのだろうか。
そして、吐き捨てるように後藤は言った。
「早く逝っちゃいなさいよ。気持ちいいんでしょ。」

俺は無言で腰を振った。処女なのに処女じゃないふりをする後藤真希。
やはり、彼女には勝てない気がした。

肩越しにしなやかな女性の腕の感触を感じる。
驚いて俺が振り返ると、浴衣を自ら脱いで上目遣いに俺を見る石川がいた。


401 :名無し募集中。。。:02/03/06 14:34 ID:Pwa2EC+H


              (;´Д`)
  


402 :石川信者:02/03/06 14:48 ID:NADDio6H
続きを…ハァハァ

403 :名無し募集中。。。。:02/03/06 15:00 ID:r5kQsK2f
「ねえ、すごいねぇ。もう2回も出してるのに・・・。おっきぃ。」
俺は石川の瞳に先ほど少女と俺の情事を見ていた、あのときの光をみた。
石川は床にひざまづいて俺に懇願する。
「ねえ、もうごっちんはいいよぅ。あとで私がしてあげるからぁ。ねえ、わたしとしよぉ。」
いつもの高い声で甘えてくる。その声は男をとろけさせる魔力があるようだ。
俺は石川をもう一度みる。石川はその大きな胸とくびれたウエストをくねらせ、
しなやかな動きをする腕を俺の肩に絡み付けてきた。

「ね?ごっちんより、私のほうがきもちいいって・・・。」
うるんだ黒目がちな瞳で俺を見つめた。石川の妖艶な雰囲気に飲み込まれるように俺は
怒張していた肉棒を後藤の中から抜いた。石川はそれを見て嬉しそうな笑顔で俺を押し倒し、
まだ、後藤の血でベトベトになっている、俺の肉棒を、しなやかな指でつかみ、
熱い液体が滴り落ちる自分の中心へとあてがった。

熱い、そして、ものすごく強烈な刺激が俺の亀頭を包んだ。石川はゆっくりと腰を静め、
肉棒を奥までくわえこんだ。石川の内部は今まで経験したことのないぐらい、
いやらしい動きをしていた。それは彼女の天性のものかもしれない。
俺はまるで自分のものが彼女の秘部によって食べられてしまうのではないかと感じた。

石川はゆっくりと腰を前後に動かす。その柔らかな腰使いは、内部の生き物のような動き
とあいまって俺の亀頭だけでなく、肉棒全体に強烈な快感を与える。
石川は腰の動きをはやめる。
「あん・・・。あん・・・。いいよぅ・・・。きもちいいいよう・・・。」
甲高く、かわいらしい声をあげる。そして何かに取り付かれたように腰を振る。
まるで、ザ☆ピースのソロのダンスの時の腰の動きのようだった。
俺は上を見上げた。石川は恍惚の表情をしていた。
形のいい、後藤より一回り大きめな胸が目の前でゆれている。
浅黒い肌は汗でじっとりとぬれ、光を反射して輝いている。腰からしたが、まるで
違う生き物のように激しく動いている。

「ああん・・・、あん、あん、うんっ・・・。はぁっ・・・、はぁっ・・・。」
甲高い声が吐息といっしょにもれてくる。ものすごく強い快感が押し寄せる。
まるで肉棒が取れてしまうかもしれない。そんな気がする。


404 :名無し募集中。。。。:02/03/06 15:01 ID:r5kQsK2f
突然、俺の顔の前に後藤の下半身が現れる。
「ねえ、あんたのせいで汚れちゃったの。舐めてきちんときれいにしてよ。」
後藤はそういいながら、自分の秘部を俺の口元へ押し付けた。

血なまぐさい臭いがする。俺は血のついた後藤の割れ目を舐めとるようにして下を這わせる。
鉄さびの味が口の中に広がった。
「うっ・・・、くふっ・・・。」後藤が少し嗚咽をもらす。
俺は後藤の少し大きめの突起を口に含み、それを吸い上げながら舌で刺激した。
「あっ・・・、うっ・・・。くふ・・・。」後藤の腰が舌の動きに合わせ、ピクッ、ピクッと動く。俺は両手で後藤の腰をしっかり押さえて、刺激を続けた。
「くっ・・・。いいっ・・・。もっと強く・・・。強く吸って!」後藤は叫んだ。
俺は負けないように固く尖らせた舌で後藤の突起を強く吸い上げながらしげきする。

「ああっ・・・、うっ・・・、あうっ・・・・。ああっ・・・。」後藤の声が大きくなる。
「あん・・・、はぁん・・・。あっ・・・、あっ・・・。」石川のアニメのような喘ぎ声も激しくなっていく。

俺は強い快感を下半身に感じていた。その塊はすでに爆発寸前であった。
「い、いくっ・・・。」後藤の腰が痙攣する。そのまま前に倒れこんだ。


405 :名無し募集中。。。。:02/03/06 15:02 ID:r5kQsK2f
再び視界の開けた起き上がり、俺は石川を正常位に押し倒して、挿入する。
これ以上あの激しい腰の動きをされたら、もう逝ってしまいそうだった。
しかし、正常位だからといってその動きが衰えることはなかった。
俺が挿入するリズムにあわせて石川は、そのやわらかく、そして大きく動く腰を
少し浮かして、おれの下半身にぶつけるように動かしていく。
その動きは動物的で本能的に動いているように思えた。

俺はもう押し寄せる快感を我慢することが出来なかった。
肉棒全体に押し寄せていた快感は一度根元に集められ、その後大きく肉棒全体に爆発した。
「あん・・・、あん・・・。あっ・・・、あたってるぅ・・・。」
石川は甲高い声をあげる。
俺は石川の中に白濁液を放出した。石川の内部はそれを飲み込むように、ピクピクとうごいている。
まとわりつく刺激が亀頭全体を快感の海へといざなう。
石川は、その細くしなやかな腕を肩にからめて、俺の唇に長いキスをした。

ことが終ると俺をおいて、後藤と石川は自分の部屋へと去っていった。
俺はもう一度温泉に入り、体をあらってから、自分の部屋へと戻った。



406 :名無し募集中。。。。:02/03/06 15:04 ID:r5kQsK2f
部屋にはすでに加護似の少女が引いてくれた布団があった。
おれはその上に横になった。
ふと見るとかわいらしい、いかにも中学生という文字で書かれた手紙があった。

おっちゃんへ。

今日のことほんまにきにせんといてな。
ちょっとこわかったけど、おっちゃん優しい人やし、
うちもいつかはこういう日がくるんやし、
その相手がおっちゃんでよかったとおもうてるよ。
会ったときにもいったけど、うちなんかおっちゃんのこと好きみたいやし。
また、あえたらええね。
それじゃあね。

俺は少女の強さに驚いた。

俺はいったいどうなんだろう。
世間や上司の目を気にする、女々しいやつじゃないか。
そして、結局自分の欲望にまけて、女性たちを傷つけている。
なんてやつなんだ・・・。



407 :名無し募集中。。。。:02/03/06 15:05 ID:r5kQsK2f
翌朝
チェックインを済ませた石川と後藤がワゴン車に乗り込む。
彼女たちは疲れた様子であった。それはそうだろう。ただでさえ多忙なのに、
こんなことをした次の日である。
帰り道の間中、彼女たちは後部座席で二人で毛布に包まって眠っていた。
俺も眠気と疲労感と戦いながら、家路を急いだ。

石川のマンションに無事到着する。彼女たちは荷物を抱えて後部座席を降りる。
「大丈夫。何も言わないから、心配しないで。」
後藤は降り際におれにいった。
少し遅れて石川が降りる。

「きもちよかったよ。」語尾にハートマークがつくような口調で、
石川は、クスッとわらいながら耳元でささやいた。

二人は軽く俺に手をふるとマンションの中に消えていった。
それをみとどけたあと、俺は複雑な気持ちで自分の家へと向かった。


408 :名無し募集中。。。。:02/03/06 15:08 ID:r5kQsK2f
よっしゃ。あとはエンディングだけだ。
どうでもいいけど、連続投稿規制はつらいね。


409 :名無し募集中。。。。:02/03/06 15:30 ID:irzIed+G
数日後、俺の気分は重かった。なにせ、あの現実とは思えない
温泉旅行以来初めて彼女たちに会うのだから。
しかし、仕事だから仕方がない。俺は朝早くから、スタジオ入りしていた。

忙しいセッティング作業に気を紛らわせていたとき、彼女たちの声がした。

「おはようございまーす!」
モーニング娘。13人。いつもどおりの元気な声だった。

石川と後藤は一番最後に入ってきた。俺は彼女たちに目を合わせる勇気がなかった。
俺はもうほとんど終っている作業に没頭している振りをしていた。
今日は朝1番に歌収録。新曲そうだ!We're Aliveが収録だった。

キュー出しとともに歌が始まる。
俺は舞台を眺めていた。石川の「カモーンナ!」という声がスタジオ一杯に響く。

加護亜依のソロがくる。少し憂鬱そうな表情が、温泉のあの少女に重なる。
彼女ももしかしたら不幸な過去をもっているのだろうか。そんなことを考える。

後藤は、俺の胸の下で泣きじゃくっていた後藤は、天性の歌唱力でソロパートを
しっかり歌いきっていた。あのときの怯えた表情はどこにもない。

石川は、浴衣を脱ぎ捨てて俺にひざまずき肉棒を懇願した石川は、
しなやかなで張りのあるダンスを見せていた。腰の動きがあの日を思い出させる。
しかし、その表情はあの日の妖艶なものではなく、アイドルの見せる、
さわやかな笑顔であった。



410 :名無し募集中。。。。:02/03/06 15:31 ID:irzIed+G
彼女たちは強い。いや、女性は強いといったほうがいいのだろうか。
彼女たちはプロだ。それにくらべて、俺は・・・。まだ気にしている。
なんてちっぽけなやつなんだ。

歌が終わってもしばらく俺は呆然としていた。
チーフディレクターが俺のほうに来て何か言っている。それに気づいたのは
しばらくしてからであった。

「おい、何ボーっとしてんだ。そんなことより、温泉旅行は無事だったんだろうな。」
ああ、こいつも俺と一緒だ。権力におびえている。男って弱い生き物だ。
そんなことを考えていた。
「あ、はい。大丈夫です。無事滞りなく遂行しました。」
俺は答えた。
「そうか、ならいいんだ。ならいい。お勤めご苦労。」
そういって彼は去っていった。

いったん楽屋に捌ける娘。たちを俺は見送った。後藤も、
石川も、一度もこちらを振り向くことなく、楽屋へ戻っていった。


16歳の少女、彼女たちの強さ、そして貪欲さに俺は驚いた。
そして自分の小ささを気づかさせてくれた。もう、昔の弱い自分とは決別しよう。
おれはそう決心した。

「さあ、もう少し仕事するか。」
おれは、気を取り直して仕事場へ戻った。

おしまい。


411 :名無し募集中。。。:02/03/06 15:33 ID:Pwa2EC+H
お疲れさん

412 :名無し募集中。。。。:02/03/06 15:38 ID:irzIed+G
やっと完結。長文すまんかった。えらく長くなってしまったよ。
俺今日休みなのよ。ひとりでなにしてるんだか。

とりあえず、最初と最後が決まってたからね。
後藤が泣きじゃくって、石川が浴衣脱いで懇願するんだから、
あんな感じにしました。ショマキファンにはわるいことした。
あとは、加護のネタは、ただ、薄幸そうなやつは加護かなって思っただけ。
黒石川、黒ゴマだから、甘いの好きな人には嫌かもね。

レスくれた人、そして読んでくれた人ホントに有難う。
このスレ好きだから、違うネタも楽しみにしてるよ。

それじゃ、次の人がんがってください。




413 :石川信者:02/03/06 15:53 ID:NADDio6H
おつかれ3
個人的には>>340の続きも読んでみたい。

414 :名無し募集中。。。:02/03/06 16:04 ID:Si5suQyf
おつ。我を忘れて読み耽ってしまったよ。

415 :名無し募集中。。。:02/03/06 16:31 ID:URpu4Th2
この物語は石川が一番いい思いをしてるね。
特に加護を弄ぶ石川梨華(黒あり)ハァハァ・・・。

416 :名無しさん:02/03/06 17:51 ID:rVVJQ15t
名作!

417 :名無し募集中。。。:02/03/06 18:29 ID:Vp6ZbZ2O
(・∀・)イイ! って言うか (;´Д`)ハァハァ

418 :タンポポの為に氏ねますか? ◆TaNPo85o :02/03/06 20:32 ID:ijBSJCAe
>>412さん
お疲れ様でした。流石です。
>>331さんのエピローグに予想もしてない繋がり方で楽しませて頂きました
おもしろかったです。

次の方も期待してますYO

419 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/06 21:54 ID:2+lA+Xg3
>>413さん
340書いたの自分なんですが、141から353の流れも自分が書きました、
というわけで、340から141につなげていく方向でよろしいでしょうか?
話がつながった後に353の続きを書いていこうかな、と。
今夜中に340から141に繋げ終わるのはかなりきついです、
でもできればちょっとは話を進めたいと思ってます。

>>412さん
すごすぎ、神です。自分は若いのか、甘い系を書いてるのかは
わからないですが、石川は白い方が好きなんで白石川でいきたいと思います。


420 :タンポポの為に氏ねますか? ◆TaNPo85o :02/03/06 22:11 ID:ijBSJCAe
>>419
白石川も見たいです。がんがって・・・

421 :石川信者:02/03/06 23:18 ID:NADDio6H
>>419
おながいします!

422 :名無し募集中。。。:02/03/06 23:30
IDが消えた!
記念アゲ

423 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/06 23:56
340の続き
後藤「こんなことされちゃうかもよー」
バスタオルの上から石川の胸をもむ、
石川「いやだー、やめてよー。」
恥ずかしがる石川は思わずしゃがみこんでしまった。
後藤「りかちゃんのおっぱいって形いいねー、
   私のはそのうちたれてきそうで嫌だよ。」
湯の中で俺は、手の中にいっぱい広がるであろう大きさの柔らかいごま乳と
華奢な体の割に立派な、ピンク色した乳首はツンと上を向いているりか乳とを
勝手に想像していた、やばい、こんな状況で見つかったら最悪だ。
二人が同じ湯の中に入ってきたが、なんとかその場はやり過ごすことができた、
洗い場へと戻る二人の後姿をそっと見てみると、
後藤は素っ裸で堂々と石川はバスタオルを身につけ恥ずかしそうに歩いている、
対照的な二人であったが、二人とも濡れた身体が照明に照らされ眩しく光っていた。
二人はそれぞれ、自分の体を黙々と洗い始める、
この沈黙が俺が感じている時の流れをさらに遅くさせていた。
早く出ていってくれないか、もうのぼせてしまいそうだ、
大きな岩の側まで気づかれずに辿り着くことができ、
俺は岩にもたれかかっていたのだが、
俺「はーっくしょん!!」

今日もこれからやることがあるんですぐ進展はできません、
気が向いたら夜中にでも話を進めるつもりです。
では、ちょこっと集中して作業に入りますのでまた。

424 :名無し募集中。。。:02/03/07 00:07
When it thought so, Ishikawa bathed suddenly to a bathtub and I could approach my face the - - of sitting Gotou down.
* be - and - - - - - - - - .
* be Japanese pear floral - - - - - - - - - .
There - - .
While ] Gotou whines - - - , * - - - and be and leaves and it is.
It floats in a bathtub and the waist of Ishikawa has sunk.
Her hand is moving - - - - - on - - .
* be plan - - - - - - - - - - - - - well.
The - of that adding also interferes and * be the - of - .
] Ishikawa utters the voice that they indulged themselves in their affections by an animation voice.
It will return to the room in the [ - - - .
] Gotou goes so and stands up.
[ plan - - .
Solidifying the foundation and Ishikawa of - - of - of a room get out of a bathtub.
Doing - , as for - , a - young girl companion is - .
] Gotou says to Ishikawa.
There is also the person of the man of the - of got [ deliciously and it is a potato.
It tells that ] Ishikawa is likely to be strange.
* be an AD on the [ today.
And * be our - - - - - - - - .
It is weak in most and power - - - - a man.
It was interesting expression as * was sheepish.
It was interesting - - .
The rich person - - - and the he that but are good deliciously.
Getting - - , * be - and - - - - .
If it is said, * be the - - of floral Japanese pear - - - and - - - - - - - so.
Not to be - - - - - .


425 :名無し募集中。。。:02/03/07 00:22
ハァハァ

426 :名無し募集中。。。:02/03/07 02:53
 

427 :名無し募集中。。。 :02/03/07 05:39
リカゴマ(;´Д`)…ハァハァ

428 :名無し募集中。。。:02/03/07 12:12
>>412
(;´Д`)…ハァハァ モウソウッテステキヤン・・・・。

429 :名無し募集中。。。。:02/03/07 12:53
412です。チャミオラさん、がんがれ。俺も、白石川のほうが好き。
どんなんだろ。ムリシナイデネ。 デモ、カンケツサセテネ。

ちなみに俺が考える甘いのってこんなの。

温泉から上がって、部屋に戻ってくると、なんと布団は二組しか用意されてなかった。

困った顔をして考え込んでいると、梨華ちゃんがそっと僕に腕を絡めてきた。
シャンプーの香りがふわっと漂う。

「ねぇ・・・、一緒に寝ようかぁ・・・。」
「い、いいの?」
「う、うん・・・、ちょっと恥ずかしいけど・・・。」
梨華ちゃんは顔を赤らめて、小さく頷いた。

僕と梨華ちゃんはごっちんの方をみた。ごっちんは、ニコッと微笑むと、
僕たちに気を使ったのか、自分の布団を隅っこによせた。

「明日早いから、私、寝るね。」ごっちんはそういうと布団に潜り込んだ。

僕と梨華ちゃんは手をつないで一緒の布団に入り、電気を消した。

>>428
(;´Д`)…ハァハァ ステキヤネェ・・・・。


430 :名無し募集中。。。。:02/03/07 12:59
>>413-418
ヘタレな小説に付き合ってくれてどうもありがとう。
とても嬉しいです。書いた甲斐がありました。


431 :名無し募集中。。。:02/03/07 13:10
>>429
つーかあなたも書いてみたらどうよ?

432 :名無し募集中。。。:02/03/07 23:11
age

433 :りかっち ◆RIKA94sE :02/03/07 23:29
さーて、じっくり読むか

434 :名無し募集中。。。:02/03/08 03:34
混浴とは知ってたが、石川後藤と俺が交代で入りに行きゃいい、と思っていた。
しかし着いてみると、入浴できる時間帯が残り僅かで、一緒に入るしかなかった。
ぎりぎりだから他の客が誰もいない混浴露天風呂。
タオルは脱衣所に置いてこなければいけないらしい。
だからお互い離れて入ろうって、言ったのに。

脱衣所から出て来るタイミングがピッタリ。俺たちはバッタリ。
真っ正面から、二人の体を…胸も乳首もヘアも…全体が…
しかしあまりの衝撃で、俺の下半身はピクリとも反応しなかった。
そうだ、俺のものも真正面から石川と後藤が…
「きゃあっ!」「いやあんっ…!」

435 :名無し募集中。。。:02/03/08 03:35
二人の叫び声とともに、後藤が石川の体に身を隠した。
「ちょっとぉ…ごっちん…!やあっ…てば…」
石川に後ろからしがみつき、必死に自分の体を隠す後藤。
石川は腕を掴まれているため、自分の体を全く隠すことができないでいる。
しかし石川が顔を赤くしているのは、後藤の乳首を背中で感じ取ってしまっている為でもあるようだ。
目を伏せながらも、石川の肩越しにチラチラと俺の下半身に視線を送る後藤を背に、
逃れようとする石川は、素っ裸の体を俺に向けたままもがいてる。
その必死さゆえ、俺の下半身が視界に入ってるのにも関わらず目をそむけようとも閉じようともしない。
その光景を見ているうちに、俺のものが衝動を取り戻してきてしまった。
押さえきれない…まずい。このまま二人の面前で…

436 :名無し募集中。。。:02/03/08 03:35
「う…ううっ…」
抵抗空しく、首をもたげ始めたかと思うと、一気に上を向いた。
俺は二人に、リアルタイムで勃起を披露してしまった。
「やああっ!」
それを呆然と見届けてしまった石川は、とうとう後藤を振りほどいた。
そして、なぜか俺の後ろに回りこんだ。
後藤の目の前にあるのは、完全に形を変えた俺の…
「きゃ…ああっ!」
直視した後藤は、俺の後ろの石川の、そのまた後ろに回りこんだ。
俺、石川、後藤…

437 :名無し募集中。。。:02/03/08 03:35
「ここならぁ…あたしの裸見られないしぃ…それもぉ…見えないもんっ…!」
石川が俺にしがみつく。それに続き、後藤も石川に。
なるほど…?
しかし、妙な画だな…何をやってんだ俺達…。
いきなり後ろに回られて意表をつかれたのと、アホらしさで、
俺のものは、完全に元の形に戻っていた。
いやしかし…
「くっ…」
気がついた。気がついてしまった。背中の感触に。
石川の胸が、俺の背中に押し付けられてる…
その柔らかな感触の中に、点の感触が…
い…石川の乳首…
さらに脚の付け根の辺りには、ジャリッ…
石川の…毛だ…
「うああっ…」

438 :名無し募集中。。。:02/03/08 03:36
今度は抵抗するヒマも力もなく、自然に俺のものが膨張していってしまった。
「いやっ…!」
石川が見てしまったらしい。
油断していた石川が保っていた、俺の肩による死角を突破してしまったらしい…
「もぉ…やだぁ…!」
石川はとてつもなく真っ赤な顔で、今度は俺の前に踏み出し、背を向けて立った。
引っ張られて後藤も…
石川、後藤、俺…一体何なんだ…
どーなるですかぁ!?…なんて。はぁ…

439 :名無し募集中。。。:02/03/08 03:36
例によって後藤が石川にしがみつくもんだから、俺も後藤にしがみつく。
しかし…
「なんか背中に当たってる…」
勃起したままだった俺自身が、後藤の背中に押し付けられちゃってる。
後藤の背中の体温が、俺のものに伝わってくる…暖かい…
ヤバい。
「ああん、なんかあったかいけど…やっ…いやああ…!」
後藤が俺のものの感触であることに気づいたらしい。
まずい。もう間に合わない…二人がいる所で…後藤の…
「うあああ…」

440 :名無し募集中。。。:02/03/08 03:36
「やだあっ…!」
俺が絶頂に達してしまおうとした直前、後藤が俺の前からすり抜けた。
そして、石川の前に立った。
今にも出そうな所まで行ったのに止められてしまった中途半端な脱力感にかまけて、
何気なく石川にしがみついた。
「やあん…背中に熱いのが当たってるよぉ…」
自分の後ろを覗き込んだ石川が見たものは、ビンビンに勃起している俺のものだった。
暴発寸前でやめてしまったために、溜まってパンパンに張っている。
ただビンビンなだけでなく、その上パンパンに…
「もぉ…いやいやいやぁ!」
石川はまたも離れようとした。しかし今度は動けない。
俺が思いきり石川にしがみついていたからだ。
石川の体温が俺のものに伝わってくる。
まずいと思って離れようとするが、つい腰を石川の背中に押し付けていってしまう。
あまりの気持ちよさに、石川から離れられない。石川の腰があったかい…
「もぉ…やだよぉ…」
まずいまずい。そう思っていても、もう…止めることが出来な…
「うああああああっ…!」

441 :名無し募集中。。。:02/03/08 03:37
とうとう、止められなかった。
後はもう、自然に任せるだけ。おれの下半身に任せるだけになってしまった。
自分のものが暴発してしまう瞬間を完全に把握していた…って当たり前か…
そのためか、とっさの判断で上半身をのけぞらせた。顔にかからないように。
しかし、石川の肩を抱いていたため、石川ものけぞる格好になった。

442 :名無し募集中。。。:02/03/08 03:37
ドピュッ…ペチャッ…ピュッ…ペチャ…
石川の背中を真ん中辺りから上へなぞるように、俺の白濁液がかかっていった…
それは首筋も通り、茶色の髪の毛にまで…
石川の頭から背中へ、白い液がダラダラと流れている。
それを呆然と眺めている俺。しまった…
石川の背中を使ってオナニーしちゃったって事だよな…
石川を精液まみれにしてしまった…

443 :名無し募集中。。。:02/03/08 03:37
何が起こったのか把握できずにいた石川の後ろ姿を、後藤が見た。
「梨華ちゃん…いやっ、背中…」
「なあにぃ…?」
自分の背中を手で探る石川。
「いやあっ…!やあん、髪の毛にもついてるよぉ…」
洗い場に向かう石川…
お互い、この事は黙っておくことにした。
もっとも、さすがに石川や後藤には言えない事だろうとは思うが。

出してしまった後の脱力感と、よみがえるアホらしさ。
そろそろ入浴時間が終わっちゃう頃だ。
ああ、何やってるんだ、俺たちは…

444 :名無し募集中。。。:02/03/08 03:38
つい書いてしまった
長駄文ゴメンネ。

445 :タンポポの為に氏ねますか? ◆TaNPo85o :02/03/08 08:31
>>444
お疲れ様。恥ずかしがる石川後藤よかったです。
臨場感あって楽しかったよ。

次の方、チャミオラさん、頑張ってね。漏れは読者だけですが・・。

446 :名無し募集中。。。:02/03/08 09:46
いやしかしエロいなぁあんた方。
良い事だ。

447 :名無し募集中。。。:02/03/08 11:54
>>444
おれもよんでるよ。また前のやつとちがって
恥じらいがあっていい。

みんないい妄想してるねえ。エロ過ぎ。(w

448 :412=429:02/03/08 13:26
>>431
いや、最初の奴書いたの俺なんだけど。(w

じゃあ、せっかくだから少しだけ、続き書いてみるよ。


449 :412=429:02/03/08 13:28
梨華ちゃんと一緒に向かい合って布団に潜り込む。
彼女は少し恥ずかしそうに、その黒目がちなきれいな瞳で、僕を見つめて微笑んだ。

「なんか恥ずかしいね。頭までもぐっちゃおうかなぁ・・・。」

そういうと彼女はすっぽりと布団の中に入った。
僕の胸元に彼女の顔がある。彼女の吐息が僕の胸に当たる。
僕はたまらなくなって、同じように頭まで布団に潜った。

「えへへ・・。きてくれたんだぁ・・・。」

かわいらしい声で、ちょっぴり照れながら話す。
その息が僕の鼻をくすぐった。暖かくて甘い、いい匂いがする。

僕3センチとはなれていない、目の前に梨華ちゃんがいる。
布団の中は、梨華ちゃんの体温で心地よく暖かくなっている。
そして梨華ちゃんの香りで一杯になっていた。

450 :412=429:02/03/08 13:29
梨華ちゃんがゴソゴソっとうごいて僕の体に自分の体をくっつけてきた。
心臓が飛び出るぐらいドキドキする。
梨華ちゃんの華奢な体と、それに似合わない、大きくて軟らかい胸の感触が
僕の胸にふわっと感じる。

僕はドキドキしながら、そっと腕をまわして、おそるおそる梨華ちゃんを抱きしめてみた。
嫌がられたらどうしよう。でも我慢できなかった。

梨華ちゃんは一瞬ピクッと体を緊張させた。でも少しして僕の背中に腕を絡めてくれた。
キュッと体が密着する。

目の前に顔がある。口元に彼女の形のいい鼻を感じる。
彼女の髪の毛はサラサラしていて、とてもいい匂いがする。
梨華ちゃんの吐息が僕の首元にかかる。

僕の胸元に、梨華ちゃんのやわらかいふくらみの感触を強く感じる。
彼女の心臓の鼓動が聞こえる気がする。
脚には彼女の細くて、でも軟らかいふとももの感触が伝わる。

布団の中で、僕は彼女の体温と香りにつつまれて、もう気が遠くなりそうだった。
僕の下半身もドキドキして、熱く、大きくなっている。


451 :412=429:02/03/08 13:31
彼女はスッと顔を上げ、僕の唇に、しっとりと軟らかい梨華ちゃんの唇の感触が伝わる。
暖かくてやわらかい・・・。
梨華ちゃんは僕の唇を咥えるように唇を動かす。
思わず舌を彼女の唇にもっていく。彼女は唇を少しあけた。
僕はキュッと舌を彼女の唇の間にいれてみた。

チュルッと音がして、彼女の口の中に舌が吸い込まれる。梨華ちゃんは僕の舌を吸った。
梨華ちゃんの温かい口の中に僕の舌は入っていった。
彼女の唾液の味がする。少し歯磨き粉の味がする。

梨華ちゃんは、僕の舌を吸いながら、彼女の舌を絡みつかせる。
僕も彼女の舌に自分の舌を絡めさせる。不思議な感触が僕の舌全体を包む。

梨華ちゃんの息が僕の顔にかかる。梨華ちゃんはしっとりと汗ばんでいる。
その汗の匂いとシャンプーの匂いがまじる。
それを嗅いで、僕の下半身はますます硬くなった。


452 :412=429:02/03/08 13:34
僕は唇を合わせたまま舌をぬいた。すると、梨華ちゃんは僕の唇に舌をもってきた。
唇に彼女のヌメッとした舌の感触を感じる。
梨華ちゃんは僕の唇を舌でなぞった後、クイッと舌に力をいれて、
僕の口の中に舌を入れてきた。
僕の口の中は梨華ちゃんの舌で一杯になる。口の内側の壁をなぞるように動く。
僕の舌が梨華ちゃんの舌で弄ばれる。そんな感じがする。

梨華ちゃんの一部が、僕の口の中に入ってる・・・・。
そう思っただけで、心臓が止まりそうだった。


453 :412=429:02/03/08 13:37
とりあえず、こんな感じです。
また、気が向いたら続き書いてもいい?

それじゃあ。他の人の妄想楽しみにしてます。

454 :名無し募集中。。。:02/03/08 16:22
保全。

455 :名無し募集中。。。:02/03/08 21:23
土さ草age

456 :名無し募集中。。。:02/03/08 23:30
>>453
はやく続き書いてくれ
漏れのが暴発したらどうする気だ

457 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/09 00:30
>>412=429さん
ありがとうございます、がんがります。
どんどん続きを書いていってください。
自分は自分なりの結末はすでに考えてありますし、完結させます。
あと、保全してくださった方ありがとうございます。
個人的には、いじられキャラ、いや、いじめられキャラの石川が好きなんで
できるだけいじめたいです。
では、>>423の続き。

「キャー!」石川は一目散に脱衣場へと逃げて行ってしまった、
後藤は、、、平然とその場で体を洗い続けているじゃないか。
俺は前を隠しながらすごすごと湯から出る、
俺「ごっちん、、ごめ、」
後藤「んぁ?大丈夫、知ってたよ。いいからこっちに座んなよ。」
俺は後藤の側で何をどう説明して良いかわからず、
ただうなだれて座っていた。
後藤「気にしないで、それにせっかく二人っきりになれたんだから」
背中に暖かい弾力を感じる、後藤は泡に包まれた柔かな身体を擦りつける。
俺は目を閉じて、この緊張を落ちつけようするのに精一杯だった。
後藤「実はね、ごとーはね、ずーっと前からあなたのことが好きだったんだよ」
信じられない、ハッとして目を開けた、
目の前には後藤が、いつもの衣装ではなく白い泡を着けて立っていた。
それでも俺は裸の後藤を前に頭が真っ白、呆然としていた。
後藤「いいよ、好きにしていいんだよ」
後藤はそう言うと、俺に抱きついてきた、
脚に絡みついてくるむっちりとした太もも、
体を這う柔らかく大きな乳房、
口の中に進入してきた舌は暴れている。
ようやく俺は目を覚ました、一人のADではなく、一人の男として。


458 :   :02/03/09 00:30
辻加護がいい

459 : :02/03/09 03:49
天久と椎名の書籍版「モテたくて・・・」を思い出しました。

460 :名無し募集中。。。:02/03/09 08:35
保全しときます

461 :名無し募集中。。。:02/03/09 11:38
>>458
犯罪じゃん(w

462 :名無し募集中。。。:02/03/09 12:35
>>458
しかも、スレチガイ。

463 :名無し募集中。。。:02/03/09 13:17
ひつじくさいね

464 :名無し募集中。。。 :02/03/09 21:35
 

465 :名無し募集中。。。 :02/03/09 21:38
(;´Д`)ハァハァのしすぎで氏んでしまいます…

466 :名無し募集中。。。:02/03/10 00:42
370 :名無し募集中。。。。 :02/03/06 09:47 ID:ckclSNDz
「あー、振られちゃったかモナー。まあ、いいよ。」
389 :名無し募集中。。。。 :02/03/06 11:59 ID:TQWBhGvU
「あ、イクよ。」俺はそういって外に出す準備をした。

微妙にネタが入っててワロタ

467 :名無し募集中。。。:02/03/10 00:47
今夜はないの?

468 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/10 00:52
>>467さん
これから457の続き書くつもりです。

469 :名無し募集中。。。:02/03/10 00:52
加護と小川と一緒に混浴したいっす

470 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/10 01:50
「ジュル、、ズル、ん、、、うんっ」
お互いの気持ちを確かめ合うように、
きつく抱き合い、舌を絡ませる。
俺は後藤の火照った柔らかい身体、せっけんの香り、
唇と舌の味、そこから漏れ出す声を身体全体で感じた。
この濃密な一時、一秒一秒、刹那を全身で刻みたいと思った。

くちづけながら、俺はうっすらと目を開けると、
遠くにあるドアの隙間に人影が見える、
それはどうやら逃げて行った石川のようだ。
石川がどんな格好で何を思いながらこちらを見ているかはわからない、
ただ、この状態とこの距離で、俺が気づいているとはわかっていないようだ、
じっと座ったまま、俺達が結ばれようとするのを見つめている。

俺はかまわず続けた、
見られていると知らずに、
普段は絶対に他人には見せないような後藤を
本能の思うがままに乱れ続ける後藤を石川に見せてやろうと思った。

>>467さん
遅くなりましてすいません、一回書き上げたのにPCが固まってしまいました。
今日はまだ書きます。



471 :名無し募集中。。。:02/03/10 01:53
でも後藤と石川ってなんであんなに仲わるいんだろーねー




472 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/10 02:21
後藤は俺のガチガチに固まった肉棒をきつく握りしめ、しごき始めた。
ずっとくっついていた唇を離し、俺の耳元でそっとつぶやく。
後藤「ここでしようよ、もうだめ、我慢できないよ」
既に俺も我慢できなくなっている、後藤をそこに立たせたまま、
お湯をかけて泡を洗い流す、愛撫の準備は整った。

「はぷっ」軽く耳を咥え、大きな乳房をそっと撫で回す。
後藤「ふぁっ」
後藤の手の動きが一瞬だけだが止まった。
後藤「ふぁー、だめ、くすぐったいよー」
後藤は体を微妙に震わせている、俺は竿をしごく後藤の手を離し、
俺が仕事中によく目を奪われていた、
俺のお気に入りパーツであるゴマ乳を集中してせめることにした。

湯の中で想像していた通り、後藤の乳は衣装で見ていたよりもさらに豊かで、
揉んでいる手に力を入れると跡が残るほど白く柔らかい。
薄茶色の乳首を口で、片手でもう一方の乳首を刺激すると、
後藤の息遣いはどんどん荒くなってくる、
「じゅるー、ちゅぱっ」
後藤「ふあぁっ!」



473 :名無し募集中。。。:02/03/10 02:21
ちゃむが温泉で??
ttp://www.dab.hi-ho.ne.jp/adad/suke/school/p01.html

474 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/10 03:14
俺「じゃーごっちん、ちょっと脚広げて」
後藤はコクッとうなずき、足を左右にずらした。
後藤「恥ずかしいよ、、、」後藤の顔も身体も真っ赤になっている。
陰毛は誰が見ても薄い方だった、体毛を気にするのはこのせいだろうか。
「じゅるるるるっ!」
いっぱいになっていた愛液を思いっきり吸う、
後藤の陰部に水分を残さないくらい、吸い尽くすつもりで吸う。
後藤「ふぅっ、ううぅっ!」
クリを剥き、舌で転がす、舌先で叩く、「ジュルジュル、ピチャピチャピチャッ」
後藤「んあぁー、だめえぇー、だめだよー。」
俺の髪を握りしめる力が強くなる、痛いのは気にしない。
舌でクリを愛でながら、中指を後藤のなかに忍び込ませる、
後藤の口は小さく、キュキュッと締め付けてくる、
小さい壷の中は熱い後藤の愛の汁で溢れちゃっている。
「クチュチュ、グチュグチュグチュッ」
後藤「ふぁーんあぁーもうだめー、いっちゃうよー!!」
後藤の愛液が俺の腕を伝わって肘から床にこぼれる、
滴るのではなく、こぼれるくらい大量のゴマ汁が後藤から溢れ出てきた。

後藤はぐったりと、肩で息をしながら俺で体を支えている。
ハァハァ、と息を切らせながら
後藤「ふぁー、今度はごとーの番だよね?」

今日のところはこれまで、続きはたぶんまた今夜に。
保全してくださった方、ありがとうございます。

475 : ◆TaNPo85o :02/03/10 03:45
>>474
お疲れさん。。続きがんがってね

476 :444:02/03/10 05:52
>>443からの続きができてしまったので書きます。

>>445>>447
ありがとうございます。

412=429さん、チャミオラさんの小説も楽しませてもらってます。
どんどんと頑張って続けてください。

477 :444:02/03/10 05:52
俺と石川後藤は、お互いに背を向けて風呂につかるのもそこそこに、
気まずい雰囲気のまま、別々に部屋に戻った。
と言っても、その戻った部屋は一緒だった。
別に何も変なことはしないだろうと信用してくれた二人と、
そんな気はさらさらない俺とで話し合って、同じ部屋に泊まる事にしたのだ。

他愛ないおしゃべりをするうちに、気まずい雰囲気も何とか消えていき、
いつもの3人に戻っていた。
ホッとしたところで、俺たちはそれぞれ布団に入った。

俺は疲れてすぐに眠ったのだが、どうも夜中に目が覚めてしまった。
自分の携帯のバックライトを点し、時間を見る。1時か…
目がさえてしまった俺の頭の中に、風呂での出来事が浮かんできてしまった。
かけめぐってかけめぐって、止まらない。
真っ正面から直視してしまった二人の裸…
俺の下半身が勃起していく一部始終を見てしまった二人の表情…
密着した後藤の肌、石川の肌…
石川の胸に乳首の感触…下の毛の…
この俺自身で感じた、後藤の体温…石川の体温…
そして…

478 :444:02/03/10 05:53
ダメだあっ!
俺は心の中で叫び、自分に喝を入れた。
つい俺のものも、首をもたげてきてしまっていた。
もぞもぞ…
横から、何やら布団や畳がこすれる物音がした。
それは石川のほうからだった。
石川が寝返りをうってるんだろう。
石川…
もしあそこで、石川の恥ずかしい部分を手でまさぐって…
俺のを後ろから入れることができたんじゃないか…
腰に押し付けただけであんなに気持ちよかったんだから…
入れた日にゃあきっと…
いやいやいやダメだ…そんなことしちゃ…
もし石川が処女だったりしたら…
ってそういう問題じゃない…!
なに考えてるんだ…
何とか気持ちを落ち着かせようとした俺は、トイレに行くことにした。

石川と後藤、それぞれから寝息が聞こえる。
俺は二人を起こさないよう、そーっとトイレに向かう。
用を足すと、頭の中も下半身も落ち着いてくれた気がした。
戻ろうと、トイレのドアを開けた。
ドアからもれたトイレの電気が、布団のほうへ差し込む。
そこに踏み出して行く俺。
「うわあっ…!」
そこには、俺が目のやり場に困るような光景があった…

479 :444:02/03/10 05:54
照らし出された二人の姿。
後藤の浴衣が、今にも中が見えそうなほど乱れていた。
それはまだいい。問題は石川だ。
俺がいない間に、俺の布団の上へ転がってきてしまっていた。
顔に似合わず?寝相が悪すぎるぞ石川…
いや…そういうことじゃないんだ。
目の前のこの現実を、直視しなければいけない。
いや、直視していいのだろうか…
何しろ目の前の石川は、とんでもない姿で仰向けに横たわっていた。
浴衣は乱れに乱れ、ピンクのパンティーが丸見えになっている…
そして、胸元も当然はだけ、シャツはまくれあがり…
石川の、風呂でも見た綺麗な胸が丸見えになっていた。

参ったなあ。ここまで寝相が悪かったとは…
全然想像もしていなかった。
「梨華ちゃんってー、寝るときブラはしない派なんだよー。
んあ、ほら、きついのがいやなんだってさー。」
って後藤が教えてくれたことがあったが、本当だったのか…
ノーブラの石川の胸は、まくれあがったシャツから、
無防備にその姿をさらしていた。
二人の目の前で勃起をしてしまった上に、
石川の背中で射精してしまった俺が言うのもなんだが、
今のこの石川の姿は、風呂で見てしまった素っ裸の石川よりもエロいぞ…

480 :444:02/03/10 05:56
それにしても、二人ともよく眠ってるな…
気持ちよさそうな寝息。寝顔。
後藤の寝顔だって、とても可愛い。
しかし石川の場合、可愛い寝顔の下がこれだもんなあ…
落ち着いたのか、この格好のまま俺の布団から全く動こうともしない。
寝返りをうとうともしない。
確信犯かと思うほどだよ、石川の奴…

おっと、起こしたら大変だ。
そう思い、慌ててトイレのドアを閉め電気を消した。
仕方がないので、さっきまで石川が寝ていた布団で寝ることにした。
石川の上に何かかけてやればよかったのかもしれないが、
その時の俺は、それどころではなかった。
胸の鼓動が激しい。
石川が寝ていた布団からは、香水なのだろうか、女の子って感じの匂いがする。
ますますドキドキが激しくなる。俺のものも、もう既に…
こんなんじゃ寝られないぞ…
おさまるのを一人待っていた、その時…
「いやあっ!」

481 :444:02/03/10 05:57
石川の悲鳴とともに、部屋の電気がパッと点けられた。
「んああー、どうしたのよー…」
眩しそうに起き上がる後藤。
つい飛び起きてしまった俺。
見ると、浴衣の胸元の裾を握りしめた石川が、真っ赤な顔をして俺を睨んでる。
可愛い…
いや、ヤバい…
「なんでこんなことするのぉ…あたし絶対しないってぇ、思ってたのにぃ…」
「へぇー、やっぱそういう事するんだねぇー…梨華ちゃんの体をねぇー…」
ニヤけながら、意地悪い声を出す後藤。
さらに俺を睨みつける石川。
どうしよう…完全に誤解されてるぞ…
さらに後藤は続けた。
「そうだよねぇー、ごとーなんかよりエッチな体してるもんねぇー…
んあー、ねー、胸の形とかさー、腰のラインだって動きだってー…」
「やだぁもぉ…ごっちん…そんなこと言わないのぉ…」
溶けてしまうなんじゃないかと思うほど顔を真っ赤にして、
何とかそうやって後藤に怒りを見せた石川が、
再び俺のほうに向き直った。
最高潮に紅潮させた膨れっ面をして顔を伏せ、
上目遣いで一生懸命に、精一杯に強く俺を睨みつけている石川…
可愛い、可愛い、可愛すぎる…
今そんなことを考えてる場合じゃないのが、惜しいくらいだ…

482 :444:02/03/10 05:58
何とかしないと…
そう思った俺が口を開きかけたのと同時に、
「まーねー、ごとーは真実を知ってるんだけどなー…へへへぇー…」
どういうことだ…?
「実はさー、眠れなくてさー、ずっと起きてたんだよねー…
んあー、寝たふり大変だったなー…お風呂でのことを思い出しちゃってさー、
興奮して大変だったんだからー…」
ってことは…
それにしても、俺でさえちょっと眠ったというのに…
興奮して寝られないって、後藤の奴まさか、俺が勃起するところを見てそんなに…
いやいやそんなことよりもだ…
「梨華ちゃんが転がってきたのも見てるしさー、
梨華ちゃんの寝てる前に立ってただけで、何もしてなかったしさー…」
「ごめんね…」
ああ、誤解が解けたのか。よかった…
しかし…
「ただ、梨華ちゃんのカッコを見てたっていう事実は、変わんないけどねぇー…」
ほんっとに意地悪く言うよなあ後藤…
そのニヤケた顔と声を、ハタから…でもないか…見てると、
可愛いんだよなあこれが…
「あ…やああんっ…」
結局恥ずかしさに赤面する石川。
「ホントにごめんね…」
「いい、いいって」
自分がそういう状況なのに、キチンと謝ってしまってるのが、
石川らしいといえばらしいんだよな…

ああそうさ、石川と俺をからかってる後藤も、
からかわれてる石川も可愛いさ。
そんな二人が好きさ…
あ〜あ…君たちといると楽しすぎるよ…

483 :412=429:02/03/10 05:58
444さん。
読んでるよ。しかもリアルタイムで。
いいですねえ。ハァハァ。

チャミオラさん。
こちらもいいです。がんがってください。
コチラモハァハァ・・・。

ああ、妄想でねれないYO!
続き書こうっと。

484 :名無し募集中。。。:02/03/10 06:01
444さん。
リアルタイムで読めるとは思いませんでした。
非常に良いです。

(;´Д`)ハァハァ

485 :444:02/03/10 06:06
>>483>>484
ありがとうございます。
まだ続くかもしれません。
続くとしたら、石川が「お詫び」をするとか(w

そう言えば、特にADの設定で書いてないんだけどいいのかな?

486 :412=429:02/03/10 06:09
ゼンゼンオッケーサ!
じゃあ、>>452 のつづきから。

487 :412=429:02/03/10 06:10
「くふぅ・・・。」梨華ちゃんはちょっと苦しそうに、吐息をはいた。
そして、チュルっと音がして舌が僕の口の中から抜けていく。
梨華ちゃんは背中に回していた腕にキュッと力をいれ、僕を抱きしめた。
彼女の華奢な体が密着する。髪の毛が僕の顔をくすぐる。

「すきだよぉ・・・。」
切ない声で梨華ちゃんはささやく。
それを聞いて僕の理性は飛んでしまった。


488 :412=429:02/03/10 06:12
僕は我慢できなくなって、浴衣の胸元から手を滑り込ませた。

暖かい・・・。

梨華ちゃんの胸の大きなふくらみはとても柔らかかった。
その手の感触を楽しみたい。そう思った。
ゆっくりとその柔らかなふくらみを大きく揉みしだく。

「あっ・・・。くふっ・・・。」
梨華ちゃんは横に居るごっちんに聞こえてはいけないと思ったのか、声を押さえる。
僕は膨らみにある、ちょっと小さめな突起をみつける。

ピクンと梨華ちゃんの体が動く。息が荒くなって僕の顔のそばにで吐息が漏れる。


489 :412=429:02/03/10 06:13
僕は少し下に潜って、彼女の胸のふくらみに顔を近づける。
顔に梨華ちゃんの胸の柔らかな感触が広がる。
そして、胸の突起を咥えてみる。舌に彼女の突起の感触が伝わる。
なんか少し石鹸の味がする。その突起を僕はまるで赤ちゃんの頃を思い出すように吸った。
すごく心地いい。
梨華ちゃんの柔らかな、体温と香りにつつまれて、彼女の胸の中に居るんだ・・・。

「あん・・・。ふっ・・・。ふっ・・・。」
梨華ちゃんは声を押さえている。
キュッと僕の頭を抱きしめてくれる。顔が胸に密着する。

「だめだよぅ・・・。聞こえちゃうよぅ・・・。」
梨華ちゃんは耳元でささやく。


僕の理性はもうなくなっていた。
胸を口に含みながら、手を浴衣の裾に滑り込ませる。

「あっ・・・。いやっ・・・。」
そういって梨華ちゃんは脚をキュッと閉じた。




490 :412=429:02/03/10 06:15
今日はこれぐらいです。
妄想はふくらんでるんだけどね・・・。(w

これ温泉出てきてないな。
あとで、最初の部分つくります。

491 :444:02/03/10 06:26
>>490
良いです…
布団の外の後藤がどうしてるのかも気になる…
ハァハァ

492 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/10 07:08
>>412=419さん、>>444さん
二人とも(・∀・)イイ!!あと、読んで、誉めていただいてありがとうございます。
あと、ROMで読んでくださっている方も、感謝です。

444さん、ADの設定は気にしなくていいんじゃないっすか?
1さんの設定さえクリアしていれば。
そして、ごまりかで(;´Д`)ハァハァできる妄想であれば!

493 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/10 07:14
書き忘れというか書き漏らし、
475さん、名無しさんもありがとうございます。

494 :名無し募集中。。。:02/03/10 15:25
ここはホントに狼?
羊というより狩に近い気が・・・。
でも(;´Д`)ハァハァ
名スレのヨカーン。

495 :名無しまん:02/03/10 16:09
これの加護バージョン作って

496 :梨華LOVE:02/03/10 16:15
梨華ちゃんと混浴入りたい・・・。

旅館で遅い時間に2人きりで入って、体をあらいっこしてから
部屋にもどり布団の中でHする。
いやがるノーブラの梨華ちゃんの浴衣を脱がせて乳を・・・。



497 :名無しまん:02/03/10 16:24
加護としたい

498 :名無し募集中。。。:02/03/10 16:25
石川のB地区真っ黒だから見たくない

499 :名無し募集中。。。:02/03/10 16:32
>>495,497
職人たちが帰ってくるまで待て。
>>498
確かに、あの色の黒さでピンクだったらやばいな。


500 :名無し募集中。。。:02/03/10 16:34
>>495,497
最初の小説の加護似の少女がやられるのでは満足できないのか?

501 :梨華LOVE:02/03/10 16:48
小説かきます。良かったら読んで下さい。

僕と梨華ちゃんは2人で温泉に行く約束をした。
旅館に着いたのは夜中の2時で、もう風呂は混浴しかあいていなかった。
「入るのやめる?でも汗かいちゃったし・・・」梨華ちゃんが言う。
「じゃあ、離れてはいろう。タオル巻けばいいし」と僕が言うと
「うん!」と満面の笑みを見せてくれた。
多分梨華ちゃんは僕が何もしないと思っているのだろう。

そして混浴風呂にやってきた。人は誰一人おらず、僕と梨華ちゃんの2人きりだった。
ふと、ある張り紙をみつけた。そこにはタオル禁止ということが書かれてあり、
梨華ちゃんは顔を赤らめてとても恥ずかしそうにしていた。
しかし、僕が服を脱ぎ出すと梨華ちゃんもゆっくりと服を脱ぎ始めた。
僕は服を脱ぎながら横目でチラチラと梨華ちゃんを見た。
その日梨華ちゃんは花柄のかわいいワンピースを着ていた。
後ろのチャックがはずせないようで僕がおろしてあげると、薄ピンク色の
ブラジャーが僕の目にとびこんだ。その時思わず「ブラのフックもはずそうか?」と言ってしまった。
すると梨華ちゃんはやはり「やめて!」と叫んだ。
僕が先に風呂の中に入った。すると1分もたたないうちに梨華ちゃんが恥ずかしそうに
入ってきた。


502 :梨華LOVE:02/03/10 17:05
やっぱり梨華ちゃんの胸は大きかった。歩くたびに揺れている。
梨華ちゃんは隠しながら僕とあまり離れていないところの湯舟に入った。
しかしこっちに背をむけている。僕の梨華ちゃんを襲いたいという気持ちは
もう限界まで達していた。
梨華ちゃんにきづかれないようにそっと近づいた。そして梨華ちゃんの胸に
手を持っていった。
「キャッ!!」梨華ちゃんは叫んだ。しかし僕は梨華ちゃんの胸を揉み始めた。
すごく大きくて柔らかい。ずっと揉んでいたいくらいだ。
梨華ちゃんは以外にもおとなしかった。でも「いや…ん…あ…そこは…あんっ!」
とかわいい声をあげる。しかしこっちを向いてくれない。
僕は部屋でやりたいと思い、「上がろう」といった。
そして浴衣にきがえ部屋に戻った。



503 :梨華LOVE:02/03/10 17:15
布団はもうひいてあり、僕はそこへ梨華ちゃんを押し倒した。
「キャッ!!」僕はすぐに梨華ちゃんの浴衣の帯をとり、
浴衣を脱がせようとした。「いや!やめて!」そう言う梨華ちゃんをよそに
僕は浴衣をぬがせた。するとノーブラの梨華ちゃんの乳が飛び込んできた。
さっき見た時より大きく感じた。乳の形も良くすごくエッチな体つきをしている。



504 :名無し募集中。。。:02/03/10 17:17
   |
_ー|ー|-┐     __|_     ̄──
   |  ノ   ヽ/ |  ヽ     /
   |     /丶/   |   |
    |     し^ヽ   /    \


         ヽ(T▽T)ノ

505 :名無し募集中。。。:02/03/10 17:18
┌──────────────────────―─┐
│                                   │
│                                   │
│              ,〜((((((((〜〜、        .    .│
│             ( _(((((((((_ ) ...          │
│             |/ ~^^\)/^^~ヽ|   .  .     .  │
│              |  _ 《 _  |            │
│        .     (|-(_//_)-(_//_)-|)            │
│              |   厶、    |            │
│              \ |||||||||||| /            │
│                \_______/              │
│                                    |
│                                    |
│             Now Masasing....              |
│                                    |
│         このスレは覗かれています。       .   |
│                               ..     |
│                                    |
└───────────────────────―┘

506 :名無しまん:02/03/10 18:32
これの加護バージョン作って




507 :名無し募集中。。。:02/03/10 18:33
広告
http://www.muvc.com/banner-anime.html

508 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/10 23:30
>>梨華LOVEさん
二人旅ですか、がんがってください。
薄ピンク色のブラ、良いっすね。

後藤「立って。」
言われた通り俺はその場に立ちあがった、
温泉と後藤にのぼせたのか一瞬頭がぼーーっとした。
キスを交わし、後藤は俺の一物をほおばる。

まだ石川らしき人影は向こうに見えている、
いったい石川は何を考えているんだろう。

「じゅぷっ、じゅるるっ」
そんなことはすぐにどうでも良くなってきた、
後藤はいっぱいに唾液を溜め、俺のためだけに奉仕してくれている。
上目づかいで俺を見つめたまま、一生懸命尽くしてくれている。
唾液で満たされた後藤の口の中は温かく、
舌を器用に使って肉棒に絡みつけたり、亀頭の先やカリ首周りを刺激してくる。
後藤はいやらしい音をたてながらフェラし続ける。
「あぁっ、、気持ちいいよ、ごっちーん、、、」

「ほおままらひていいお。(そのまま出していいよ。)」
幸福感、征服感、快感という快感に満たされている俺には
後藤がなんて言ってるかなんてわからなかったし、わからなくても良かった。
後藤はそう言うと目をつぶり、
頭と竿を握る片手とを激しく動かし出した。
気持ち良すぎる、もう俺は我慢できない!
「ごっちーーん、いく、いっちゃうよー!あぁーっ!」

後藤の口の中で、ビクビクいった、思いっきりだしてしまった、、、
俺のモノを取り出す、まだ勃っていて小刻みに動いている。
「ゴク、、ン。」
俺がたまらず放出してしまった精液を飲んでくれた、
しかも後藤は俺に微笑みかけてくれてる、なんてたまらない娘なんだ。
後藤は笑ったまま俺のナニにその笑顔を近づけてくる、

続きはまた後日です、みなさんがんがってください。
みなさんの作品を読むのを楽しみにしてますので。
それでは、チャーオー!

509 :名無し募集中。。。:02/03/10 23:39
作者の馴れ合い萎え

510 :名無し募集中。。。:02/03/11 00:04
しかし出来が悪くても石川と後藤なら勃ってしまう

511 :名無し募集中。。。:02/03/11 00:43
夜食がほしいんですけど

512 :名無し募集中。。。:02/03/11 00:44
   |
_ー|ー|-┐     __|_     ̄──
   |  ノ   ヽ/ |  ヽ     /
   |     /丶/   |   |
    |     し^ヽ   /    \


         ヽ(T▽T)ノ

513 :名無し募集中。。。:02/03/11 00:47
このスレ見てるだけでオナーニできるな

514 :名無し募集中。。。:02/03/11 01:35
今日は遊んでくれないのね。しくしく

515 :名無し募集中。。。:02/03/11 01:38
>>509
何が馴れあいだ、お前が入っていけないだけじゃないか。
日本人は入っていけない自分を正当化し保守する為に相手を攻撃することを
平気でするから嫌だ。

516 :名無し募集中。。。 ◆tOSof6OY :02/03/11 01:45
しかし、中途半端な擁護も、結局は場を荒らす結果にしか繋がらない。

517 :梨華LOVE:02/03/11 10:41
503の続き。

もうそのHな体を触らずにはいられなかった。僕は梨華ちゃんのオッパイが前からずっと
揉みたくてたまらなかった。
さっき風呂で10秒くらい揉んだがそれでは全然物足りなかった。
しかも湯船の中だったので生梨華乳を見ることが出来なかった。
しかし今は生梨華乳が僕だけに見えている。梨華ちゃんが少し抵抗するたびに
大きなオッパイが揺れる。もう最高だ。
僕はまず梨華ちゃんの2つの大きなオッパイにそっと手をあてた。
「キャッ!」かわいい声をあげる梨華ちゃん。感じているのか乳首が立ってきた。
そして僕は梨華ちゃんのオッパイを揉み始めた。すごく柔らかくてとにかくデカイ。
Cカップは確実だろう。もうずっとこのまま揉んでいたい。
5分くらい揉み続けた後、梨華ちゃんの谷間に顔を突っ込んだ。
そしてパンティーを脱がせた。もう梨華ちゃんは全裸になってしまった。
                            続く。。。

梨華乳画像 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Oasis/3871/chain/chainx3rika005.jpg
この画像はメチャメチャいい!谷間全開!!(ハァハァ…)


518 :名無し募集中。。。:02/03/11 10:51
>>515
コンゴ人ですか?

519 :名無し募集中。。。:02/03/11 10:54
煽るわけじゃないが梨華LOVE氏の文章は物凄く童貞っぽい

520 :名無し募集中。。。 :02/03/11 11:16
後藤と石川が二人で「私を選んで!」とすねる
俺がゆっくり時間をかけて品定めし、最後に石川を取る
という展開がいい
青春っぽいのは疲れるのでいらない

521 :名無し募集中。。。:02/03/11 11:20
梨華LOVEZwe4シシハトトトト

522 :名無し募集中。。。:02/03/11 11:24
>>520
お前が書けよ。
あと、こういうスレは下げとけ。

523 :ねえ、名乗って:02/03/11 11:36
>>517
それ、フラッシュに載ったやつでしょ?


524 :名無し募集中。。。 :02/03/11 15:04
貴様等!こんなところで何やってんだ!!
もっとおながいします。

525 :名無し募集中。。。:02/03/11 16:22
作文レベルの文章でも石川が題材だとハァハァ

526 :オナニーしたい男:02/03/11 23:22
オナニーってどうやるの?
いじくってもならん
もしかしてつぶれてんのか
誰か教えてーーーーーーーーーーーー

527 :名無し募集中。。。:02/03/11 23:24
>>526
まじかよ・・・どこにすんでるんだ?近ければ直に教えてやる

528 :名無し募集中。。。:02/03/12 01:14
がんばってageまっしょい!

529 :名無し募集中。。。:02/03/12 02:17
あげげ

530 :名無し募集中。。。 :02/03/12 04:02
444さんの続編激しく希望♪

531 :エルトン・ジョン:02/03/12 06:58
別んとこからきました。
444さんほど上手くはかけないっすけど、
書いてほしいなら言って下さい。

532 :名無し募集中。。。:02/03/12 06:59
>>531
石ごまで書いて欲しいけど上げないでね

533 :オナニーしたい男:02/03/12 14:34
オナニーしたいできればくちでおしえてーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

534 :名無し募集中。。。:02/03/12 14:52
いしごま高橋がオナニーしまくるストーリーきぼーん

535 :オナニーしたい男:02/03/12 21:00
オナニーってどうやるの?
いじくってもならん
もしかしてつぶれてんのか
誰か教えてーーーーーーーーーーーー

536 :名無し募集中。。。:02/03/12 21:01
>>1

 両  方  好  み  じ  ゃ  ね  ー  よ  ボ  ケ

537 :名無し募集中。。。:02/03/12 21:02
>>535
そのコピペで分からないのは「つぶれてんのか」ってところ
何がつぶれてんだ?

538 :名無し募集中。。。:02/03/12 23:54
スピーンの後藤だけは見たくない。
石川だけ見たい。

539 :名無し募集中。。。:02/03/13 00:08
>>537
清掃

540 :名無し募集中。。。:02/03/13 00:13
>>539
何で清掃がつぶれるんだ?

541 :名無し募集中。。。 :02/03/13 01:06
>>540
オナーニとは竿をいじるんじゃなくて
玉をいじるんだと思ってるのでは。

542 :名無し募集中。。。:02/03/13 01:07
>>541
なるほど

543 :名無し募集中。。。:02/03/13 01:35
誰か書いてー

544 :444:02/03/13 04:37
>>482の続きができたので、書いてしまいます。

545 :444:02/03/13 04:38
やれやれ…ああ、もう2時過ぎかよ…
いいかげん寝かせてくれ…
しかしどっちにしても、風呂での光景に加え、
今見てしまった石川のとんでもない姿まで浮かんできて
眠れないだろうけど。
実際、全く眠気を感じない。
仕方ない、朝まで起きてるか…
「ねー梨華ちゃん、なんか超悪いことしちゃったからさー、お詫びしてあげなよー」
後藤が、またも悪戯っぽく言う。
と言ってもさっき程ではないのだが、やはり何か企んでいるのがわかる。何なんだ…
「んんー…どうやってぇ…?」
アニメ声で悩み続ける石川。
「ほらー、この間一緒に読んだじゃん…口でよ、梨華ちゃんのクチでっ♪」
「いやっ、そ、そんなのぉ…」

546 :444:02/03/13 04:38
「な、何言ってんだ後藤…」
何でそんなこと知ってるんだよ…
石川も意味がわかったみたいだし…
そうだよな、二人ともそういう経験くらいありそうな年頃だもんな。
いや待てよ…俺が勃起するのを見た二人の反応を思い出してみると、
とてもそういう経験があるとは思えない。
勃起したものを見たことすらないんだろう。
演技…いや、それはないな。あそこまで赤面してたんだ、
演技と考えるには無理がある。
そうか、読んだ、って言ってたな。
前に、メンバーの間でエッチな漫画を回し読みしているというのを
聞いたことがあった。
「俺、そんな下心とかホントにないからさ…」
「んあー、いーじゃん、そんなことよーくわかってるし。
ごとーと梨華ちゃんの方からしてあげんだから、
全然そんなこと思わないし安心しなよ。ねえ〜梨華ちゃん♪」
なんちゅー猫なで声だ…
「やあっ…そんなの恥ずかしすぎるぅ…」
「んあ大丈夫だよー、もうああなる所も見ちゃったんだしさー…」
「やっ…いやあっ…!」
石川の頭の中で、俺のものが勃起してゆく映像が再生されているんだろう…
石川の顔が、みるみる赤くなっていくのがよくわかる。
俺のでそんな純朴そうな反応しないでくれ石川…
妙な気分になってくる…


547 :444:02/03/13 04:39
「でもやっぱ、それはさ…」
俺がためらってみても、
「もー、いーじゃんさー、梨華ちゃんたらアンタのことあんなに疑ったんだよー?
ごとーも意地悪しちゃったけどねー…」
何でそんなに積極的なんだよ…
やっぱりそういう…いや、あの時の反応が演技じゃないことくらいわかる。
酔ってもいないのに、こんなに積極的になってる後藤。
ある意味恐ろしい…
それにしても、俺のほうが年上なのにアンタって…相変わらずだな。
「んあー、決まり決まりっ!」
「えー…だけどぉ…うん、わかったっ!」
石川の声が響いた。

548 :444:02/03/13 04:39
「それじゃーねー…」
後藤は、石川の肩を抱いて俺の前に座らせると、
石川の顔を俺の下半身の前に持っていかせた。
そして、後藤が石川の後ろから両手を伸ばしたかと思うと、
俺の浴衣をバッとはだけさせた。
俺はもう、されるがままという感じになり始めている…
石川の目の前は、トランクスをはいている俺の下半身。
恥ずかしそうな顔でそれを見つめている石川。
俺は勃起してしまいそうなのを、なんとかこらえていた。
すると、後藤がおもむろに俺のトランクスを下からのぞいてきた。
「ほらー、梨華ちゃんもー」
後藤に頭を押され、恐る恐る覗いてくる石川。
「やんっ…!」
すぐに顔を引っ込めてしまった。
後藤は自分から覗いてきたが、石川はやはり恥ずかしがっている。
そういえば、後藤はあの時も、ちらちらと俺のものを見ていた。
勃起していなければ平気らしい。
やはり、男の兄弟がいるかいないかで随分違うのだろうか。
そんなことを考えていると、後藤の手が俺のトランクスに掛けられた…

549 :444:02/03/13 04:40
一瞬だった。一瞬で、俺のトランクスが一気に下まで下げられた。
石川の鼻先に、俺のものが晒された…
その光景は、トランクスを覗かれてもなお、勃起を我慢していた俺の理性を
破るのに十分だった。
ムクッ…
ものが、石川の目の前で上を向き始める。
後藤に頭を押さえられているために、顔をまったくそむけられないでいる石川。
もう止められない…
ムクムクと大きくなっていく俺のものが、石川のしゃくれているアゴに引っ掛かった。
そして、アゴを撫でるようにさらに上を向いていく。
石川の口を撫で、鼻を撫で、おでこを撫で…
そして、ものにかかった石川の前髪をはねのけて、ビンビンに勃起してしまった。
まだ残っていた、
「そんなつもりで二人と来たんじゃない」
という気持ちがもう何の役目を果たさなくなってしまった俺は、
腰を石川の顔に押し付けていってしまう。
「んんっ…やあんっ、んっ…」
紅潮しまくっている石川。そんな石川が、クチで何でできるわけが…
後藤は、勃起する過程を見ていたにもかかわらず、あの時のような反応を見せない。
まさか、一度見ただけで慣れてしまったのか。なんて奴だ…
その後藤の手が、石川の頭から離れた。
かと思うと、その両手が石川の胸に伸びた…

550 :444:02/03/13 04:41
ひしっと石川の胸をとらえた後藤。
「ああんっ、何するのぉ…」
後藤の指により、ノーブラの石川の胸の柔らかさが
シャツと浴衣を通してでも伝わってくる。
俺も一緒なのにもかかわらず、ノーブラで寝ていた石川…
よっぽど寝るときにキツいのが嫌なんだろう。
本当に石川らしいよ…
「梨華ちゃんが恥ずかしがってるからさー…
こうやって梨華ちゃんをエッチな気分にさせちゃって、
んあー、あの…それを、咥えられるようにするのっ…!」
後藤はそう言いながら、指で石川の乳首を探っているようだ。
「あんっ…ダメぇ…恥ずかしいよぉ…あんんっ…!んんっ…」
乳首を後藤に弄られている石川。
指が乳首に触れるたびに、あえぎ声をあげている。
「やっぱ梨華ちゃんはおっぱいが弱いんだあー…」
後藤の指が弄っている石川の乳首は、浴衣の上からでもその形がわかる。
石川の出っ張りを、指の先で弄ぶ後藤…
どんどんエロい表情になっていく石川の顔…
目が釘付けになっている俺…
立っているものが素直に先走ってしまうのを抑えることができない…

551 :444:02/03/13 04:41
石川は、見たことがないような表情になっていた。
石川がこんなにエロい顔をするなんて、想像がつくはずない。
「んんーっ…」
ふと、石川が自分から顔を近づけてきた。そして…
「うっ…!」
俺は思わず声をあげてしまった。
石川が、俺のものを口に咥えたのだ。
「ううっ…」
赤面しながらも一生懸命俺の…俺のオチンチンを咥えている。
その事実だけで、射精してしまってもおかしくないかもしれなかった。
「んっ…」
石川の、俺を咥えている口元からアニメ声が漏れる。
俺は、自分の中に幸せな気持ちが湧き上がってくるのを感じた。
「うわー、梨華ちゃんってエッチー…!」
石川の顔に俺が入っている様子を見つめ、どこかはしゃいでいる後藤。
自分だって十分エロいぞ…
すると、石川が咥えたままで、上目づかいで俺の顔を見てきた。

552 :444:02/03/13 04:42
「んっ…ねぇ、まだぁ…?」
俺のものを咥えたままで俺を見つめる石川は、この上なくエロかった。
見るだけでものすごく恥ずかしがっていた石川が、顔を近づけるどころか、
口で咥えてしまっている…
俺の胸の鼓動はいっそう激しくなり、また下半身も熱くなっている。
俺はもう、我慢できなかった。
「そのまま、俺を見たまま、舌でグリグリと…舐めてくれっ…」
とうとう石川に要求してしまった。
後藤は、興味津々といった様子で、石川の後ろから覗きこんでニヤけている。
グリッ…
石川の舌が動いた。
「うあっ…」
上手すぎる。
でもこれって、石川にとってのいつもの舌の動かし方なんだよな。
初めてなんだから。
「強すぎたの…?」
心配そうな、でもやっぱりエロい目で俺を見る石川。
「いや、それで…頼む…」
俺はもう、完全にされるがままになっている。
グリグリ…ペチャペチャ…
石川が俺を舌でいじくる音は、めちゃくちゃ嫌らしかった。
こんな…こんな可愛い顔した石川が…
「うあああっ…あっ…」

553 :444:02/03/13 04:42
とうとう俺は限界に達してしまった。
「どう?イきそう?」
石川の口元と俺の顔を、しげしげと見比べる後藤。
本当に悪戯っぽい。
「ううっ…出そう、出ちゃうよ…」
答える声が情けなくなってる俺。くそっ…
石川の口の中に出すのはマズいと判断した俺は、
外へ出そうと、石川の口から俺のものを抜こうと、腰を引いた。
あれ?抜けない…
何故なら、石川が俺のものに軽く前歯を立てていたからだ。
一生懸命に、歯と唇で俺のものを咥えて離さない石川。
その力加減は絶妙で、ほとんど痛くなかった。
しかし、抜けない。
こんな力加減、いつ覚えたんだ…
石川らしい優しさ、気配りが成せる技なのだろうか。
「おい…石川、離せ…口の中に出ちゃう…」
今にも、石川の喉にぶちまけてしまいそうだ…
ところが…
「んんっ…いいの…あたし頑張る…頑張ってみる…!」
「頑張るって…うああっ!」
ダメだ、間に合わない…

554 :444:02/03/13 04:42
「あたし…頑張って…飲んでみるっ…」
石川っ…
「うっ…うあああああーっ…!!」
石川のその言葉を聞きながら、俺は白濁液を石川の口の中にぶちまけてしまった…
しかし、石川の喉に当たったのは、初めのほうの精液だけだった。
俺の精液が口の中に飛び込んでくるタイミングが読めなかった石川は、
喉に液が当たった途端、びっくりして口を、顔を引っ込めてしまったのだ。
俺の上向きの棒を遮るものは、最早何もなかった。
それ以降の俺の精液、ガチガチになっている俺の注射器の先の穴から放たれた白濁液は、
残り全て、石川の後ろにあった後藤の顔を直撃したのだった。
「きゃあっ!」

555 :444:02/03/13 04:49
あまりの脱力感に、俺はがっくりと膝をついてしまった。
石川のフェラは、それだけ気持ちよかった。

後藤の顔は、見事に精液まみれになっていた。
その横でむせている石川。
石川の口の中に出してしまい、その上、後藤に顔射してしまった…
口から白い液を吐き出している石川。
白い液でべちゃべちゃの顔を拭う後藤。
この話を男友達にしたら、きっと死ぬほど羨ましがられるだろうが、
射精の後の脱力感の中でこの光景を見ていると、アホらしいものだ…
「ご、ごめんな…後藤、石川…」
「ごとーはよかったよ、そのさ…アンタのオチンチンの穴からさ、
白い液体が飛んでくるところを見られたしさー…んあー、恥ずかしいっ…」
そういって赤面し、うつむく後藤…
石川は石川で、
「あたしの口の中で出したってことはぁ、あたしの口で気持ちよくなったってぇ…
ことなのぉ…?」
「うん…気持ちよかった…石川に咥えられてる時…石川の舌で舐められると、
最高に気持ちよかったよ…」
「うれしいっ…」

あ〜あ、君たちにはマジでかなわないよ…

556 : :02/03/13 05:06
 

557 :名無し募集中。。。:02/03/13 05:14
気分的に勃起age

558 :名無し募集中。。。:02/03/13 10:13
オナーニしらないっておまえいくつだよw

559 :名無し募集中。。。:02/03/13 10:15
物理的に勃起

560 :名無し募集中。。。:02/03/13 22:50


561 :名無し募集中。。。:02/03/13 23:17


562 :名無し募集中。。。:02/03/13 23:30
ほった

563 :名無し娘。:02/03/14 00:08
ほぼMAXに勃起。
後藤の続編をキボンヌ!と。

564 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/14 02:02
あの後藤が、亀頭の先に残っている精液まできれいに舐めてくれるなんて。
さらに、俺棒が柔らかい乳房に優しく包みこまれる。
後藤「まだまだ楽しめるよね?」
温かく湿った深い谷の中、再起するのにさほど時間はかからなかった、
後藤「この調子で最後の最後の最後までいくからねー。」
このままパイズリし続けてくれるだけでもいずれこっちがイってしまいそうだ。
でも後藤は最後まで求めている、俺もそれに呼応している、いくしかない。

しかし、後藤に石川の存在を気づかれてはまずい、
気づかれずにはめる方法を考えなければ。

(立ち位置、→は顔の向き)
石川→出入口                       後藤→←俺

ありきたりな流れが一番安全だった、後藤をその場に寝かせる。
「んぁんっ」根元までずっぽりと後藤のなかにぶちこむ、
きゅっきゅっと絞まるうえに、ちょっと窮屈なくらいですごく気持ちいい器だ。
「ああっ、はあっ」軽ーく動かしているだけなのに、
後藤は目をつぶってあえいでいる、後藤ってすごく敏感な娘なんだな。
石川は見てるかなー、ってあれ?さっきまであった姿がない。
もうちょっと見てほしかったな、後藤がイクまで待っててほしかったかも。
まあいいや、これで後藤とじっくり楽しめるわけだし。

「パフッ、パン!パン!パン!」
後藤「ああっ、ああんっ!」「だめ、あ、だめぇー!」
後藤の大きな乳が激しく波打つ、後藤は身体を左右によじらせる。
俺はさらに後藤をせめつづける、より強く、より速く。
後藤「ああぁーーーーーーん、ひぁん!」
俺「ごっちん、ごっちん?」
後藤はうなずくのがやっと、ハァー、ハァー、と息を切らしている。
もういっちゃったのかよ、さっきまでの強気な後藤はなんだったんだ?
俺「ごっちん、まだだよ。」




565 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/14 03:03
あげ。

566 :名無し募集中。。。:02/03/14 03:07
続きキボンヌ!!

567 :名無し募集中。。。:02/03/14 05:29
hzn

568 :名無し募集中。。。:02/03/14 09:57
>>564
ハァハァ(;´Д`)

569 :名無し募集中。。。:02/03/14 17:02
age


570 : ◆TaNPo85o :02/03/14 20:44
>>555
長くてヨカタです。乙狩れ様。
>>564
乙狩れー。続きもガンがってね

571 :名無し募集中。。。:02/03/14 23:54
hozen

572 :名無し募集中。。。:02/03/15 02:32
期待sage

573 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/15 03:57
俺「ごっちん、ごっちんってば!」
後藤「んぁ?」
俺は後藤を四つん這いにさせ、後ろから突く。
「パァン!」後藤「あんっ!」
ぴちぴちした張りのあるごま尻が音を弾き出す、俺はそのテンポをあげる。
後藤「ああぁ、すごい、すっごいよぉ!」
後藤はもう両腕を立てて身体を支えることもできない、
顔は床に伸ばした腕の上に乗せている。
後藤「もうだめぇ、いや、もういい、もうやめてー!」
やめるわけがない、もうこうなったら全力で後藤を突く。
後藤「いやあぁー!だめー!!いく!いっちゃうー!あぁんっ!!」
後藤の音色が出なくなった、俺はリズムを弾くのを止める。
なかは熱く、しまりはきついごまマンにもうこっちもそろそろヤバイかも。



574 :名無し募集中。。。:02/03/15 07:07
ごま(;´Д`)

575 :名無し募集中。。。:02/03/15 07:07
>>574
ageんなボケ!!!!!!!

576 :名無しさん募集中。。。:02/03/15 19:04
>>574
ageんなボケ!!!!!!!

577 :名無しさん募集中。。。:02/03/15 19:06
>>574
ageんなボケ!!!!!!!

578 :名無しさん募集中。。。:02/03/15 19:09
>>574
ageんなボケ!!!!!!!

579 :名無し募集中。。。:02/03/15 21:01
わらt

580 :名無し募集中。。。:02/03/15 21:03
ほぜん

581 :名無し募集中。。。:02/03/15 21:16
      ∧_∧      ∧_∧
     _( ´∀`)    (´∀` )
  三(⌒),    ノ⊃    (>>580 )   このスレは・・
     ̄/ /)  )      | |  |
    . 〈_)\_)      (__(___)

         ∧_∧   ∧_∧
         (  ´∀) (´∀` )
        ≡≡三 三ニ⌒)>>580)   ageるなって・・
        /  /)  )  ̄.| |  |
        〈__)__)  (__(___)

           ∧_∧  ,__ ∧_∧
          (    ´)ノ ):;:;)∀`)
          /    ̄,ノ'' >>580 )  逝ったろーが!!
         C   /~ / /   /
         /   / 〉 (__(__./
         \__)\)
                      ヽ l //
            ∧_∧(⌒) ―― ★ ―――
            (    ) /|l  // | ヽ   ヴォケがーー!
           (/     ノl|ll / / |  ヽ
            (O  ノ 彡''   /  .|
            /  ./ 〉
            \__)_)


582 : :02/03/15 21:18
ttp://www.ts-music.com/machigai.html
このページ中央の画像をよく探してみよう。ちょっとだけエロいサイトのアドレスがわかるよ。
(ブラクラとかグロゲロじゃないんで心配しないで!嫌なら他人の反応見てからでもOK!)

583 :名無し募集中。。。:02/03/15 21:35
なんでこんな羊的なスレがまかり通っているのだ

584 :名無し募集中。。。:02/03/16 01:35


585 :名無し募集中。。。:02/03/16 01:35

      ∧_∧      ∧_∧
     _( ´∀`)    (´∀` )
  三(⌒),    ノ⊃    (>>584 )   このスレは・・
     ̄/ /)  )      | |  |
    . 〈_)\_)      (__(___)

         ∧_∧   ∧_∧
         (  ´∀) (´∀` )
        ≡≡三 三ニ⌒)>>584)   ageるなって・・
        /  /)  )  ̄.| |  |
        〈__)__)  (__(___)

           ∧_∧  ,__ ∧_∧
          (    ´)ノ ):;:;)∀`)
          /    ̄,ノ'' >>584 )  逝ったろーが!!
         C   /~ / /   /
         /   / 〉 (__(__./
         \__)\)
                      ヽ l //
            ∧_∧(⌒) ―― ★ ―――
            (    ) /|l  // | ヽ   ヴォケがーー!
           (/     ノl|ll / / |  ヽ
            (O  ノ 彡''   /  .|
            /  ./ 〉
            \__)_)

586 :(○´ー`○) :02/03/16 01:47
(●´ー`●)

587 :名無し募集中。。。:02/03/16 01:48
>>586
ageんな!ボケ!!

588 :名無し募集中。。。:02/03/16 01:50
>>586
金払え

589 :チャミオラ ◆Rikain9I :02/03/16 03:18
トリップ変更sage
りか in(もしくは、淫) 求愛 こんなトリップでました。

TaNPo85oさんトリップの説明ありがとうございます。
前置詞はinでもいいのかどうか自信ないですけど今後はこれで。


590 :名無し募集中。。。:02/03/16 07:54
>>589
(0^〜^0) <そのトリップいいなぁ〜

591 :名無し募集中。。。:02/03/16 15:19
hozen

592 :名無し募集中。。。:02/03/16 21:35


593 :名無し娘。:02/03/16 23:56
あげるな

594 :チャミオラ ◆M5n0AhgA :02/03/17 03:45
後藤に身体をあずける、
後藤の身体が火照って温かい、
後藤の髪すごくいい匂い、
後藤の吐息を聴きながら少しの間じっとしている、
後藤との一体感を感じている。

後藤「ふぁ〜、気持ちよすぎだよ〜。」
後藤の顔が少し疲れている、仕事の疲れが残っているのか、
後藤が俺とのセクースでこうなったのか、俺は後者だと思う。
後藤のここまでの道中での楽しそうな顔、
後藤のいきいきした顔なんてひさぶりに見た気がしたから。

後藤「今度はごとーがせめたいよー。」
後藤はそう言うと、寝そべった俺に騎乗した。
後藤の腰使いがすごい、後藤の中の三次元の空間すべてを駆使したこの腰使い、
後藤のダンステクニックがこの未体験の腰使いを実現させているのか。

後藤「あぁっ、はぁっ、なかに出していいんだよ。」

後藤に中だし、俺はその言葉を信じることはできなかった、
後藤は続ける。

後藤「今日は大丈夫な日だから、いいんだよ!!」

後藤がさらに激しく腰を振る、身体を揺らす、
後藤の中になんて、、、ああ、だめだ、もう我慢できない!!

続きは後日、今日はこれからクラシコ!
人間って悲しいね、せっかく昨日いいトリップ見つけたのに、
今日ここのクッキー切れてたの、、、そんなの悲し過ぎる!
また新たに良いトリップ探します、だから今回は前のトリップです。


595 :名無し募集中。。。:02/03/17 17:49


596 :名無し募集中。。。:02/03/17 20:36
もうだめぽ

597 :名無し募集中。。。:02/03/18 01:08
期待しております

598 :名無し募集中。。。:02/03/18 06:01
保全

599 :名無し募集中。。。 :02/03/18 09:25
あげてみる、

600 :名無し募集中。。。:02/03/18 09:27
Get600

601 :名無し募集中。。。:02/03/18 13:43
>>599
ageんなボケ!!!!!!!

602 :名無し募集中。。。:02/03/18 13:44
>>599
ageんなボケ!!!!!!!!

603 :名無し募集中。。。:02/03/18 13:45
>>599
ageんなボケ!!!!!!!

604 :??:02/03/18 19:59
保全

605 :名無し募集中。。。:02/03/19 06:15
保全

606 :名無し募集中:02/03/19 11:17
ほぜ

607 :名無し募集中。。。:02/03/19 12:03
hozeんなボケ!!!!!!!!

608 :名無し募集中。。。:02/03/19 20:25
(・∀・)イイ!!

609 :名無し募集中。。。:02/03/20 00:29
保田

610 :名無し募集中。。。:02/03/20 01:38
保田しちゃったよ!

611 :チャミオラ ◆Rikain9I :02/03/20 03:53
やってしまった。後藤にナカダシ。
もう後藤の言葉を信じるしかないか、そんなことを考えていた。
射精に気づいて腰を止め、そのままうつむいている後藤、
いくら安全日とは言ってもやっぱり中で出したのはやばすぎたな。

後藤「ふぁ〜、すごいよかったよ〜。」
後藤が俺に向かって微笑んでいる、どうして?

俺「ごっちん、ごめん、本当にごめん!」
後藤「いいんだって、今日は絶対だいじょうぶなんだから〜。」

間違い無く、なかで出した。
証拠と言ってはなんだが、
白濁液が、快感の結晶が後藤の秘部から流れ出てきている。

後藤「あは、いっぱい出てるよ。」
この娘はことの重大さをわかっているんだろうか?
自分のアイドル生命に関わる危機が訪れるかもしれないってのに、
どうして笑っていられるんだ?

不思議でしかたなかったが、やってしまったことはもう取り返しがつかない。
後藤と一緒にふたたび、温泉につかる、
何もなかったように陽気に接してくれる。
その笑顔が俺には眩し過ぎるから強く、強く抱きしめた。

後藤「もぉー、じゃ部屋でまたしようね。」
そんな気持ちで抱いたわけじゃないのに。

後藤と一緒に部屋に帰る、
部屋へと歩いてく二人の距離は友達程度の間隔のまま。
笑顔で話しかけ続けてくるのは何かを隠しているからだろうか。

ふすまを通して見る部屋の電気は明るい、
石川はまだ起きているかもしれない、
俺は石川になんて言葉をかければ、、、
そう考えている隙に後藤がふすまを開けた、
川の字に敷かれた、奥の布団で石川は寝ていた。
いつもの睡眠セットは横においてある、けど石川はそのマスクをつけてない。
たぶん、帰ってくるのを待ってたけど、疲れで寝てしまったんだろう。
かわいいと言うよりも綺麗な寝顔だ、石川の寝顔。

こっからようやく、>>141以降の俺のストーリーにつながります。
141のセクース描写をし直して、152,353につなげます。
保全、ROMしてくださった方、ありがとうございます。
あと、キャップありました。

612 :??:02/03/20 09:17
保全

613 :名無し募集中。。。:02/03/20 09:20
>>612
あげんな!
チンカス野郎が

614 :汚ね〜 :02/03/20 12:49
これ見て汚いだろ、石川。。
http://www2.ttcn.ne.jp/~hlink/musume064.jpg
むだ毛処理はしてほしいね、ちょいショック・。
何か塗ってるね。脇専用ファンデみたいの





615 :名無し募集中。。。:02/03/20 13:28
おい、どこから始まってどういうふうに繋がってるのかわからん
教えてくれ
パンツは脱いだ

616 :名無しさん。:02/03/20 17:01
>>614
おえーなんかOOこみたい
にきびみたいなもの出来てるし
ひじ」もきたない




617 :名無し募集中。。。:02/03/20 18:01
コレって本当? 
石川が去年夏頃の雑誌で
「最近またテニスやり始めた」とか言ったの?

□投稿者/ 亜里砂 -(2001/09/06(Thu) 15:42:38)
☆V6の三宅健とモ−ニング娘。石川梨華の噂☆
この二人は付き合ってます!
週刊誌にも載ったし、同じネックレスもしてるし!
だからって付き合ってるとか言うのはおかしいですが…
でも6月中旬の夜にテニスコ−トで二人を目撃した人が居るそうです。
健君がドラマでテニスをやる事になった時、梨華ちゃんはテニスが
すごくウマイので教えてもらっていたそうです。
健君は雑誌で、
『テニスに今はまってます!とっても楽しい!』と‥
梨華ちゃんも、
『この頃またテニスをやってます!』と‥
この頃は逢っていないそうです。
でも梨華ちゃんはV6のコンサに行くかも知れないと言う事です。
結構ラブラブみたいです。

618 :名無し募集中。。。:02/03/20 18:04
>>617
春厨キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

619 :名無し募集中。。。:02/03/21 03:54
絶対保全

620 :名無し募集中。。。:02/03/21 13:48


621 :一段落したら:02/03/21 20:27
もし機会があるなら今度は
風邪で寝込んでいる最中にお見舞いに行く
もしくはお見舞いに来るというシチュエーションで
お願いできます?

622 :名無し募集中。。。:02/03/21 21:39
川o・ー・) <・・・

623 :名無し募集中。。。:02/03/21 21:51
川o・ー・) <・・・・

624 :名無し募集中。。。:02/03/21 21:51
川o・ー・) <・・・・・

625 :名無し募集中。。。:02/03/21 21:56
川o・ー・) <・・・・・・

626 :名無し募集中。。。:02/03/21 22:51
川o・ー・) <・・・・・・・

627 :名無し募集中。。。:02/03/22 01:18
川o・ー・) <・・・・・・・・

628 :名無し募集中。。。:02/03/22 02:47
何ちょっと微笑んでんだよ

629 :チャミオラ ◆Rikain9I :02/03/22 03:48
>>615さん
自分(チャミオラ)のは>>340から読み始めてください、設定は>>1>>326です。
611で書いてる、続きってのはこれからの書きこみに書き直しか、コピーします。

>>621さん
自分で良ければ、石川に見舞いに来てもらうシチュエーションでいきたいです。
自分は上京して一人暮ししてる大学生という設定で、
ある日、家で寝こんでたら石川が来る、そして、って感じで。
まずは、温泉を最後まであと少しがんばります。
では>>611の続き。

後藤「りかちゃん寝ちゃってるねぇ〜。」

石川の寝顔を眺めていた俺の背中に、
後藤はそっと抱きついてきた、そして耳元でつぶやく。
後藤「さっきの続き、しよ。」
俺の腕をつかみ、逆端のふとんへと引っ張っていく。
既に後藤の浴衣は、はだけて、いまにも乳房がはみだしそうだ。
後藤の誘惑に俺の竿もガチガチだし、もちろんするでしょ。

布団に横たわる後藤、帯はつけたまま、浴衣の前面だけを剥く。
うっすら紅くなった肌が徐々に視界にひろがってくる、
豊かなふくらみがこぼれ、しげみはまだ湿っている。

「じゅるるっ、じゅるっ」
後藤の下の口を舌で愛撫する、風呂あがりでもやっぱちょっとしょっぱい。
息が荒くなってる後藤、声は出すまいと口を閉じてあえぐのを我慢している。
明かりもついてる部屋で誘ったくせに、
石川にこの行為を隠したいのか、石川を起こしたくないだけなのか。

硬くなってた俺のアレを早速挿入する、
入り慣れたかのように、スルッと後藤の奥まで侵入していく。
後藤「はぁんっ!」
声を漏らしてしまったがだいじょうぶ、石川は起きそうにない。

俺が腰をどれだけ振っても後藤は声を出すのをこらえ続けている、
目をぎゅっとつぶって必死にこらえる表情がまたたまらない。

石川「あっ!!」



630 :名無し募集中。。。:02/03/22 04:05
>>629
早く続きを!

631 :チャミオラ ◆Rikain9I :02/03/22 05:29
>>630
すいません、今までテレビ見てて気づきませんでした。
遅くなりましたが、続き。

石川「ごめん、気にしないで。」
そう言ってそっぽを向いてしまった。

後藤との時間はそこで止まっていた、
後藤「いいから、もっとしてよ!もっと激しく突いてよ!」

後藤「ああっ!いいよ〜、もっと、ああんっ、あぁー!」
ふたたび俺が始めると、後藤はさっき溜めていた分だけ
さらに大声で激しくあえぎだした。

後藤「きて!だっこ、だっこぉ!」
きて!という言葉を聞き、俺は身体をぴったりと密着させて突き続ける、
すると後藤が両腕両足で俺をがっちり抱きしめる。

後藤「いいよぉ〜!いっちゃうよ!出して!そのまま出してよー!!」
俺を絞める腕も脚もきつい、もう離れることはできない。
後藤のなかにいっぱいぶちまけた、搾り尽くされるような感じがした。

二人抱き合ったまま、お互い息を切らせて動かない、動けない。
顔を横に向け、目を開けると、石川が顔を真っ赤にしてこっちを見ている。
それに後藤も気づくと、
後藤「りかちゃん、なに?」
すると石川は黙って頷き、こちらへと寄ってくる。
真ん中のふとんに座って、石川は突然の告白をする。

石川「私、、、、、処女なの。」

続きはまた後日書きます。

632 :名無し募集中。。。:02/03/22 12:35
(;´Д`)ハァハァ

633 :名無し募集中。。。:02/03/22 15:09
描写があっさりしすぎているように思う

634 :ミジンコく〜ん!:02/03/22 17:40


                                        (×100μm)
                _,,.. -──‐- .、.._               10
           ,. ‐''"´           ``'‐.、            9
          ,.‐´                 `‐.、.           8
          /    ゚     ,      '         \.          7
       ,i´  ,                  。     `:、      6
      /        ,,. -‐‐- .、.._                  ヽ.       5
    ,i       ,;ヾ,.(⌒ヽ、  ``'‐.、_            i、      4
    .i  ,  .   ,i'" ゝヽ人. `‐、i´o`;、_`'‐、 ゚     , ~  i.     3
   .i       (◎(,.vっ゚;ヽ、 ヽ( o,)_`i ヽ、        l      2
   |      ,:< i'、 ミ,イ~i@;;;:'`‐、  ( o `;‐ 、 ヽ、         |    1
    |     /'//  V i  `゙'::o,;:' `‐.、`'‐"、oノ   i、     '  |     0
   |    〃~ |]___  |  ,:'⌒゙ヽ、≡、`;、  ゙i _,.),' l、      |     -1
.   l  /|ヽ、l」___   l、.i    ヽ :: ;;' ゙i  i",:'   ヽ、.__    l.     -2
.    i、    /↑、    i ヽ、   ノ彡_;:ノ ノ  ,ノ'´ ̄ ̄   ,i    -3
.    i、            ゙:、 ` ‐'"⊂'_,, ‐'" ,.‐"       ,!     -4
.     ヽ           `'‐ 、._  _,,. ‐'´       ゚ /.       -5
.      `:、   。    '        ̄               ,‐'      -6
          \                        /         -7
          `‐、   ゚        , '     , ‐´          -8
           ` '‐.、 _            _, ‐''"             -9
                 `` ‐-----‐ '"´               -10
          

635 :名無し募集中。。。:02/03/22 19:58
>>629
ありがとうございます!
期待して待ってます!

636 :名無し募集中。。。:02/03/23 14:38
保全

637 :名無し募集中。。。:02/03/23 21:24


638 :名無し募集中。。。:02/03/23 21:49


639 :名無し募集中。。。:02/03/24 03:45


640 :名無し募集中。。。:02/03/24 06:41
manse-

641 :名無し募集中。。。:02/03/24 15:43
  

642 :名無し募集中。。。:02/03/24 15:45
>>641

643 :名無し募集中。。。:02/03/24 22:54
( ´_ゝ`) フーン

644 :チャミオラ ◆Rikain9I :02/03/25 01:34
>>633
自分でも全ての描写があっさりしてるって思います、すいません。

>>635
こちらこそありがとうございます。そう言ってもらえてうれしいです。

>>631の続き
後藤「それで?」
石川「それでー、私、見てたの、温泉で二人がSEXしてるとこ。
   今のも、目がさめてからずーっと見てたの。」
後藤「んぁ?それがどーしたの?」
石川「私もセックスしたいの。(俺を見つめる)」

石川に見られてたのか、後藤の世界にはまっててぜんぜん気づかなかった。
石川が俺のことをずっと見てる、石川の欲しがる目には何か力が感じられる、
この目で今まではステーキ丼を、これからは多くの男達を食べるんだろう。

今日は短いんですけど続きは後日書きます。


645 :名無し募集中。。。:02/03/25 05:11
>>644
欲しがる石川(・∀・)イイ!

ただ、石川には「セクース」よりも「エッチ」と言わせたいところです(w

646 :名無し募集中。。。:02/03/25 16:42
ほ ぜ ん

647 :名無し募集中。。。:02/03/25 22:41
保つ

648 :チャミオラ ◆Rikain9I :02/03/26 11:40
後藤(浴衣を直しながら)
  「セックスゥ〜?りかちゃんがするのはどうせエッチ程度なんじゃないの。」
石川「いいの、セックスでもエッチでも、いいから、、私と、、してほしいの。」
  「お願いです、私の初めてのエッチの相手になってください。(ぺコリ)」

石川が顔を真っ赤にしてる、、よっぽどセックスとかエッチとか言うのに
勇気出したんだな、こんなにかしこまって頼むのが石川らしいな。
でも、たっぷりじらしてやろーっと。

俺「どうしよう、後藤とやってくたくただし、そろそろ眠いしなー。」
後藤「ふぁ〜あ、眠いよ、寝よ寝よ。」
石川「ごっちんとはしたのに、私とはしてくれないなんてそんなの、悲しすぎる。」

        (沈黙)

石川「私がんばる!がんばって絶対気持ち良くさせるから!」
俺「え〜、本当にりかちゃんできんのー?」
石川「うん!」

目に涙をためて、俺の腕を両手でがっちりつかんで、大きく振って甘えてくる。
石川「ダーリンじゃなきゃ嫌なの、私のこの気持ちを理解して。」
  
ダーリンって(笑)、、、。
そろそろ始めてあげるかな。
いや、まだそっけなく生返事してやろ。

俺「あー、いいよ。」
石川がつぶやく、「キス、キスして。」
俺「りかちゃん、目をつぶって。」
石川は目をつぶる、ようやく顔に笑みが浮かんだ、「うん。」


石川「えっ!何なの?」

保全ありがとうごじゃいます、続きはまた後日です。

649 :名無し募集中。。。:02/03/26 21:22
hozen

650 :(○´ー`○) :02/03/27 00:20
(●´ー`●)

651 :名無し募集中。。。:02/03/27 18:07
hozen

652 :名無し募集中。。。:02/03/28 05:13
hozem

653 :名無し募集中。。。:02/03/28 15:53
hoz

654 :死んじゃって名無し:02/03/28 20:36
ちゃみおらって売れない小説家にはなれそうだな。

655 :名無し募集中。。。:02/03/29 00:31
いや、これはさすがに作文レベル。

656 :名無し募集中。。。:02/03/29 02:31
うむ

657 :名無し募集中。。。:02/03/30 04:49


658 :名無し募集中。。。:02/03/31 07:03
hozen×56

659 :名無し募集中。。。:02/04/01 01:14
 

660 :名無し募集中。。。:02/04/01 03:13
ありゃ、もういいです

661 :名無し募集中。。。:02/04/01 09:48
あれっ、もう終わり?

662 :チャミオラ ◆Rikain9I :02/04/01 11:22
>>保全してくれた方々、名無しの方々

作文レベルの駄文ですが、続けて良いんでしょうか?
自分でも下手下手だってわかってるんですけど。
下手なら下手なりに一応、最後まで書きたいとは思っているんです。

663 :名無し募集中。。。 :02/04/01 11:51
ガンガレ

664 :続き募集中。。。 :02/04/01 13:05
続きを

665 :きんたまんU世:02/04/01 17:39
厨房のときに書いたエロ作文をのっけとくか。
名前は梨華にしておくよ。全然温泉とは関係ないけど。

666 :きんたまんU世:02/04/01 17:40

「本当に私でいいの?」
壊れそうなくらい切ない表情で、梨華が問う。
「梨華こそ、本当に俺なんかでいいの?」
「私は、トオルくん以外に考えられないの」
そう言って、目を閉じた。

俺と、梨華。
いつしかお互いに求め合わずにはいられなくなっていた。
もう止められない気持ちが全てを変えていくのだ。

667 :きんたまんU世:02/04/01 17:42

人目を避けるように立つホテルの一室。
ベージュ毛布にくるまり、何一つまとわない俺と梨華が絡み合う。
俺は、荒れ狂う自分の衝動を全て解放した。
キスからして尋常でない激しさ。
とにかく舌全体を梨華の中にねじ込む。
梨華の舌の全てと触れあい、絡め取る。
息苦しいため、2人共鼻息が荒い。
それでもお互い果てることのないほど長いキス。
腕は相手の体を巻き取るように深く回され、
脚を股に差し入れ、股間がすりあわされる。
俺の男性自身は限界まで膨張し、
梨華の秘所には生ぬるい湿りが感じられた。


668 :きんたまんU世:02/04/01 17:44

永遠にも感じられた交わりの後、相手の声を求め、唇が離れる。
俺は息を荒くしたまま、梨華の顔、首筋、鎖骨から肩にかけて愛撫する。
「うん、はぁ・・・・・・、トオルくん・・・・・・」
「はぁ・・・・・・、梨華、梨華、はぁ・・・・・・」
腕の絡みを外し、梨華の上になる。
梨華は目を閉じたまま。俺は乳房の膨らみの上の方に口づけしていく。
みずみずしい肌。この弾力。梨華の声。甘い香り。
視覚、触覚、聴覚、嗅覚全てがエロスに満たされる。
丘を登り、その頂に達する。ピンク色が慎ましやかにその存在を主張する。
1度に1つしか愛せないことが悲しくなるほど、鮮やかなそれ。
丁寧に舌を絡める。
「ああっ・・・・・・、どうして・・・・・・、んふっ・・・・・・、どうしてこんなに・・・・・・」
梨華の喘ぎは止まらない。
俺への愛が敏感な体の感度をさらに何倍にも高めている。
愛する者に抱かれている充実感と安心感。
何も考えることなく行為の中に埋没してゆける。
それが、今の梨華をここまで敏感にさせている原因だ。


669 :きんたまんU世:02/04/01 17:45

そんな梨華の情熱的な動きに、俺も一層感度が上がる。
今までに感じたことのない興奮。
理性の世界にはない絶対的快楽。
俺と梨華の何もかもが溶け合う。
乳房を揉む手に、力がこもらない。
これは梨華であり、俺の一部でもある。
優しくいたわるように双丘を掌におさめる。
揉み回し、こねる。乳首を摘み、優しく転がす。
梨華の震えが伝わる。ぞくぞくとした快感が、2人の体を突き抜ける。
「ん・・・・・・、トオルくん・・・・・・、だめ、もうだめ・・・・・・、欲しい・・・・・・」

670 :きんたまんU世:02/04/01 17:47

「待って梨華・・・・・・、俺たちは深く愛し合うんだから・・・・・・」
俺は梨華の足を開かせ、いよいよ秘所の愛撫にかかった。
そこの美しさは、俺だけが知りえるもの。
小さな蕾が、既に姿を現している。愛液の分泌も止まらない。
掌ですくい取り、入り口とその周りにゆっくりいやらしく塗り込める。
「んんっ・・・・・・、ああっ・・・・・・、焦らさないで・・・・・・」
十分に塗りたくると、今度は蕾を手で弄る。
「ああっ、そこはぁっ・・・・・・、だめっ、だめぇっ!」
梨華の息が一層荒くなる。頭を振り乱す。
この感じ方は普通じゃない。集中攻撃して最初の歓びを迎えてもらう。
とどめを刺すべく、口の中に包み込み、舌を絡めてローリング。
「ああっ、いやっ! いやぁっ、だめぇぇぇぇぇっ!」
ひときわ高い啼き声をあげ、シーツを握りしめ、梨華の体が硬直する。
足の間で俺の頭が締め付けられ、愛液がとろとろと溢れてくる。
丁寧になめとる。


671 :チャミオラ ◆Rikain9I :02/04/01 22:18
>>663,664
ありがとうございます、がんがります。
作文続けさせてもらいます。

石川「何?何するの!?」
後藤の浴衣の帯を解き、それを石川の目に被せて縛り、闇の中へと誘う。

石川「えっ、えぇーっ?イヤ、こんなのイヤ。」
後藤「ダーリンの言う事は絶対聞かなきゃだめだよぉ、りかちゃ〜ん。」
後藤、眠いんじゃないのかよ、ちゃっかり楽しんでるじゃねーか。
石川「う、うん…。」

石川を立たせて、あえてちょっと間をあけて…

石川「キャッ!」
後藤のに続いて石川の帯も、そして石川の浴衣も剥ぐ!
汗ばんでいる石川の肌は艶やかで、贅肉なんて全く見られない身体、
まさに人形のような体つきというのを初めて実際にこの目で見ることができた。

石川「だめー!恥ずかしい…」
布団に女の子座り、ぎゅっと閉じた両脚は微かに震え、
片手で両乳首もう片手で陰部をおさえ、ついにはうずくまってしまった。
無理もないよな、初めてなのにこんなことされちゃな、
いや、俺は石川をいじめたい、いじられキャラの石川をいじめ抜きたいんだ!

俺 「ほら、りかちゃん、手を離して。」
石川「いや、いや…」
俺 「りかちゃんってば、手を離すんだよ。」
石川「……。」
俺 「りかちゃん!りかちゃんはエッチしたくないの!?」
石川「………するよ、ェッチする。」
後藤「な〜に?よく聞こえないよぉー。」

やっと全身の力をほぐすことはできたか、
俺は石川の両腕を後ろ手に、石川の浴衣の帯を使って縛る、
そしてさっき縛った帯とこの帯とを結ぶ、身体の自由も奪ってやる…。

今日はここまでです、後日続き書きます。
励ましてもらえて、とても\( ^▽^)/ハッピー!です。






672 :名無し募集中。。。:02/04/01 23:17
保全した甲斐があったってもんです

673 :名無し募集中。。。:02/04/02 01:12
保全

674 :名無し募集中。。。:02/04/02 13:36
保全

675 :きんたまんU世:02/04/02 14:36

30秒ほどして、硬直が解けた。
俺は間髪入れず、入り口を指で広げ、舌を差し入れる。
「う、ううん・・・・・・、だめ、まだだめ・・・・・・」
無視して中を味わう。断続的に収縮が繰り返される。
「いや、まだだめ・・・・・・、ああっ・・・・・・、そんな、ずるいよ・・・・・・」
イったばかりで敏感な状態が続いているらしい。
でも、動きを止めることはしない。
ここで思いきりイっておいてくれなくては、俺が安心できない。
入り口付近の壁の内側を、舌がぐるりと1回転。
「ああっ、だめっ・・・・・・、また、またイっちゃうぅっ!」
両手と脚で頭が先ほど以上にきつく締め付けられた。
ビクン、ビクンと大きな収縮が繰り返される。
俺は舌を離し、快楽に埋没した梨華の顔にキスを重ねる。
しばらくして、意識が戻ってきた。
「ごめんね・・・・・・。私ばっかり・・・・・・」
「ううん、俺の方こそごめん。とってもきれいだったから、つい」
そう言うと、梨華は顔を赤らめて横を向いてしまった。
横から見る潤んだ瞳もいじらしい。

676 :きんたまんU世:02/04/02 14:37

しばらく、何もせずに抱き合う。梨華の体も柔らかさを取り戻していった。
と同時に、俺の硬直したものに、意識がいったらしい。
俺の目を見ずに、体を入れ替え、俺を仰向けにする。
「今度は私が・・・・・・」
そう言ったかと思うと、ベッドの端に腰掛けた。
俺の股間に顔を近づけ、手を伸ばす。
ひんやりとした感触が伝わってくる。ゆっくりと梨華の手が上下する。
「いやらしい女だと思わないで。こんなこと、初めてなんだから・・・・・・」
小さな唇が、ものの先端にそっと触れる。
俺の背中を震えが駆け抜ける。
手の上下は続く。だんだんと熱いものがこみ上げてくるのが分かる。
「ああっ、梨華・・・・・・、いい、いいよ・・・・・・、だからお願い・・・・・・」
俺の目を見た梨華は顔をさらに赤くし、しかし意を決して、股間に埋めた。

677 :名無し募集中。。。:02/04/02 15:29
ハァハァ

678 :名無し募集中。。。:02/04/02 18:03
>676
イイ!!続きはやく読みたい。。


679 :みなさん:02/04/02 18:05
変態逝き過ぎ

680 :名無し募集中。。。:02/04/02 19:52
>>679
だまれナッパ。

681 :きんたまんU世:02/04/02 22:25

右手は細い親指と人差し指でリングをつくってクイクイと根元を上下させ、
左手はボールを包み込み、転がす。そして口の中を俺のもので満たす。
ひんやりした感触がボールの方に移り、
肉棒は梨華の舌と粘液に絡め取られ、溶けるよう。
温かさの中で俺の意識は飛び、全てが加速していった。
「うっ・・・・・・、梨華・・・・・・、もうだめ・・・・・・、出ちゃう・・・・・・ごめん」
俺はそう言うと、上半身を起こし、梨華の頭を押さえつけ、
腰をぐいぐいと激しく上下させた。
「うん・・・・・・、くふっ・・・・・・」
梨華が苦しがるのは分かっている。でもやめられない。
「梨華、梨華・・・・・・」


682 :名無し募集中。。。:02/04/02 22:28
エッチすぎる、ああ鼻血が

683 :きんたまんU世:02/04/02 22:33
厨房のときに書いたエロで、名前を梨華に変えただけだからもう最後までできてる。
でも寸止めするのって作者の権利だよね?

これがやりたくて。ふふふふふ。

684 :名無し募集中。。。:02/04/02 23:21
ageで書くのも作者の権利?

685 :きんたまんU世:02/04/02 23:40
>>684
いや、単なるsage忘れ

686 :名無し募集中。。。:02/04/03 04:13
一応保全

687 :名無し募集中。。。:02/04/03 06:20
磯葉子たん(;´Д`)ハァハァ
http://tv.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1017779928/l50

688 :名無し募集中。。。:02/04/03 19:51


689 :きんたまんU世:02/04/03 20:44

俺の声に応え、梨華がラストスパートをかける。
腰の上下に合わせて、限界まで頭の上下を速める。
俺は天上の世界に昇り詰めていった。
「うっ・・・・・・、くっ・・・・・・・、りか、りかぁっ・・・・・・」
梨華への思いが、熱い塊となって口の中に弾き出されていく。
梨華はその全てを受け止めようと、必死だった。
最後の一滴まで絡め取り、梨華が離れる。
「はぁ、はぁ・・・・・・、ごめん、こんなこと、はぁ、させちゃって・・・・・・」
梨華も息を整えている。
「でも・・・・・・、はぁ、梨華の・・・・・・、全部が・・・・・・、はぁ、欲しいんだ」
梨華は、傍らのウーロン茶を飲み、口を念入りに濯ぐ。
飲み終わり、座ったまま俺を潤んだ目で見つめる。
俺は何も言わず、抱きしめ、倒れ込む。か細い声で囁かれる。
「忘れられない夜にして・・・・・・」


690 :きんたまんU世:02/04/03 20:45

俺のものはあっという間に隆起していた。
もう一度、指で秘所の具合を確かめる。
濡れ方は文句なしだった。無意識のうちに脚が摺り合わされる。
俺を求めているのだ。
合図のキス。唇を重ねるだけ。しかし長い長いキス。
唇が離れ、背中に腕が回される。
均整のとれたみずみずしい太ももをつかみ、ゆっくりと開く。
腰を間に沈め、ものに手を添え、入り口を探る。
入り口と先端が触れ合ったとき、ものがビクンと震え、
梨華の震えも伝わってきた。梨華が再び目を閉じる。
「いくよ」


691 :名無し募集中。。。:02/04/04 00:25
鼻血あげ

692 :名無し募集中。。。 :02/04/04 01:03
同じく

693 :名無し募集中。。。:02/04/04 01:08
ageるなよ!

694 :名無し募集中。。。:02/04/04 01:09
早くいって…

695 :名無し募集中。。。:02/04/04 01:26
早くー

696 :きんたまんU世:02/04/04 01:36
いや、今夜はここまで。これで半分くらいかな?

697 :名無し募集中。。。:02/04/04 01:45
いいトコで終わるから寝れない

698 :きんたまんU世:02/04/04 01:47
一回放出させたじゃん。それですっきりしちゃってください

699 :名無し募集中。。。:02/04/04 01:50
まだまだ我慢できない、せめてあと1つ…

700 :名無し募集中。。。:02/04/04 08:45
せめてあと1つで700なのにぃё

701 :きんたまんU世:02/04/04 11:41

先端はズンッと一気に突き込み、後はゆっくり沈めていく。
「ああっ・・・・・・」
梨華は一声啼いた後、顔をしかめて動かない。
だが全て入り終わったとき、表情がゆるみ、安らかになった。
「梨華」
「トオルくん」
横たわり、繋がったまま乳房を揉む。
柔らかな手触りが俺のものをさらに膨張させ、
感じた梨華の締まりが強くなる。
腰を引き、先端近くまでものを抜き出す。
愛液でテラテラと光っている。
抜き出そうとすると今度は梨華の締め付けによって中に引き戻される。
引き戻されるときに勢いをつけて深く突く。
「はんっ・・・・・・、はんっ・・・・・・、あっ・・・・・・、はああっ、・・・・・・」
繰り返される波に梨華はだんだん声を高めていく。
俺も一度出したにもかかわらず、そう長くもたないことを自覚した。
一度ものを抜き取る。梨華が、どうしたの、という表情でこちらを見る。
俺が見つめ返すと、分かったようだった。


702 :きんたまんU世:02/04/04 13:16
妄想をそそる画像があったんで貼っときま
ttp://www.geocities.co.jp/HeartLand-Renge/5387/rika2002_st0050.jpg

703 :名無しさん:02/04/04 17:33
なんか顔が太って見えるような

704 :名無し募集中。。。:02/04/04 17:38
>>703
それは漏れも思った
だが、ageるな

705 :名無し募集中。。。:02/04/04 18:04
いいよ、すごい文才だ、マジ興奮

706 :きんたまんU世:02/04/04 19:35
>>703
>>704
あまりげっそりが好きでないので、これくらいがいいんだよね。
肩出しの上に胸も少し強調されていて、何より寝ころんでいるように見えるのが
いいな、と。

707 :名無し募集中。。。:02/04/04 19:43
何が分かったんだ!ハアハア

708 :きんたまんU世:02/04/04 20:55

「梨華・・・・・・」
俺は梨華の後ろにまわり、肌を合わせる。
腕ごと包み込むように自分の腕を前に回し、両の乳房を掴む。
ゆっくり揉みしだきながら入り口にものをあてがう。
「最後まで離さないからね」
そう囁いて、挿入を始める。
最初はゆっくり、そして半分まで来たところで一気に突いた。
「はあああぁぁぁぁっっ!」
軽いアクメに達したらしい。容赦なくピストン。
「はっ、はっ、はあっ・・・・・・、だめっ、イクっ、イっちゃうぅぅっっ!」
締まりが一段と強くなる。想像以上の快楽に、俺は必死で耐える。
だが、この締め付けは凄すぎる。だめだ、もたない。不覚・・・・・・。


709 :名無し募集中。。。:02/04/05 00:55
hozem

710 :名無し募集中。。。 :02/04/05 04:55
hozen

711 :名無し募集中。。。:02/04/05 21:02
保全

712 :名無し募集中。。。:02/04/05 23:18


713 :名無し募集中。。。:02/04/06 01:08
あげ

714 :チャミオラ ◆Rikain9I :02/04/06 03:43
あれっ、石川はなんで下着着けてないんだ?
乳首もピンッと勃ってるし。
もしかして…

俺「りかちゃん、次は脚を広げて」
石川「…」

ゆっくりと股間を広げ始めた、
俺はすぐさま石川の秘部へと手を突っ込む。

石川「あんっ!」

やっぱりぐしょぐしょに濡れてるじゃないか。
石川の浴衣は…小さなしみができてる、
石川が俺と後藤とのセクースを見ながらオナってたなんて…

後藤「りかちゃん、うちら見てオナニーしてたよね?」
石川「そんなの…あたしそんなことしない。」
後藤「嘘は良くないよぉー、もー、りかちゃんったらスケベだなぁー。」

「ちゅぱっ!ぢゅぱっ!!」

石川「はぁんっ!」
後藤「りかちゃんいじめちゃおっかなぁー。」
後藤「ほらほら、ぼーっとしてないで、
   一緒にりかちゃんのおっぱいしゃぶろーよー。」
俺「あ、ああ。」

後藤が左乳、俺が右乳を責める、二人は競い合うかのように
石川の乳を刺激してゆく。
俺は乳をほおばり、小さい乳頭を舌先で突ついたり、舌の上で転がしていると、

「じゅるる、じゅぱっ!」
石川「あぁーっ、ああん!」
横で後藤がエロい音をたてて石川の乳首を吸い上げる、
唾液をいっぱい使って、二人の音色を奏でている、
一瞬離れた後藤の舌先と石川の乳首の間に透明な橋が見えた。

石川「はぁんっ!あぁんっ!」
身体をくねらせる石川、俺達二人は石川の乳首を逃がさない。

続きはまた後日です。

715 :名無し募集中。。。:02/04/06 04:46
はっきり言って、みんなエロいよ(w

716 :名無し募集中。。。:02/04/06 05:00
お前等風呂の湯とか飲むタイプですか?

717 :名無し募集中。。。:02/04/06 12:36
あげ

718 :q:02/04/06 18:22
q

719 :きんたまんU世:02/04/06 20:50

「り、りかぁぁっ!」
情欲の証が、梨華の中に注がれる。
俺は力の限り梨華を抱きしめ、そして果てた。
「はぁ、はぁ、はぁ・・・・・・」
「はっ、はっ、はぁ・・・・・・」
顔は合わせず、呼吸を整える。
まだまだ、梨華と1つになっていたかった。
もっともっと、歓ばせてあげたかった。
初めての夜を、忘れられないものにしたかった。
なのに、こんなところで終わってしまうなんて・・・・・・。
「ごめん、もっとしてあげたかったんだけれど・・・・・・」
名残惜しいが、腕をふりほどく。下半身も抜き取ろうとする。
だが・・・・・・。
「梨華?」
俺の手が握りしめられた。両手で力強く。絶対に離れようとしない。


720 :きんたまんU世:02/04/06 20:50

「梨華、俺・・・・・・」
「トオルくん、私、トオルくんのこと、誰よりも一番愛してる。だから、まだ・・・・・・」
こちらを向かず、囁く。
失敗は、取り戻せばいい。納得できるまで、愛を確かめ合えばいい。
他人の考え方なんて、関係ない。2人が愛し合えれば、それでいい。
俺のものに再び力がみなぎる。俺の心は決まった。
「梨華・・・・・、夢の中に溶けるまで、離さないよ・・・・・・」
同じ体勢で、ゆっくりと抜き差しを始める。
「うんっ・・・・・・、くっ・・・・・・、んぁっ・・・・・・」
梨華も再び感じ始めたようだ。

721 :きんたまんU世:02/04/06 20:51

ローリングをやめ、いきなり縦に全力でピストンをする。
「くっ、ふっ、はぁっ、くぅっ・・・・・・」
「はああぁぁぁっ・・・・・・、はんっ、あんっ、ああっ、ああっ、ああああっっ!!」
欲していた刺激を十二分に与えられ、梨華が達する。
梨華の女の部分がビクンビクンと脈打ち、強烈に俺のものを締め上げた。
だがもう情けない終わり方はできない。力を込めて、耐える。
梨華の体から力が抜ける。俺は1度ものを抜き、梨華に正面を向かせる。
梨華はもう、意識が朦朧としているようだった。
腰の両側に手を添え、もう1度一気に貫く。
「ああああああっっっ!!」
快感覚めやらぬ所に楔を打ち込まれ、もう梨華は抵抗できない。
俺も狂ったように腰を打ちつける。
愛液の湿った音と、肉の打ちつけられる出る音が、部屋の中にいやらしく響く。
何も考えない。ただ愛しい人と快楽を分かち合うだけ。
上へ上へと昇りつめる。まだいける。もっと上へ・・・・・・。


722 :きんたまんU世:02/04/06 20:52

「だめっ、イクっ、イっちゃうっ・・・・・・、ああっ、またっ、またきちゃう・・・・・・」
梨華が続けざまに達した。
これはいわゆる「イキっぱなし」の状態に入ったのか・・・・・・。
俺は攻撃の手をゆるめない。腰を支える手に力を込め、全力で膣を突き上げる。
「だめっ、おかしくなっちゃう、トオルくん、許してぇっ!」
梨華が哀願を始める。
6度目か7度目の収縮を味わった後、再びベッドに倒れ込んだ。
体位を変えて再開。2つのはさみをかみ合わせるように、脚を絡ませた。
「松葉崩し」の体勢で突き込み始める。
梨華はまだ過度に敏感な状態が続いているらしい。ただ、啼き続けるだけ。
「あんっ、あんっ、ああっ、ああーっっ!!」
だが梨華が幾度果てようとも、俺はその体を貪り続けた。

723 :きんたまんU世:02/04/06 20:53

繰り返される収縮に耐えに耐える。
松葉崩しはものが下向きで挿入されるため、男への刺激が強い。
世界最高の美少女のみずみずしい体に触れ、感度の高い体位で強烈な収縮を味わう。
3度目とはいえ、さすがに限界を感じる。
梨華は既に20回以上エクスタシーに達していた。
俺が果てるまでに、夢の世界への扉を開いてやれるだろうか。
俺は1度ものを抜き、それが愛液で光っているのを見つめる。
「梨華、いっしょに・・・・・・」
優しくキス。
「来て・・・・・・」
水晶のような瞳が閉じられる。
最後は正常位と決めていた。


724 :これでしてるひと教えて:02/04/07 00:30
ぼくのち〇こやばいです…………
僕はいつも常にち〇この皮がむけていて中が見えています。
僕は前から地面に仰向けに倒れてち〇こを揺さぶるのを
オナニーと思っていました。
本当のオナニーをしても精液がでません教えてください!!!
15才です。けどよくガキといわれます。


725 :某萌ゑ系 ◆uNKO.Wv. :02/04/07 00:52
くそーおまえら!!梨華っちやごっちんで、なんて妄想小説を書いてやがるんだ!!アホか!!

  
   
   
   
   
   
    
   
   
  

  
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  
で、続きはまだですか? ハァハァ

726 :ナナシ:02/04/07 09:33
》724
場違い?

727 :名無し募集中。。。:02/04/07 13:01
>>724
むけてるなら心配ないぞ

728 :名無し募集中。。。:02/04/07 23:48
hozen

729 :きんたまんU世:02/04/08 01:22

両の乳房を揉みしだく。心ゆくまでその温かさと弾力を味わう。
そして、肌の重なり合いが最も大きくなるように抱き合い、手を繋ぐ。
「いこう」
俺はゆっくりと腰を沈めた。なめらかに中に入り込んでゆく。
「ああっ・・・・・・、トオルくん、好き・・・・・・、好き、愛してる・・・・・・」
「俺も・・・・・・」
ゆっくりと動き始める。だが、もう止まらない。
俺の衝動が、勝手に腰を動かし始める。あと少し、あと少し・・・・・・。
「ああっ・・・・・・、ああっ・・・・・・、ああああぁぁっっ!」
梨華がイキッぱなしに入っていく。収縮が次第に強くなる。
俺の腰も獣のように上下を繰り返す。
ものがまるでクリームとなってとろけていくようだ。
先端ぎりぎりまで抜き、子宮まで一気に突き込む。それも、とてつもない速度で。
いよいよ、熱いものがこみ上げてくる。


730 :きんたまんU世:02/04/08 01:23

「梨華・・・・・・、俺、もう・・・・・・」
「トオルくん・・・・・・、ああっ、トオルっ、トオルぅーっっっ! あああああぁぁぁぁぁーっっっ!!!!」
最大最強の収縮が俺のものを絞り上げる。
「ううっ・・・・・・、り、りかっ・・・・・・、りかぁぁぁーっっっ!!!!」
2人の声が部屋に響きわたり、瑞穂の愛液と俺の精がいつ果てるともなく放たれ続け、
交わっていった。
(梨華の中で、溶ける・・・・・・)
俺は快楽の中、夢の世界を垣間見た。
どのくらいたっただろうか。意識が引き戻される。
「梨華・・・・・・」
応えはない。梨華は夢の中に旅立っていったのだった。
(よかった・・・・・・)
そして俺も梨華の胸に顔を埋め、激闘の疲れをいやし、余韻の中眠りについた。

731 :きんたまんU世:02/04/08 01:24
終わり

注:主人公は早漏ではありません。石川相手にしてはよくもっている方です。

732 :名無し募集中。。。:02/04/08 01:28
>>730
瑞穂キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

ってか同級生のにおいがするね


733 :名無し募集中。。。:02/04/08 01:36
ワラタ

734 :きんたまんU世:02/04/08 01:52
>>732
あー、消し忘れた。
これ元ネタ作っておいて、いろいろ名前変えて使ってるのよ。
梨華の前は瑞穂だったのね。
ちなみに瑞穂は下級生。同級生は桜木舞(桜樹ルイではない)。

735 :q:02/04/08 17:14
>>403
>>434
>>435
>>436
>>437
>>438
>>439
>>440
>>441
>>442
>>443


736 :q:02/04/08 17:23
>>477-482

737 :q:02/04/08 17:26
>>449-452




738 :jhgg:02/04/08 17:28
おーい

739 :q:02/04/08 17:30
>>545-555
>>487-489











740 :名無し募集中。。。:02/04/08 17:48
保全

741 :名無し募集中。。。:02/04/08 21:10
hozen

742 :名無し募集中。。。:02/04/09 02:19
ho

743 :チャミオラ ◆Rikain9I :02/04/09 07:17
保全

744 :名無し募集中。。。:02/04/09 18:19
hozen

745 :チャミオラ ◆Rikain9I :02/04/09 23:17
保全、あとでちょこっと書きます。

746 :名無し募集中。。。:02/04/10 00:05
>チャミオラさん
お待ちしております。

747 :名無し募集中。。。:02/04/10 02:36
保全

748 :チャミオラ ◆Rikain9I :02/04/10 03:04
>>746さん
ありがとうございます。

まずは訂正、>>714での石川の秘部を陰部に訂正、
秘部にしてしまうと貫通のイメージが強いため、
濡れてるのを確認するために股間に手を突っ込んだ、というのが正しいです。

では続き。

そのまま布団へ倒れ、後藤と俺は対照的な動きで石川を攻略し始めた。

石川の華奢な脚に舌を這わせてゆき、ついに指まで辿り着く、
一本一本、舌を絡め丹念に愛撫してゆく、

「やぁっ!くすっぐたい!いやん!」

「じゅぽっ!」

小指の先までしゃぶりあげる、そしていよいよ御開帳の時間だ。

M。の字になるよう石川の脚を開いてゆく、石川は力を入れて拒んでいるが、
ついにM。完成、石川の聖域をこの目に。
愛液で湿っている陰毛に手入れの跡はまったくない、
未開の熱帯雨林がしげっている。

その奥からは、危険な匂いが立ち昇ってくる、
単純に言えば「クサイ」、
しかし、俺のような、OAにて垣間見られるリカワキに一瞬の快楽、
性衝動を覚えるような人間には
この匂いは神聖であり、どんな香水よりも芳しく、
蜂の警報フェロモンよりはるかに刺激的であると言い切れる。

石川の真横に移動した後藤は、唇の中へ舌をねじ込んでゆく、
後藤が強引なように一瞬見えたが、いやいや、石川は受け入れている、
それどころか、必死に顔を上げて自らの唇を後藤の唇に押しつけようとしてる。

石川は覚を醒ました。

続きは後日です。


749 :チャミオラ ◆Rikain9I :02/04/10 03:05
あげてみるテスト。

750 :名無し募集中。。。:02/04/10 12:54
きんたまん氏のめちゃくちゃ抜けるんですけど

751 :名無し募集中。。。:02/04/10 20:03
保全

752 :名無し募集中。。。:02/04/11 12:25
hozen

753 :名無し募集中。。。:02/04/11 22:04
保全

754 :チャミオラ ◆Rikain9I :02/04/12 02:33
ほぜーん

755 :名無し募集中。。。:02/04/12 02:55
はあああ萌えるー

756 :名無し募集中。。。:02/04/12 02:56
いいねー、3Pしたい

757 :名無し募集中。。。:02/04/12 02:56
後藤と石川仲良し

758 :名無し募集中。。。:02/04/12 03:15
長生きスレだな

759 :名無し募集中。。。:02/04/12 08:33
トオルて誰だっ クヌヤロっ

760 :名無し募集中。。。:02/04/12 17:47
保全

761 :名無し募集中。。。:02/04/12 23:45
hoze

215 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)